100件中 31 - 40件表示
  • 高橋利信

    高橋利信から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    2年後の、第74回都市対抗野球大会で10度目のチャレンジで東北第1代表として七十七銀行は本戦出場を決める。このときも高橋は不動の4番打者としてチームを引っ張った。結果は、1回戦の日本通運戦で1-3で惜敗。高橋利信 フレッシュアイペディアより)

  • 神長英一

    神長英一から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大学卒業後は、日本通運硬式野球部に入部。1年目に都市対抗大会でベスト4に進出、88年同大会を最後に現役を引退。神長英一 フレッシュアイペディアより)

  • 第38回IBAFワールドカップ日本代表

    第38回IBAFワールドカップ日本代表から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    30 杉本泰彦監督(日本通運元監督;50)第38回IBAFワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤重雄

    近藤重雄から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    第35回都市対抗野球大会では決勝まで進出し、決勝では田中章がいた日本通運に敗れ準優勝だったが大会での活躍ぶりが認められ久慈賞を受賞した。近藤重雄 フレッシュアイペディアより)

  • 高柳出己

    高柳出己から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    。高校卒業後は、明治大学のセレクションを受け合格していたものの、日本通運に入社し、1987年のドラフト1位で近鉄バファローズに入団。1988年10月19日の伝説のダブルヘッダー(10.19)第2戦に先発。翌年1989年の10月12日対西武ライオンズダブルヘッダー第1戦にも先発し、伝説のブライアント3連発(次の試合まで含めると4連発)にも立ち会っている。高柳出己 フレッシュアイペディアより)

  • 第77回全国高等学校野球選手権大会

    第77回全国高等学校野球選手権大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    金剛弘樹(帝京?立正大学?朝日生命?日本通運?中日)第77回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会 (埼玉県勢)

    都市対抗野球大会 (埼玉県勢)から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1957年(第28回大会)に浦和市・日本通運が本大会に出場し、1967年(第38回大会)に大和町・本田技研がこれに続くと、埼玉県からはこの2チームが頻繁に出場を果たしている。両チームとも優勝経験、準優勝経験を有し、2004年以降は2チーム揃っての出場が続いている。都市対抗野球大会 (埼玉県勢) フレッシュアイペディアより)

  • 大田勇治

    大田勇治から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    鹿児島商工(現・樟南高)から八幡大学(現・九州国際大)、日本通運浦和を経て、1990年ドラフト外で日本ハムにテスト入団。1992年現役引退。九州六大学野球最多本塁打の19本の記録を残している。大田勇治 フレッシュアイペディアより)

  • 清水治美

    清水治美から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    埼玉県立川越商業高等学校から社会人野球の日本通運を経て、1983年のドラフト会議で中日ドラゴンズに指名されたが、諸事情により入団は1年遅れて1985年からのプレーとなった。清水治美 フレッシュアイペディアより)

  • 曽田康二

    曽田康二から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大社高校から日本通運浦和に入社。1977年秋にドラフト4位で読売巨人軍に指名されるも、入団を拒否。その後、1981年にドラフト外で中日ドラゴンズへ入団した。曽田康二 フレッシュアイペディアより)

100件中 31 - 40件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード