132件中 21 - 30件表示
  • 東京経済大学硬式野球部

    東京経済大学硬式野球部から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    高橋陽介 - 2002年秋、創部以来最高の2位に貢献した投手。日本通運、熊本ゴールデンラークスで社会人野球。桜美林高等学校出身 東京経済大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 初岡栄治

    初岡栄治から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    旧制下妻中では1947年に4番・投手として夏の甲子園茨城大会で優勝し、北関東大会に進出するも初戦で敗退。卒業後は東京鉄道局に進み、主戦投手として活躍。その後は専修大学を中退し、1950年に新球団の国鉄スワローズへ入団。球威はないものの変化球や制球が良かったため高橋輝に次ぐ主戦投手として期待されたが、結果を出せずに1951年からは外野手に転向。1952年には規定打席に到達するが、佐藤孝夫の外野転向と安居玉一の入団、町田行彦の成長もありレギュラーから陥落。1955年引退。その後は藤田宗一・古谷法夫と共に1956年、立ち上げたばかりの日本通運浦和へ主将として入社。稲葉誠治監督就任後はコーチ(1960年 - 1969年)、助監督(1970年)も務め、1964年の都市対抗優勝に貢献。竹之内雅史・榊親一を送り出した。一時は社業に戻ったが、1974年に監督として現場に復帰。関東孝雄・村上之宏を送り出したが、1976年に退任。在任中は都市対抗に出場できず、日本選手権も1度(1975年)のみと期待に応えられなかった。初岡栄治 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田宗一 (外野手)

    藤田宗一 (外野手)から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1954年から1955年には国鉄の2代目監督を務めたが、2年連続5位という成績に終わった。在任中は宇野光雄・箱田弘志が球団初のベストナインに入ったほか、金田正一が奪三振の世界新記録を打ち立て、町田行彦が本塁打王を獲得した。国鉄退団後の1956年、古谷法夫・初岡栄治と共に日本通運浦和へ入社。野球部の初代監督に就任し、都市対抗2回出場(準優勝1回)、産別対抗3回出場(ベスト4が1回)の成績を残した。1959年退任。藤田宗一 (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • 広田庄司

    広田庄司から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    日本通運を経て1999年のドラフト会議で福岡ダイエーホークスに2位の逆指名で入団。広田庄司 フレッシュアイペディアより)

  • 第28回都市対抗野球大会

    第28回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大会を制したのは東京都・熊谷組。3度目の決勝戦で、初出場ながら快進撃を見せていた浦和市・日本通運を破って7回目の出場で頂点を極めた。5試合全て完封勝利という「完全優勝」ともいうべき内容であった。第28回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 関東孝雄

    関東孝雄から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    仙台育英高では夏の甲子園県予選準決勝に進出するが、仙台工に引き分け再試合の末に敗退。卒業後は日本通運浦和に入社。の都市対抗では電電関東に補強されて出場。順調に勝ち進み、決勝ではエース加藤英美を擁する大昭和北海道と対戦、2試合連続となる本塁打を放ち優勝を飾る。関東孝雄 フレッシュアイペディアより)

  • 大町定夫

    大町定夫から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1978年にはチーム創部17年目の都市対抗初出場を果たし、1回戦で先発するが日本通運に惜敗。この時のチームメートに大町をリリーフした山本和男がいる。1979年の都市対抗では、これも初出場の三菱重工広島の補強選手として出場。1回戦から5連投で3勝を記録、決勝でも先発し熊谷組に9回逆転勝ち、初優勝の原動力となった。最高殊勲選手に与えられる橋戸賞を受賞。同年オフにドラフト外で阪神入団。社会人2年目から、かけだしたサングラス「偏光グラス」がトレードマークだった。大町定夫 フレッシュアイペディアより)

  • アジア都市対抗野球大会

    アジア都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    埼玉県チームは埼玉県の企業チーム(ホンダ、日本通運)の選抜チーム。アジア都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 田中敏弘

    田中敏弘から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1992年の大学卒業後は日本通運に入社し、日本通運浦和(1993年より日本通運)でプレー。内野のレギュラーをつかみ、入社3年目の1994年には日本選手権優勝にも貢献した。ここで9年間プレーし2000年シーズン限りで引退。田中敏弘 フレッシュアイペディアより)

  • JR北海道硬式野球クラブ

    JR北海道硬式野球クラブから見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    列強居並ぶ北海道で苦戦が続いていたが、名門チームが軒並み休廃部する中で北海道ナンバーワンチームの座を射止め、都市対抗野球大会本戦には2005年(平成17年)から2010年(平成22年)までの6年連続を含む通算13回、社会人野球日本選手権大会には通算8回の出場を果たしている。しかし、JR北海道の厳しい経営状況などを受け、現行の体制を維持したまま活動を継続することは困難であるとの方針から、2016年(平成28年)シーズンをもって活動を休止することが発表された。同年10月29日の日本選手権初戦で日本通運に0-1で敗戦し、これが同部として最後の公式戦となった。JR北海道硬式野球クラブ フレッシュアイペディアより)

132件中 21 - 30件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード