132件中 31 - 40件表示
  • 山越吉洋

    山越吉洋から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後は本田技研に進む。チームメートに広瀬哲朗遊撃手がおり、二塁手としての出場が多かった。1985年の社会人野球日本選手権大会では伊東昭光の好投もあって初優勝、この大会の打撃賞、優秀選手賞を受賞した。また同年から都市対抗に2年連続出場(1986年は日本通運の補強選手)。山越吉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    予選では、それまで本戦への出場を何度も阻まれてきたチームが次々と初出場を決めた。石巻市・日本製紙石巻、新潟市・バイタルネット、大和高田市・大和高田クラブ、福岡市・九州三菱自動車の4チームが初出場。初出場チームが4チームを数えるのは41年ぶり。一方で有力チームが予選敗退する波乱も起こり、前回大会の九州第1代表の沖縄電力が1次予選で敗退したのをはじめ、前回大会まで3年以上連続出場していたTDK、富士重工業、鷺宮製作所、セガサミー、JX-ENEOS(新日本石油ENEOSから改称)、パナソニックが2次予選で涙をのんだ。さいたま市・日本通運、京都市・日本新薬は危なげなく出場を決め、連続出場を10年の大台に乗せた。東海地区からは愛知県のチームが5チーム出場し、同一都道府県からの最多出場チーム数を記録した。第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第42回社会人野球日本選手権大会

    第42回社会人野球日本選手権大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    本戦では近年の投高打低の傾向から完封試合が続き、大会中盤では2日連続でノーヒットノーランが達成されたが、その中でも打力を誇るチームが上位進出を果たした。1回戦から僅差のゲームを制した日本通運と、ビッグイニングで一気に試合を決めてきたヤマハが決勝に進出、決勝戦ではエラーから一気に3点を先制したヤマハがそのまま逃げ切り、3度目の決勝進出で初めてダイヤモンド旗を手にした。第42回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第57回都市対抗野球大会

    第57回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    初出場は大阪市・大阪ガスと神戸市・阿部企業の2チーム。大阪ガスは浦和市・日本通運、千葉市・川崎製鉄千葉、浜松市・日本楽器と強豪を次々に撃破して4強入り、阿部企業も川崎市・三菱自動車川崎、郡山市・ヨークベニマルを連破し8強入りして大会を大いに盛り上げた。第57回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 榊親一

    榊親一から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大宮高校では1963年の夏の甲子園に中堅手として出場。1回戦は海星高に勝利したが、2回戦で中京商に敗れた。卒業後の1964年、地元の社会人チームである日本通運浦和へ入社。初岡栄治コーチの指導を受け、外野手から捕手に転向。入部1年目に都市対抗野球で優勝を経験、1967年の産別対抗では優秀選手に選ばれる。田中章、金田留広ら実業団屈指の投手陣をリードした。同期には竹之内雅史(西鉄・太平洋・クラウン、阪神)がいる。榊親一 フレッシュアイペディアより)

  • 古谷法夫

    古谷法夫から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1956年、藤田宗一・初岡栄治と共に日本通運へ入社し硬式野球部に選手として入部。1957年にはコーチ兼任、1958年から1967年まではコーチ専任としてチームを指導。堀本律雄・渋谷誠司・妻島芳郎・田中章・金田留広らプロ野球選手を輩出し、1964年の都市対抗優勝に貢献。1968年から1969年には日本通運名古屋の監督を務めた。古谷法夫 フレッシュアイペディアより)

  • YBC柏

    YBC柏から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    から、チーム名を『YBC柏』に改称した。同年は、主戦ピッチャー田山豊の加入で戦力が大幅にアップし、第85回都市対抗野球大会の南関東2次予選では、敗者復活1回戦で日本通運相手に9回終了時で0-0と互角の試合を展開する活躍を見せた。また、同年の第39回全日本クラブ野球選手権大会に初出場すると、1回戦で千曲川硬式野球クラブ、2回戦で前回大会覇者の和歌山箕島球友会に勝利し、ベスト4入りを果たした。以降は、南関東地区でも企業チームを脅かす実力を有するクラブチームとなっている。YBC柏 フレッシュアイペディアより)

  • 第71回都市対抗野球大会

    第71回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    牧田勝吾(新日鐵君津(日本通運))第71回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第65回都市対抗野球大会

    第65回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    松田訓(川崎製鉄千葉(日本通運))第65回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 渡海昇二

    渡海昇二から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後は慶應大学に進学する。東京六大学野球リーグで優勝はできなかったが、主将として1960年秋季リーグの早慶六連戦で活躍。2年生捕手の大橋勲とともに打線の中軸を担い、同季のベストナイン(外野手)にも選出される。リーグ通算81試合出場、290打数76安打、2本塁打、31打点、打率.262、ベストナイン(外野手)2回。大学同期に一塁手の村木博(日本通運)、二塁手の近藤良輔(日本通運?慶大監督)らがいた。渡海昇二 フレッシュアイペディアより)

132件中 31 - 40件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード