43件中 21 - 30件表示
  • SoftBank 3G

    SoftBank 3Gから見た日本通信日本通信

    2005年7月25日から、MVNOによる法人向けVPNアクセス回線限定ながら、Vodafone 3G回線を利用した定額料金でのPC等外部接続が日本通信より提供開始された。SoftBank 3G フレッシュアイペディアより)

  • 携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律

    携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律から見た日本通信日本通信

    2007年5月8日、日本通信の「bモバイル」について、警察庁が、同社に対し販売時の本人確認を行うよう要請する1。なお、bモバイルはデータ通信専用型であるため、本法の対象外である。携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • テザリング

    テザリングから見た日本通信日本通信

    日本では日本通信が、SIMフリー版のiPhone 4で利用可能なmicroSIMを、talking b-microSIM Platinum Serviceの名称で2010年8月から提供している。iPhone 4単独では操作アプリなどによって最適化された速度で利用可能だが、テザリングは最大300kbps前後のベストエフォート型で提供している。テザリング フレッシュアイペディアより)

  • アールストリーム

    アールストリームから見た日本通信日本通信

    NTTドコモのFOMAハイスピード網を使った携帯電話のMVNOサービスを提供している。販売している端末はandroid OSを搭載したFoxconn社製のSIMロックフリーのスマートフォンで、その端末にR-Phoneという同社独自のIP電話サービスを利用するためのアプリケーションを搭載することで、FOMAハイスピード網のパケットを使ったIP電話を提供している。日本通信がMVNEとなっている。アールストリーム フレッシュアイペディアより)

  • イー・モバイル

    イー・モバイルから見た日本通信日本通信

    一部の例外を除き、EM chip(UIMカード)のみの契約は不可となっている。既存の契約がある場合、メーカーブランドのSIMフリー端末や他社のSIMロックをはずした端末での利用は可能だが、世界的にはローカルな周波数帯であるバンド9を採用しているため、事実上、日本通信が販売するIDEOSやドコモの東名阪バンド対応端末(スマートフォンの場合、2012年12月現在は、F-12C、L-02D、SO-03Dのみ。残りの1.7GHz帯対応スマートフォン端末はすべてmicroサイズとなっている)などごく少数に限定される。ただし、ドコモの2011年冬モデル以降は、ドコモminiUIMカード採用機種があるが、2012年2月時点でイー・アクセスではmicroSIMタイプのEM chipは出していないため、該当機種については東名阪バンド対応であっても利用不可となっていたが、GS01の発売により、同端末の利用者(SIM単体の契約が不可であるため)については、microSIMを使う端末の利用も可能である。ちなみに、ドコモブランドの端末の場合、他社回線では、テザリングができない仕様となっている。イー・モバイル フレッシュアイペディアより)

  • ZTE

    ZTEから見た日本通信日本通信

    日本においては2005年に日本事務所を開設し、2008年4月に正式に日本法人・ZTEジャパン株式会社(ゼット・ティー・イー ジャパン)を設立した。その後日本通信のbモバイル(bモバイル3G・bモバイルDoccica)向けを皮切りに、ウィルコムの「WILLCOM CORE 3G」など主に仮想移動体通信事業者(MVNO)向けに端末を供給。2010年夏モデルからは、同社の日本における初の音声端末となるSoftBank 840Zを皮切りにソフトバンクモバイルにも端末供給を開始するなど、日本でのビジネスを拡大している。また2009年2月にはウィルコムとの間でXGP技術に関する共同開発の覚書を交わしている。ZTE フレッシュアイペディアより)

  • ディズニー・モバイル

    ディズニー・モバイルから見た日本通信日本通信

    契約数に関しては、ソフトバンクは「ディズニー・モバイルの契約者数はソフトバンク側にカウントされる」としている。なお、電気通信事業者協会(TCA)による契約数発表では、他の既存MVNOの契約数は、MVNOにネットワークを提供する移動通信事業者(MNO)の契約数に合算されて計上されている(日本通信はNTTドコモ・KDDIおよびウィルコムに計上)。ディズニー・モバイル フレッシュアイペディアより)

  • iPad

    iPadから見た日本通信日本通信

    一方、日本通信は2010年12月1日より、SIMフリー版のiPad向けに専用のマイクロSIMによる通信サービス「b-microSIMプラチナサービス」を提供、6か月間または1年間の先払いでNTTドコモのネットワークを利用することが出来るようになる。また、NTTドコモも2011年4月より開始したSIMロック解除にあわせて、ドコモショップに持ち込むことで既存のSIMカードからmicroSIMカード(ドコモminiUIMカード)への交換を開始しており、これを使うことでSIMフリー版iPadをドコモのネットワーク及びデータ通信料金体系で利用可能となる。iPad フレッシュアイペディアより)

  • プリペイド式携帯電話

    プリペイド式携帯電話から見た日本通信日本通信

    2001年12月 - 日本通信が日本初の仮想移動体通信事業者として、プリペイドデータ通信を発売開始。プリペイド式携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における携帯電話

    日本における携帯電話から見た日本通信日本通信

    仮想移動体通信事業者 (Mobile Virtual Network Operator=MVNO) は、携帯電話やPHSなどの物理的な移動体回線網を自社では持たないで、実際に保有する他の事業者から借りて(再販を受けて)、自社ブランドで通信サービスを行う事業者のことであり、2001年日本通信を皮切りに始まった。現在では携帯電話の3社独占を危惧した総務省でもその競争促進のためにMVNOを促している。2009年3月には日本通信がNTTドコモのFOMAハイスピード網において、レイヤー2でのMVNO契約を取り交わし、MVNOから他のMVNOへ回線の再々販といったこともおき始めている。当初はPHSのMVNOが多かったが、現在では3.5世代携帯 (HSDPA) 網を利用したMVNOが増えてきている。主にMVNOはインターネットサービスプロバイダが多かったが象印マホービンのポットの利用状況遠隔監視のみまもりホットラインや高級携帯電話VERTUといった、既存の携帯電話事業者では提供できないようなサービスが始まっている。日本における携帯電話 フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「日本通信」のニューストピックワード