132件中 41 - 50件表示
  • 九州産交硬式野球部

    九州産交硬式野球部から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    、活動4年目で都市対抗野球に初出場し、1回戦で日本通運を延長の末破り初勝利をあげた。九州産交硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 第9回社会人野球日本選手権大会

    第9回社会人野球日本選手権大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大会を制したのは、創設2年目で快進撃を見せたヤマハ発動機。ベテランの鈴木政明が投手陣の軸となって接戦をものにし勝ち上がり、日本通運との決勝戦もロースコアの接戦を制し、初出場初優勝を果たした。そして、台湾遠征の日本代表チームに選ばれた。しかし、翌年の大会前に休部を発表し、大会に戻ってくることはなかった。第9回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第11回社会人野球日本選手権大会

    第11回社会人野球日本選手権大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1大会6本塁打の大会記録(現在も継続中)の伊藤由紀夫を擁する日本通運が本戦で快進撃を見せたが、決勝では前年優勝の住友金属が貫禄を見せて2連覇を達成。高橋修二は2年連続の最高殊勲選手賞を獲得した。第11回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運ディアーズ

    日本通運ディアーズから見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    日本通運硬式野球部 - 女子バスケットボール部同様現在のさいたま市を本拠地にしている。日本通運ディアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近藤重雄

    近藤重雄から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後は日本コロムビアへ入社。1964年の第35回都市対抗野球大会では決勝まで進出し、日本通運の田中章と投げ合うが惜敗。準優勝に終わったが、大会での活躍ぶりが認められ久慈賞を受賞した。同年10月には東京五輪デモンストレーションゲームとして開催された、社会人野球選抜と米国大学選抜との試合にも登板している。近藤重雄 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回都市対抗野球大会

    第40回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    小野賞 佐藤昭投手(電電関東(日本通運))第40回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 田中章 (野球)

    田中章 (野球)から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後は日本通運に入社。1964年の第35回都市対抗野球大会では2勝をあげ決勝に進出。決勝でも先発し、日本コロムビアの近藤重雄(後にロッテ・オリオンズ投手)と投げ合い2-0で快勝、チームを初優勝に導き橋戸賞を受賞した。同年10月には東京五輪デモンストレーションゲームとして開催された、社会人野球選抜と米国大学選抜との試合に先発として起用されている。1967年、1968年の日本産業対抗野球大会では2年連続して敢闘賞を獲得。1967年には社会人ベストナインに選出される。チームメートに同年齢の竹之内雅史がいた。田中章 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 第21回社会人野球日本選手権大会

    第21回社会人野球日本選手権大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    関東勢同士の決勝は壮絶な打ち合いとなり、終盤の猛追を振り切った日本通運が初優勝を飾った。日産自動車は昨年準優勝の雪辱戦に挑んだがまたも準優勝に終わった。第21回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第84回都市対抗野球大会

    第84回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    予選では、昨年まで12年連続本戦に出場していた日本通運、日本新薬の2チームがいずれも姿を消した。一方、浜松市・ヤマハと狭山市・Hondaの2チームは連続出場を10年の大台に乗せた。近畿地区では兵庫県のチームがすべて予選敗退し、第1回大会から続いていた県勢の連続出場が83回で途絶えた。また、前シーズン途中に部内の不祥事で活動を自粛していた大阪市・大阪ガスは近畿地区最後の出場枠を獲得した。初出場チームはなかった。第84回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行硬式野球部

    七十七銀行硬式野球部から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    、都市対抗野球の東北2次予選を全勝で勝ち上がり、東北第1代表として本戦初出場を決めた。本戦は、1回戦で日本通運に敗れた。七十七銀行硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

132件中 41 - 50件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード