53件中 31 - 40件表示
  • 日本通信

    日本通信から見たFOMAハイスピード

    日本通信はウィルコムからPHS回線のリセール(回線領域買い取り)で事業を始め、MVNOとして日本では第一号の会社となった。このMVNOとしてのメリットは、携帯電話・PHS通信事業者のように巨額資本を投下して、自前の通信施設網を準備することなく、小資本で大手通信事業者からローコストで回線リセール(回線領域買い取り)が出来ることである。ベンチャー企業の日本通信はこのMVNO制度を利用して、個人・法人向けにデータ通信サービス事業を行っている。2008年からはNTTドコモのFOMAハイスピード網(FOMA網含む)を利用したMVNOサービスを開始している。日本通信 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通信

    日本通信から見たFOMA

    日本通信はウィルコムからPHS回線のリセール(回線領域買い取り)で事業を始め、MVNOとして日本では第一号の会社となった。このMVNOとしてのメリットは、携帯電話・PHS通信事業者のように巨額資本を投下して、自前の通信施設網を準備することなく、小資本で大手通信事業者からローコストで回線リセール(回線領域買い取り)が出来ることである。ベンチャー企業の日本通信はこのMVNO制度を利用して、個人・法人向けにデータ通信サービス事業を行っている。2008年からはNTTドコモのFOMAハイスピード網(FOMA網含む)を利用したMVNOサービスを開始している。日本通信 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通信

    日本通信から見たW-CDMA

    SIMロックフリーのWi-Fiルーター。W-CDMA及びGSM通信方式に対応している。日本通信ではbモバイル以外にNTTドコモ、ソフトバンクモバイルのSIMが使用可能であると案内している。海外で日本国外のSIMカードを利用することもできる。Wi-Fi対応端末5台まで同時接続が可能。端末単品販売と、bモバイルSIMとのセット販売もある。日本通信 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通信

    日本通信から見たGSM

    SIMロックフリーのWi-Fiルーター。W-CDMA及びGSM通信方式に対応している。日本通信ではbモバイル以外にNTTドコモ、ソフトバンクモバイルのSIMが使用可能であると案内している。海外で日本国外のSIMカードを利用することもできる。Wi-Fi対応端末5台まで同時接続が可能。端末単品販売と、bモバイルSIMとのセット販売もある。日本通信 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通信

    日本通信から見た携帯電話

    日本通信はウィルコムからPHS回線のリセール(回線領域買い取り)で事業を始め、MVNOとして日本では第一号の会社となった。このMVNOとしてのメリットは、携帯電話・PHS通信事業者のように巨額資本を投下して、自前の通信施設網を準備することなく、小資本で大手通信事業者からローコストで回線リセール(回線領域買い取り)が出来ることである。ベンチャー企業の日本通信はこのMVNO制度を利用して、個人・法人向けにデータ通信サービス事業を行っている。2008年からはNTTドコモのFOMAハイスピード網(FOMA網含む)を利用したMVNOサービスを開始している。日本通信 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通信

    日本通信から見たUIMカード

    コンシューマ向けとしては初となる、「通信電池」製品。NTTドコモのFOMAハイスピード網を利用し、約300kbps(上下)の速度で1年間(6ヶ月、1ヶ月も選択可能。1ヶ月ものは、上述の抱き合わせ販売を除き、自社オンラインのみでの販売)使い放題のUIMカード単体パッケージ。利用者が自前で用意したSIMフリー端末(ただし、UMTSバンド1/6/9に対応したもの)、ドコモのFOMA端末(音声・データ両端末)、あるいは同社の3G対応端末(UIMカードが期限切れで無効となったものを差し替えて利用する形態を想定)を利用した、国内データ通信が可能(音声利用は不可だが、USBケーブルを接続した形でのPCデータ通信は可能である。また、スマートフォンであれば、アクセスポイントの設定等で、通信可能なPDAライクな利用も可能)。なお、Android OSの端末は、HT-03Aなど、初回出荷時点でOSのバージョンが1.5の端末の場合、OSの仕様上の理由により、1.6にバージョンアップしたものでは利用できない端末もある。海外でのデータ通信は不可。日本通信 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通信

    日本通信から見た警察庁

    2007年(平成19年)5月8日、bモバイルについて、警察庁が、日本通信に対し販売時の本人確認を行うよう異例の要請をすることを表明した1。なお、bモバイルが提供するサービスの多くはデータ通信専用型であるため、携帯電話本人確認法の対象外となっている。対応策として、現在は、開通時に、携帯電話を利用して番号通知で電話した上で開通手続きを取るか、コールセンターに電話をするかの方法で行う形を取っている。この方法が取られる以前に開通手続きを行った場合、チャージ方法によっては、同様の手続きが必要になる場合もあるとしている。日本通信 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通信

    日本通信から見たWORLD WING

    bモバイルSIM U300に音声通話機能を付加したもの。1050円の無料通話が付加される(無料通話分や課金単位はドコモの「タイプSS」のプランに相当)。本契約は、クレジットカード払いによるポストペイ契約である。有料オプションで、MNOであるドコモ契約でも提供される一部サービスが利用可能。MNPの利用も可能。ただし、プッシュメールは提供されないため、メールの利用を希望する場合は、自身でメールアドレスの準備が別途必要。端末は別途必要で、現在は日本通信での販売は行っていないが、ドコモがサポートするFOMA周波数帯(UMTSバンド1/6/9)に対応している技適表示のなされているSIMフリー端末か、ドコモからリリースされたFOMA端末であれば利用可能としている。テザリングにも公式対応を明言している。なお、海外では音声ローミング(WORLD WINGに準拠)には対応しているが、データローミングは不可である。申し込みは、「My b-mobile」経由であり、支払用クレジットカードの登録と同時に本人確認書類をディジタルカメラ等で撮影した物をアップロードする。専用UIMカードは佐川急便の飛脚宅配便受取人確認配達サービスにより送付され、受取の際に本人確認書類を提示する。日本通信 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通信

    日本通信から見たiPhone 3GS

    SIMフリーのiPhone 3GSの仕様に特化したtalking SIM。操作アプリ等に応じて通信速度を各々最適化するサービスであるため、talking SIMより高めの基本料金設定となっている(通話部分については、一般のtalking SIM同様の料金設定)。なお、テザリング機能は、一般のtalking SIM同様の速度で提供される。端末は、ユーザが自前で調達する必要がある。申し込み方法自体は、talking SIMと同様、店頭では申し込みできず、「My b-mobile」経由となる。日本通信 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通信

    日本通信から見た資本

    日本通信はウィルコムからPHS回線のリセール(回線領域買い取り)で事業を始め、MVNOとして日本では第一号の会社となった。このMVNOとしてのメリットは、携帯電話・PHS通信事業者のように巨額資本を投下して、自前の通信施設網を準備することなく、小資本で大手通信事業者からローコストで回線リセール(回線領域買い取り)が出来ることである。ベンチャー企業の日本通信はこのMVNO制度を利用して、個人・法人向けにデータ通信サービス事業を行っている。2008年からはNTTドコモのFOMAハイスピード網(FOMA網含む)を利用したMVNOサービスを開始している。日本通信 フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示

「日本通信」のニューストピックワード