100件中 11 - 20件表示
  • 日本通運

    日本通運から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大塚晶文 - 野球部出身。元メジャーリーガー。近鉄→中日→サンディエゴ→テキサス(2006年WBCにも出場)日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 広田庄司

    広田庄司から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    日本通運硬式野球部を経て1999年のドラフト会議で福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に2位の逆指名で入団。広田庄司 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋薫

    高橋薫から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    日本通運時代は、サウスポーから繰り出される140km/h代後半の速球と大きなカーブを武器に活躍。左ひじに不安があったがシドニー五輪の予選を兼ねたの第20回アジア野球選手権大会日本代表に選出される。決勝リーグ最終戦の対韓国戦では2番手として登板し、1回を投げて3失点で敗戦投手となった。高橋薫 フレッシュアイペディアより)

  • 三橋豊夫

    三橋豊夫から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    鴻巣高校から日本通運を経て、1970年ドラフト会議でヤクルトアトムズから2位指名を受け入団。三橋豊夫 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷誠司

    渋谷誠司から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    弘前商業高等学校(現:青森県立弘前実業高等学校)卒業後、日本通運(日通)の弘前支社に入社。同支社の軟式野球チームに所属。全国大会で活躍したことにより日通の野球関係者に注目され、社長命令で浦和支社へ異動。当時の日本通運浦和硬式野球部に移る。投手育成に実績のあった当時の稲葉監督に「金田正一のような投手になる」と言われ、当時日通が出資していたプロ野球チーム・国鉄スワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)も育ちあがった上での入団を見据えていたが、噂を聞いた東映フライヤーズのスカウトが駆け付けたことにより、日通社長の特別許可をもらう形で1962年に国鉄へ入団。渋谷誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木弥

    佐々木弥から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大きな転機となったのは同年の第77回都市対抗野球大会。七十七銀行から補強した高橋利信、岩手21赤べこ野球軍団から補強した高倉啓司に挟まれるように4番に座った佐々木は打棒を爆発させる。1回戦(対伯和ビクトリーズ(東広島市)戦)ではノーヒットと振るわなかったが、2回戦(対JR東海(名古屋市)戦)では0?2のビハインドで迎えた7回裏に反撃ののろしとなるホームランを打ち、準々決勝(対ホンダ(狭山市)戦)では4四死球で出塁、準決勝(対日本通運(さいたま市)戦)では0?3で迎えた3回表に反撃の開始となるソロホームランを打ち込んだだけでなく、3?5で迎えた7回表には逆転のグランドスラムをレフトスタンドに叩き込んだ。そして決勝戦(対日産自動車(横須賀市)戦)でも1安打を放ち、チームの初優勝に貢献。橋戸賞(MVP)こそ5試合登板のエース・野田正義に譲ったが、3本塁打が評価され、打撃賞と大会優秀選手(一塁手部門)を受賞した。また、同年の社会人ベストナイン(一塁手部門)も受賞した。佐々木弥 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口裕之

    坂口裕之から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1993年の都市対抗では決勝戦の対日本通運戦で延長11回に盗塁を決めて決勝点となる得点を挙げ、自身初となる同大会優勝を果たした。翌年に都市対抗は本大会一回戦、日本選手権は予選でそれぞれ敗退し、同年で現役を引退した。に日本石油の監督に就任するが、前年のドラフト会議では川村丈夫、小野仁、高橋憲幸の投手3名と捕手の大久保秀昭が一斉にプロ入りしており、同年から2年間は都市対抗の予選で敗退している。1999年の都市対抗でベスト8まで進み、に都市対抗出場を果たすと同年で監督を引退した。坂口裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中須賀諭

    中須賀諭から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    2000年にJTに入社。当時金属バット使用の社会人野球において初年度は苦しむものの、翌年の第72回都市対抗野球大会では1回戦で3回途中からのロングリリーフ、準々決勝では敗戦投手にこそなったものの日本通運の武田久投手(現北海道日本ハム)と投げ合いを演じ、大会優秀選手に選出された。中須賀諭 フレッシュアイペディアより)

  • 平井英一

    平井英一から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    香川県出身。香川県立香川中央高等学校から国士舘大学を経て、2001年に朝日生命に入社する。この時の同期に金剛弘樹(その後日本通運を経て中日)がいる。平井英一 フレッシュアイペディアより)

  • JABA日立市長杯争奪大会

    JABA日立市長杯争奪大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    第10回(1986年) 日本通運JABA日立市長杯争奪大会 フレッシュアイペディアより)

100件中 11 - 20件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード