100件中 21 - 30件表示
  • 田中敏弘

    田中敏弘から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1992年の大学卒業後は日本通運に入社し、日本通運浦和(1993年より日本通運)でプレー。内野のレギュラーをつかみ、入社3年目の1994年には日本選手権優勝にも貢献した。ここで9年間プレーし2000年シーズン限りで引退。田中敏弘 フレッシュアイペディアより)

  • 第11回社会人野球日本選手権大会

    第11回社会人野球日本選手権大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1大会6本塁打の大会記録(現在も継続中)の伊藤由紀夫選手を擁する日本通運が本戦で快進撃を見せたが、決勝では前年優勝の住友金属が貫録を見せて2連覇を達成。高橋修二投手は2年連続の最高殊勲選手賞を獲得した。第11回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第28回都市対抗野球大会

    第28回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大会を制したのは東京都・熊谷組。3度目の決勝戦で、初出場ながら快進撃を見せていた浦和市・日本通運を破って7回目の出場で頂点を極めた。5試合全て完封勝利という「完全優勝」ともいうべき内容であった。第28回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 関東孝雄

    関東孝雄から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    仙台育英高から日本通運浦和に入社、1975年の都市対抗では電電関東に補強されて出場し、優勝に貢献した。その年の1975年ドラフト6位で中日ドラゴンズに入団。現役引退。引退後は中日2軍守備コーチ(1985年-1988年)。後に読売ジャイアンツスカウトに就任。関東孝雄 フレッシュアイペディアより)

  • 榊親一

    榊親一から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後は地元の社会人チームの日本通運浦和に入る。第35回都市対抗野球大会では優勝を経験した。榊親一 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎淳二

    岡崎淳二から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    愛媛県出身。川越商(現・川越市立川越高)に入学、2年生の夏に甲子園に出場。夏の甲子園埼玉県予選で2年連続完全試合(第71回対川本高校戦、第72回対行田高校戦)達成の記録を持つ。その後東洋大に進学。東洋大の1年先輩には関口伊織(その後日本通運→横浜→大阪近鉄)、恩田寿之(その後新日鐵君津・かずさマジック)がおり、同級生には銭場一浩(その後東芝)がいる。大学選手権の出場経験を持つ。4年時にはリーグ戦で5勝を挙げるが、プロからの誘いはなく、鷺宮製作所に入社。岡崎淳二 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田宗一 (外野手)

    藤田宗一 (外野手)から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1954年から1955年まで国鉄の監督を務めた。国鉄退団後は社会人の日本通運の監督に就任し、都市対抗出場に導いた。藤田宗一 (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • 古谷法夫

    古谷法夫から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    日本通運名古屋の監督などを経て、1970年から2年間は南海ホークスの投手コーチ、その後は南海のスカウトを務めた。古谷法夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第9回社会人野球日本選手権大会

    第9回社会人野球日本選手権大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    ヤマハ発動機は創設2年目で快進撃を見せた。ベテラン鈴木政明投手が軸となって接戦を次々とものにした。日本通運との決勝戦もロースコアの接戦を制し、初出場初優勝を果たした。しかし翌年の大会前に休部を発表し、大会に戻ってくることはなかった。第9回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤正次

    加藤正次から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    日本通運から1983年のドラフト会議において、ヤクルトスワローズから5位で指名を受け、同球団に入団。一軍出場機会がないまま、1985年シーズンを最後に退団。加藤正次 フレッシュアイペディアより)

100件中 21 - 30件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード