132件中 101 - 110件表示
  • 杉浦正則

    杉浦正則から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    に大学を卒業し、社会人・日本生命に入社。翌のバルセロナオリンピックで日本代表に選出される。抑えとして活躍し銅メダル獲得に貢献した。同年の都市対抗でもリリーフとして起用されるが、熊谷組との決勝では先発し完投勝利。7年ぶり2度目の優勝を飾り同大会の橋戸賞に選ばれる。のアトランタオリンピックでも日本代表に選出され、銀メダルを獲得。の都市対抗でも決勝に進出。日本通運の高橋薫との投げ合いを制し優勝、2度目の橋戸賞を獲得した。同年は社会人ベストナインにも選出されている。杉浦正則 フレッシュアイペディアより)

  • 金田留広

    金田留広から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    その後、社会人・日通浦和を経て、1969年にドラフト4位で東映フライヤーズに入団し、兄・正一と同じ背番号34を着けた。入団1年目から直球とカーブを武器に18勝を挙げ、同年東京球場で開催されたオールスターゲームではパ・リーグの投手としてマウンドに上った留広がセ・リーグのメンバーとして打席に立った兄・正一と対戦するというオールスターならではの夢の対決が実現し、この勝負の結果は正一をセカンドフライに打ち取っている。金田留広 フレッシュアイペディアより)

  • 本柳和也

    本柳和也から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    その後、城西大学、日本通運へ進んだ。日通の監督・杉本泰彦から心構えや投球術を学び、投手としての幅を広げた。2001年のドラフト会議でオリックス・ブルーウェーブから9巡目指名を受け入団(契約金2000万円・年俸600万円)。本柳和也 フレッシュアイペディアより)

  • 堀本律雄

    堀本律雄から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大学卒業後、社会人野球の日通浦和に入部。の第28回都市対抗野球大会では、3勝を挙げ決勝に進出。熊谷組の島津四郎と投げ合うが完封を喫する。しかしこの大会の久慈賞を獲得した。その後もまで都市対抗に連続出場。堀本律雄 フレッシュアイペディアより)

  • 森永勝也

    森永勝也から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    柳井商工高では、エースとして1952年の夏の甲子園に出場。準々決勝に進出するが、この大会に優勝した芦屋高の植村義信投手に完封され敗退。卒業後は専大へ進学。東都大学リーグでは2回優勝。1954年の全日本大学野球選手権大会では準決勝で、秋山登投手を擁する明大に敗れた。1年生の春からレギュラーになり在学中全試合に出場、リーグ通算99試合出場、348打数85安打、打率.244、1本塁打、37打点。専大卒業後は熊谷組へ入社。1年目の1957年には第28回都市対抗野球大会に出場。ライバル日大から同期入社したエース島津四郎を擁し、四番打者として活躍。決勝では日通浦和の堀本律雄を打ち崩し、チーム初優勝を飾る。全日本でも四番打者を務めた。森永勝也 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井大助

    筒井大助から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    の日本選手権でも準決勝で本塁打を放つなど活躍、決勝ではエース高橋修二が東芝の青木秀夫との投手戦を制し優勝、この大会では優秀選手として表彰された。同年は初の社会人ベストナインにも選出されている。翌の日本選手権では、日本通運との決勝で本塁打を放ち、初の連覇を果たすとともに、自身も優秀選手に再び選ばれた。筒井大助 フレッシュアイペディアより)

  • 竹之内雅史

    竹之内雅史から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後は日本通運浦和に入社。エース田中章を擁し1964年の第35回都市対抗野球大会に出場。1回戦では本塁打を放ち、順調に勝ち進む。決勝では田中と日本コロムビアの近藤重雄投手が投げ合うが0-2で快勝、チームは初優勝を飾る。同年10月には東京五輪デモンストレーションゲームとして開催された、社会人野球選抜と米国大学選抜との試合にも出場した。その後も都市対抗に連続出場し、1967年には社会人ベストナインに三塁手部門で選出された。竹之内雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 第88回都市対抗野球大会

    第88回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大会8日目の7月21日、2回戦第2試合の日本通運対パナソニック戦において、日本通運の阿部良亮がノーヒットノーランを達成した。ノーヒットノーランは完全試合も含むため、第82回大会()でJR東日本東北の森内寿春が三菱重工横浜戦において完全試合で達成して以来大会史上6年ぶり・5人目(完全試合2人)の快挙。ノーヒットノーランのみに限れば、第25回大会()で川崎トキコの岡本教平が鐘ヶ淵化学戦において達成して以来63年ぶりであった。第88回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 池田駿

    池田駿から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    ヤマハに入社後、1年目からリリーフとして活躍。第86回都市対抗野球大会東海2次予選ではストッパーとして起用されたが、救援失敗が多く、第86回都市対抗野球大会では、出番はなかった。秋から先発となると、2年目の第87回都市対抗野球大会では初戦のJFE東日本戦では5回1/3を7安打6四死球4失点、続くJR九州戦は3回まで抑えるも、4回に突如崩れ、結果が残せなかった。第42回社会人野球日本選手権大会では初戦の東京ガス戦は山岡泰輔との投げ合いになり、山岡は2回途中で降板、池田も4回で降板となった。準々決勝のJR西日本戦は9回途中2失点の好投で勝利し、決勝の日本通運戦は8回途中10奪三振1失点の好投で勝利し、初優勝に大きく貢献した。池田は大会MVPと優秀選手に選ばれた。池田駿 フレッシュアイペディアより)

  • 第69回都市対抗野球大会

    第69回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    乙幡昌夫(川崎製鉄千葉(日本通運))第69回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

132件中 101 - 110件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード