47件中 31 - 40件表示
  • TikiTikiインターネット

    TikiTikiインターネットから見た日本通信日本通信

    7月 - 日本通信MVNEのNTTドコモのFOMAハイスピード網を利用したMVNO、Tikiモバイル 3G開始TikiTikiインターネット フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 3G

    SoftBank 3Gから見た日本通信日本通信

    2005年7月25日から、MVNOによる法人向けVPNアクセス回線限定ながら、Vodafone 3G回線を利用した定額料金でのPC等外部接続が日本通信より提供開始された。SoftBank 3G フレッシュアイペディアより)

  • FOMAハイスピード

    FOMAハイスピードから見た日本通信日本通信

    HSDPA、HSUPA方式の開始に伴い、2008年頃から仮想移動体通信事業者(MVNO)への回線再販売も開始しており、現在では日本通信やIIJ、TikiTikiインターネット、NTTPCコミュニケーションズ等でFOMAハイスピード網の再販が実施されている。NTTドコモと競合しているWILLCOMも新通信方式「WILLCOM CORE XGP」網の敷設までの補完としてWILLCOM CORE 3GといわれるFOMAハイスピード網のMVNOを使ったサービスが実施している。FOMAハイスピード フレッシュアイペディアより)

  • プリペイド式携帯電話

    プリペイド式携帯電話から見た日本通信日本通信

    2001年12月 - 日本通信が日本初の仮想移動体通信事業者として、プリペイドデータ通信を発売開始。プリペイド式携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 仮想移動体通信事業者

    仮想移動体通信事業者から見た日本通信日本通信

    日本でのMVNO第1号は、2001年の日本通信 b-mobile(ビーモバイル)で、DDIポケット(現・ソフトバンク)のPHS網を利用した。同社は2009年からNTTドコモ網のレイヤー2接続も開始している。仮想移動体通信事業者 フレッシュアイペディアより)

  • エイチ・アイ・エス

    エイチ・アイ・エスから見た日本通信日本通信

    H.I.S.Mobile株式会社 - 2018年に設立。日本通信との合弁会社。エイチ・アイ・エス フレッシュアイペディアより)

  • iPad

    iPadから見た日本通信日本通信

    一方、日本通信は2010年12月1日より、SIMフリー版のiPad向けに専用のマイクロSIMによる通信サービス「b-microSIMプラチナサービス」を提供、6か月間または1年間の先払いでNTTドコモのネットワークを利用することが出来るようになる。なお、NTTドコモも2011年4月より開始したSIMロック解除にあわせて、ドコモショップに持ち込むことで既存のSIMカードからmicroSIMカード(ドコモminiUIMカード)への交換を開始しており、これを使うことでSIMフリー版iPadをドコモのネットワーク及びデータ通信料金体系で利用可能となっている。iPad フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation Vita

    PlayStation Vitaから見た日本通信日本通信

    日本通信株式会社「b-mobile」 - 2012年4月24日に対応機種に追加。PlayStation Vita フレッシュアイペディアより)

  • ザ・プロファイラー 〜夢と野望の人生〜

    ザ・プロファイラー 〜夢と野望の人生〜から見た日本通信日本通信

    ゲスト:石井清純(駒澤大学学長)、福田尚久(元アップルコンピュータ米国本社副社長、現日本通信副社長)、高見沢俊彦、ナレーション:大海吾郎ザ・プロファイラー 〜夢と野望の人生〜 フレッシュアイペディアより)

  • 第3.9世代移動通信システム

    第3.9世代移動通信システムから見た日本通信日本通信

    端末とキャリアの分離は、端末メーカーにとっては、会社によって異なる端末を作らなくても済むことから、開発コストの削減につながるとともに、国外メーカーにとっても日本市場参入への障壁が低くなることを意味する。一方各キャリアは、ネットワークインフラとコンテンツ提供に特化し、全く同じ土俵で勝負することとなり、競争がより激化することで、電電公社民営化による固定電話自由化の時のような通信料金の引き下げが期待される。第3世代においては既に一部でこうした分離が行われており、日本通信がNTTドコモの回線のレイヤー2までの回線を借り、MVNOサービスを展開すると共に、MVNEとして、a2network社や日本ヒューレットパッカード、TikiTikiインターネット他数社への回線の再販を行っている。ディズニー・モバイルは端末と通信インフラの部分についてはソフトバンクモバイルから賃借・業務委託(MVNO)し、またECナビケータイは端末と通信インフラの部分についてはKDDIから賃借・業務委託をしている(インフォニックスが構築したセレクトモバイルと称するプラットフォームを利用して展開。しかしブランド価値が思うようにあがらず、2010年10月にインフォニックスは破綻し、プラットフォーム部分はKDDIが継承。2013年中に、4ブランドすべてが終了した)。第3.9世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「日本通信」のニューストピックワード