132件中 11 - 20件表示
  • 和田貴範

    和田貴範から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    2003年に新日鐵君津から衣替えした市民球団かずさマジックに入部。かずさ1期生となる。その年チームは2大大会(都市対抗野球大会・社会人野球日本選手権大会)に出場を果たすが、ほとんど出場機会がないまま初年度を終える。2年目からチームは2大大会の出場を逃し続けるが、和田はサードのレギュラーを獲得し、2004年にはホンダ、2005年にもホンダ、2006年にはJFE東日本の補強選手として3年連続で都市対抗でチームの上位進出に貢献。2006年には慣れないセカンドを東京ドームで守りながらチームの8強入りに貢献し、大会優秀選手に選出された。2007年は日本通運の補強選手となり、4年間で南関東地区のライバルチームすべてのユニフォームに袖を通した。和田貴範 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会 (埼玉県勢)

    都市対抗野球大会 (埼玉県勢)から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1957年(第28回大会)に浦和市・日本通運が本大会に出場し、1967年(第38回大会)に大和町・本田技研がこれに続くと、埼玉県からはこの2チームが頻繁に出場を果たしている。両チームとも優勝経験、準優勝経験を有し、2004年から9年間、2チーム揃っての出場が続いた。都市対抗野球大会 (埼玉県勢) フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川治

    長谷川治から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    終戦後のにグレートリングの結成に参加。しかし、既に30歳近い年齢だったため、殆ど活躍する事は出来ず、同年末に退団。翌に国民野球連盟の宇高レッドソックス(後に熊谷レッドソックス)でプレーし、その後は社会人野球の日本通運で現役生活を終えた。長谷川治 フレッシュアイペディアより)

  • 曽田康二

    曽田康二から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大社高校ではエース、4番打者として1975年夏の甲子園県予選を勝ち抜き、山陰大会決勝に進出するが、江の川高の崎山嗣盛投手(阪神)に抑えられ、甲子園出場を逸する。チームメートに石橋貢捕手がいた。卒業後は日本通運浦和に入社。1977年秋にドラフト3位で読売ジャイアンツに指名されるも、入団を拒否。1978年、1980年の都市対抗野球大会に出場。その後、1981年にドラフト外で中日ドラゴンズへ入団した。同年に5勝、1985年にも5勝を記録するが、故障がちでコンスタントな成績はあげられなかった。曽田康二 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤正次

    加藤正次から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    日本通運から1983年のドラフト会議において、ヤクルトスワローズから5位で指名を受け、同球団に入団。一軍出場機会がないまま、1985年シーズンを最後に退団。加藤正次 フレッシュアイペディアより)

  • 駒場運動公園

    駒場運動公園から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    日本通運総合運動場(日本通運硬式野球部本拠地)駒場運動公園 フレッシュアイペディアより)

  • 尾形佳紀

    尾形佳紀から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後、ホンダに入社。当時のホンダは都市対抗野球大会に出場できない低迷期にあり、2002年には新日鐵君津、2003年には日本通運の補強選手として都市対抗野球大会に出場した。のドラフト4巡目で広島東洋カープに指名され入団。尾形佳紀 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田邦房

    倉田邦房から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    岡崎工では、エースとして夏の甲子園県予選準決勝に進むが、栗岡英智のいた中京高に敗退。卒業後は大昭和製紙に入社。の都市対抗に出場。2回戦では先発するが日本通運に敗れる。チームメートに上川誠二がいた。倉田邦房 フレッシュアイペディアより)

  • 浜浦徹

    浜浦徹から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    津久見高では1970年の春の選抜にエースとして出場。1回戦で米子東高に完封勝利、しかし2回戦では千葉商の永島時郎(日本通運)、高浦美佐緒のバッテリーに抑えられ惜敗。同年夏の甲子園予選は故障で登板できず、中九州大会決勝で、エース小川清一を擁する大分商に敗退。1学年下のチームメートに橘健治、岩井隆之がいた。浜浦徹 フレッシュアイペディアより)

  • 高柳出己

    高柳出己から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1年先輩には、当時投手だった古川慎一がいる。高校卒業後は、明治大学のセレクションを受け合格していたものの、日本通運に入社し、1987年のドラフト1位で近鉄バファローズに入団。1988年10月19日の伝説のダブルヘッダー(10.19)第2戦に先発。翌年1989年の10月12日対西武ライオンズダブルヘッダー第1戦にも先発し、伝説のブライアント3連発(次の試合まで含めると4連発)にも立ち会っている。高柳出己 フレッシュアイペディアより)

132件中 11 - 20件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード