132件中 111 - 120件表示
  • 辻発彦

    辻発彦から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    辻は西武の前身である西鉄ライオンズのファンで、父の運転するトラックで度々佐賀から福岡の平和台野球場へ野球観戦に出かけていたという。佐賀市立昭栄中学校を卒業した時点では身長が161cmと小柄で高校での硬式野球をあきらめようとも思ったが、佐賀東高校では強い情熱で練習を積んだ。身長は182cmにまで伸び、日本通運浦和に進んで社会人野球でプレーした。辻はレベルの高さにプレッシャーを感じたが、やがて中軸打者として4番を打つようになり、守備では三塁手を務めていた。1983年のドラフト会議では2位で指名され、西武ライオンズに入団する。辻発彦 フレッシュアイペディアより)

  • 西部ガス

    西部ガスから見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    2012年4月に硬式野球部(西部ガス硬式野球部)を設立。監督には杉本泰彦(元日通監督)、またコーチには香田誉士史(元駒澤大学附属苫小牧高等学校監督)を迎えた。西部ガス フレッシュアイペディアより)

  • 関口伊織

    関口伊織から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    熊谷市で鉄工所の経営者の長男として生まれる。富士見中学ではエースとして県大会で3位になり、誘いを受けて大宮工業に進学した。3年夏の埼玉大会ではベスト16で敗れたが、速球を評価され巨人や西武から獲得の打診もあったという。しかし、高校野球部の監督の勧めもあって東洋大学へ進学。東洋大野球部では1学年下で1年春のリーグ戦でMVPを獲得した銭場一浩の存在などもあってすぐに起用は増えなかったが、3年秋にはリーグ戦で完封勝利を挙げている。4年春には先発の柱となり、大学では通算9勝8敗の成績を残した。大学卒業後、日本通運に入社。同期には大塚晶文がいた。関口伊織 フレッシュアイペディアより)

  • 友永翔太

    友永翔太から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    2013年に日本通運に入社。2014年10月29日時点での社会人通算は110打数33安打、打率.300。友永翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉誠治

    稲葉誠治から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    旧制岡崎中学校から慶應義塾大学に進学後は、1939年秋季と1940年春季のリーグ優勝に貢献し、1941年には東大戦でノーヒットノーランを達成するなど戦前の六大学野球で活躍。戦時中はニューギニアで陸軍伍長として兵役に就き、終戦後に帰国。その後は創成期の横浜高校監督を経て、1956年、母校・慶大の8代目監督に就任。1年目の春季リーグでは優勝を達成したが、長嶋茂雄擁する立教大学に後塵を拝したため1959年退任。翌1960年からは日本通運浦和2代目監督に就任し、1964年の都市対抗では優勝に導く。1973年勇退。その後は流通経済大学の野球部創設に尽力し、初代監督(1977年 - 1978年)を務めた。1979年からはプリンスホテルの初代監督に就任し、1984年にはJABA東京スポニチ大会で全国優勝を達成した。同年退任。稲葉誠治 フレッシュアイペディアより)

  • 村上之宏

    村上之宏から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    高根沢商高卒業後、社会人野球の日本通運浦和に入団。の都市対抗では東芝府中の補強選手として好投し、各球団に注目される。1976年のドラフト会議で南海ホークスに4位指名されるが、会社の慰留もあったため、の都市対抗に日通のエースとして出場した後に入団した。村上之宏 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛弘樹

    金剛弘樹から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大学卒業後、2001年に社会人野球の朝日生命に入団。都市対抗野球にも出場したが、同年末に同社野球部の廃部が発表され、翌2002年から日本通運に移籍。後に中日に同期入団する川井進とともに左右の2枚看板として活躍した。金剛弘樹 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    社会人野球においても、実業団チームでは日本通運が浦和市時代から都市対抗野球大会に42回、日本選手権に20回出場しており、1964年に埼玉県勢初の都市対抗野球大会優勝を果たし、1994年には日本選手権に優勝を果たすなど南関東エリアの強豪として知られている。また、クラブチームでは全浦和野球団が全日本クラブ野球選手権大会に1976年の第1回大会から3連覇を果たしている。戦前は大宮町に本拠に置いた「全大宮」が1932年から都市対抗野球大会に5年連続で出場し、1935年・1936年と二年連続で準決勝に進出する活躍をした。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県

    埼玉県から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    日本通運(さいたま市)埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • 福原峰夫

    福原峰夫から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    修徳高から法政大学、社会人野球の日本通運を経て、1981年オフにドラフト外で阪急ブレーブスに入団。福原峰夫 フレッシュアイペディアより)

132件中 111 - 120件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード