132件中 121 - 130件表示
  • 大塚晶文

    大塚晶文から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    首都大学野球連盟所属の強豪校東海大学に入学し、硬式野球部で活躍する。卒業後は、社会人野球・日本通運硬式野球部に進む。大塚晶文 フレッシュアイペディアより)

  • Honda硬式野球部

    Honda硬式野球部から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    運営母体は、本田技研工業。日本通運とともに、埼玉県の社会人野球をリードするチームである。Honda硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 武田久

    武田久から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後は日本通運に入社、配送業務を担当していた。の都市対抗に出場、2勝を挙げる。準々決勝ではJTを相手に史上6人目の毎回奪三振を達成した。しかし三菱自動車岡崎との準決勝では、延長10回に投手陣が福川将和らに打ち込まれ敗退。この大会では若獅子賞を受賞した。翌の都市対抗でも活躍、2002年秋のプロ野球ドラフト会議において日本ハムファイターズから4巡目に指名され入団。背番号は43に内定していたが、入団が予定されていたエンジェル・エチェバリアに譲るため54に変更された。武田久 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    、母校を訪ねた際に才能を惜しんだ高校時代の恩師の勧めもあって東京芝浦電気の府中工場に臨時工として入社。同工場の社会人野球チーム・東芝府中に加わった。ここでの在籍5年間の公式戦で約70本塁打を放つなど頭角を現す。には中心打者として、東芝府中を創部23年目で初の都市対抗出場に導く。1回戦でデュプロを降し初勝利をあげるが、愛媛相互銀行に完封を喫し敗退。翌年以降も、都市対抗に日本通運、電電東京の補強選手として3年連続出場。には、木田勇、森繁和らとともに第25回アマチュア野球世界選手権日本代表に選出された。この頃の落合は、日中トランジスタラジオの基板を組み立て、夕方から野球の練習をする、という生活を送っていた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和市

    浦和市から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    プロ野球では千葉ロッテマリーンズ二軍がロッテ浦和球場に本拠地を置き、社会人野球では強豪の日本通運硬式野球部が駒場に本拠地を置く。また、全浦和野球団はさいたま市営浦和球場を本拠地としている。浦和市 フレッシュアイペディアより)

  • タイブレーク

    タイブレークから見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    プロを含むその他の大会では現在採用されていないが、社会人野球と学生野球の対抗戦でタイブレークを採用した例がある(第13回京都府アマチュア野球王座決定戦(2007年10月29日)、同志社大学対日本新薬戦。また、2008年のJABA日立市長杯争奪大会に参加した東京ヤクルトスワローズのファームチームが日本通運との準決勝でタイブレークの延長戦を経験した(1)。タイブレーク フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎敏郎

    宮崎敏郎から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    就職活動では10社以上の企業に不採用となったが、大学卒業後の2011年にはセガサミーへ入社。同社の硬式野球部では、打線で1番や3番を任されるとともに、2年目にはチーム事情から二塁を守った。2012年に東京第3代表として出場した第83回都市対抗野球大会では、初戦の日本通運戦において、8回裏に逆転満塁本塁打。チームに3年振りの勝利をもたらすとともに、勝負強さを印象付けた。宮崎敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎淳二

    岡崎淳二から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    愛媛県出身。川越商(現・川越市立川越高)に入学、2年生の夏に甲子園に出場。夏の甲子園埼玉予選で2年連続完全試合(第71回対川本高校戦、第72回対行田高校戦)達成の記録を持つ。その後東洋大に進学。東洋大の1年先輩には関口伊織(日本通運→横浜ベイスターズ→大阪近鉄バファローズ)、恩田寿之(新日鐵君津・かずさマジック)がおり、同級生には銭場一浩(東芝)がいる。大学選手権の出場経験を持つ。4年時にはリーグ戦で5勝を挙げるが、プロからの誘いはなく、鷺宮製作所に入社。岡崎淳二 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本プロ野球

    2017年の日本プロ野球から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    北海道日本ハムファイターズを退団した武田久が、社会人野球の日本通運硬式野球部に選手兼コーチとして入団することを発表。また、戦力外となった榎下陽大が現役引退、球団職員となることを発表。2017年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    西川が39盗塁で3年ぶり2度目の盗塁王を受賞、7月30日には、中島卓也が2287打席目で人生初となる本塁打を放った。トレード期限となる7月31日、これまでセットアッパーとして活躍していた谷元圭介を中日に放出した。さらに8月31日にメンドーサがウェイバー公示によるトレードで阪神へ移籍した。飯山裕志が現役引退し、武田久が日本通運硬式野球部選手兼任コーチに就任し退団、オフにはメジャーリーグ移籍を表明した大谷がエンゼルスへと移籍した。さらにFAで増井がオリックスへ、大野が中日へ移籍した。なお、FA行使が噂された宮西と中田は行使せず残留となった。ソフトバンクからFA宣言していた鶴岡慎也が5年ぶりに復帰した 。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

132件中 121 - 130件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード