前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示
  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    社会人野球チームはプロ野球の球団よりも選手の入れ替わりが激しく、10年間も主力で活躍できる選手は少ない。さらに各地区に複数の強豪チームが存在するため、自分のチームが毎年都市対抗野球に出場できるとは限らない。よって都市対抗野球大会の10年連続出場は自チームの主力のみならず、補強選手にもコンスタントに選ばれるほど実力が抜きん出ていて、大きな故障もない選手という証明である。なお、1987年に鈴木政明(旧姓・山根)が大昭和製紙、ヤマハ発動機、プリンスホテルと所属チームの活動休止を移籍によって乗り越え、本大会20年連続出場の偉業をなしとげた。また、第81回大会では、監督として10年連続チームを本大会に導いた神長英一監督(日本通運)が制度開始以来初めて選手と同様に表彰を受けた。なお、選手同様応援団員にも10年(チアリーダーは5年)連続出場の表彰制度があるほか(後述)、審判員も10年出場(こちらは「連続」の要件が入っていない)すると開会式において表彰される。都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大塚晶文 - 野球部出身。元メジャーリーガー。近鉄→中日→サンディエゴ→テキサス(2006年WBCにも出場)日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運名古屋硬式野球部

    日本通運名古屋硬式野球部から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    、シーズン終了をもって解散した。本社野球部に統合され、主力の牧田勝吾などはそちらに移籍した。日本通運名古屋硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 田中美一

    田中美一から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    立教大学に進むも、1年から2年に上がる春のキャンプで他の選手の打球を右足首に受けて骨折。その後は伸び悩み、リーグ戦で投げることはできなかった。日本通運浦和に就職後、捕手に転向し、4年で社会人野球を辞めた後は横浜市にある実家の材木店を継いだ。田中美一 フレッシュアイペディアより)

  • 第67回都市対抗野球大会

    第67回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    日本代表はアトランタで銀メダルを獲得したことから、メダリストたちが自らのチームに戻って都市対抗に出場する選手(松中信彦(新日鐵君津)、谷佳知(三菱自動車岡崎、今大会はJR東海の補強で出場)、福留孝介(日本生命)、川村丈夫(日本石油)ら)が集結し、さらには入来祐作(本田技研)、大塚晶文(日本通運、今大会は本田技研の補強で出場)、高橋憲幸(日本石油)、小笠原道大(NTT関東、今大会は新日鐵君津の補強で出場)、森慎二(新日鐵君津)、礒部公一(三菱重工広島)など、その後プロ野球で活躍する選手が大勢出場していた大会として、レベルとしてもかなりハイレベルであるとの評価が今でもなされている。現在でも、大会期間中には、この大会で活躍した選手たちの映像が、試合およびイニングの合間に、東京ドームのオーロラビジョンに映し出されることがある。第67回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 駒場 (さいたま市)

    駒場 (さいたま市)から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    埼玉県さいたま市浦和区の東部に位置する。北浦和駅や浦和駅からはやや離れている。一丁目は主に住宅地だが、二丁目はさいたま市青少年宇宙科学館、浦和駒場体育館のほか、国内屈指の観客数を誇る浦和レッドダイヤモンズの本拠地の一つである浦和駒場スタジアムや、都市対抗野球大会の強豪として知られる日本通運硬式野球部の本拠地などの施設がある。一丁目と二丁目の境は幹線道路の産業道路が走る。駒場 (さいたま市) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    7月9日 - 【社会人】第78回都市対抗野球大会の予選がこの日全日程を終了し、8月24日から開かれる本大会に出場する32チームが出揃った。初出場は矢巾町・岩手21赤べこ野球軍団(東北第3代表)、東京都・セガサミー(東京第3代表)、熊本市・熊本ゴールデンラークス(九州第2代表)の3チーム。いずれも活動2年目にして大舞台への出場権を得た。最多出場は大阪市・日本生命(阪和第1代表)の49回目。最長連続出場はさいたま市・日本通運(南関東第1代表、34回目)と京都市・日本新薬(京滋奈代表、25回目)の7年連続。組み合わせ抽選会は21日に行われる。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木弥

    佐々木弥から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大きな転機となったのは同年の第77回都市対抗野球大会。七十七銀行から補強した高橋利信、岩手21赤べこ野球軍団から補強した高倉啓司に挟まれるように4番に座った佐々木は打棒を爆発させる。1回戦(対伯和ビクトリーズ(東広島市)戦)ではノーヒットと振るわなかったが、2回戦(対JR東海(名古屋市)戦)では0?2のビハインドで迎えた7回裏に反撃ののろしとなるホームランを打ち、準々決勝(対ホンダ(狭山市)戦)では4四死球で出塁、準決勝(対日本通運(さいたま市)戦)では0?3で迎えた3回表に反撃の開始となるソロホームランを打ち込んだだけでなく、3?5で迎えた7回表には逆転のグランドスラムをレフトスタンドに叩き込んだ。そして決勝戦(対日産自動車(横須賀市)戦)でも1安打を放ち、チームの初優勝に貢献。橋戸賞(MVP)こそ5試合登板のエース・野田正義に譲ったが、3本塁打が評価され、打撃賞と大会優秀選手(一塁手部門)を受賞した。また、同年の社会人ベストナイン(一塁手部門)も受賞した。佐々木弥 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋利信

    高橋利信から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    2年後の、第74回都市対抗野球大会で10度目のチャレンジで東北第1代表として七十七銀行は本戦出場を決める。このときも高橋は不動の4番打者としてチームを引っ張った。結果は、1回戦の日本通運戦で1-3で惜敗。高橋利信 フレッシュアイペディアより)

  • 野田正義

    野田正義から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    準決勝(9月4日) TDK 8-7 日本通運 野田先発2.2回5失点KO野田正義 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード