前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示
  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    第35回 田中章投手(浦和・日本通運都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • JABA東北大会

    JABA東北大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    第21回(1989年) 日本通運JABA東北大会 フレッシュアイペディアより)

  • JABA北海道大会

    JABA北海道大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    第5回(1958年) 日本通運 中島JABA北海道大会 フレッシュアイペディアより)

  • 関東選抜リーグ (社会人野球)

    関東選抜リーグ (社会人野球)から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    第2回(1981年) 日本通運関東選抜リーグ (社会人野球) フレッシュアイペディアより)

  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    予選では、それまで本戦への出場を何度も阻まれてきたチームが次々と初出場を決めた。石巻市・日本製紙石巻、新潟市・バイタルネット、大和高田市・大和高田クラブ、福岡市・九州三菱自動車の4チームが初出場。初出場チームが4チームを数えるのは41年ぶり。一方で有力チームが予選敗退する波乱も起こり、前回大会の九州第1代表の沖縄電力が1次予選で敗退したのをはじめ、前回大会まで3年以上連続出場していたTDK、富士重工業、鷺宮製作所、セガサミー、JX-ENEOS(新日本石油ENEOSから改称)、パナソニックが2次予選で涙をのんだ。さいたま市・日本通運、京都市・日本新薬は危なげなく出場を決め、連続出場を10年の大台に乗せた。東海地区からは愛知県のチームが5チーム出場し、同一都道府県からの最多出場チーム数を記録した。第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第67回都市対抗野球大会

    第67回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    日本代表はアトランタで銀メダルを獲得したことから、メダリストたちが自らのチームに戻って都市対抗に出場する選手(松中信彦(新日鐵君津)、谷佳知(三菱自動車岡崎、今大会はJR東海の補強で出場)、福留孝介(日本生命)、川村丈夫(日本石油)ら)が集結し、さらには入来祐作(本田技研)、大塚晶文(日本通運、今大会は本田技研の補強で出場)、高橋憲幸(日本石油)、小笠原道大(NTT関東、今大会は新日鐵君津の補強で出場)、森慎二(新日鐵君津)、礒部公一(三菱重工広島)など、その後プロ野球で活躍する選手が大勢出場していた大会として、レベルとしてもかなりハイレベルであるとの評価が今でもなされている。現在でも、大会期間中には、この大会で活躍した選手たちの映像が、試合およびイニングの合間に、東京ドームのオーロラビジョンに映し出されることがある。第67回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 法政大学野球部

    法政大学野球部から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    神長英一 - 遊撃手、作新学院高出身 / 法大では遊撃手でベストナイン。日本通運監督として10年連続都市対抗出場。法政大学野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JABA静岡大会

    JABA静岡大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    第12回(1964年) 日本通運JABA静岡大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    7月12日 - 第77回都市対抗野球大会の予選が終了し、出場32チームが出揃った。最多出場回数は大阪市・日本生命(阪和第3代表)で48回目、初出場チームは京田辺市・ニチダイ(京滋奈第1代表)の1チームのみ。最長連続出場はさいたま市・日本通運(南関東第3代表)、京都市・日本新薬(京滋奈第2代表)の6年連続(日本通運は33回目、日本新薬は24回目の出場)、最長ブランク出場は東京都・明治安田生命(東京第3代表)の24年ぶり(2回目)。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    7月9日 - 第78回都市対抗野球大会の予選がこの日全日程を終了し、8月24日から開かれる本大会に出場する32チームが出揃った。初出場は矢巾町・岩手21赤べこ野球軍団(東北第3代表)、東京都・セガサミー(東京第3代表)、熊本市・熊本ゴールデンラークス(九州第2代表)の3チーム。いずれも活動2年目にして大舞台への出場権を得た。最多出場は大阪市・日本生命(阪和第1代表)の49回目。最長連続出場はさいたま市・日本通運(南関東第1代表、34回目)と京都市・日本新薬(京滋奈代表、25回目)の7年連続。組み合わせ抽選会は21日に行われる。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード