100件中 41 - 50件表示
  • 川崎義文

    川崎義文から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    藤蔭高から日本通運を経て、1993年ドラフト会議で横浜ベイスターズから4位指名されて入団。川崎義文 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回社会人野球日本選手権大会

    第21回社会人野球日本選手権大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    関東勢同士の決勝は壮絶な打ち合いとなり、終盤の猛追を振り切った日本通運が初優勝を飾った。日産自動車は昨年準優勝の雪辱戦に挑んだがまたも準優勝に終わった。第21回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 井本直樹

    井本直樹から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    東海工業高等学校卒業後、社会人野球・日通名古屋に入部。しかしチームが日通浦和に吸収合併されたのを機に、新日鉄名古屋に移籍、2000年の第71回都市対抗野球大会には三菱自動車岡崎の補強選手として出場した。井本直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 勝呂壽統

    勝呂壽統から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    千葉商業高校から日本通運浦和を経て、1986年のドラフト会議で読売ジャイアンツから5位指名を受けた。一時は社会人野球の関係で入団を保留していたが、1987年シーズン終了後に巨人と契約した。勝呂壽統 フレッシュアイペディアより)

  • 小川将俊

    小川将俊から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    浦和学院高等学校では、高校3年時に春夏の甲子園に出場。三浦貴とバッテリーを組んだ。その後、東洋大学へ進学しても同じ三浦とバッテリーを組んだ。大学4年時には正捕手として11季ぶりのリーグ優勝に貢献。卒業後は日本通運硬式野球部へ進む。小川将俊 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋俊春

    高橋俊春から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    滋賀・伊香高から中京大学へ進学。愛知大学リーグでは通算6勝3敗。日通名古屋を経て1981年ドラフト外で広島に入団。1983年12月小林誠二との交換で西武に移籍。1984年現役引退。その後、中日の打撃投手やスコアラーを務め、現在はスポーツDEPO金沢鞍月店に勤務している。高橋俊春 フレッシュアイペディアより)

  • 井出竜也

    井出竜也から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    河口湖南中学から吉田高校に進み、エースとして3年夏に選手権大会に出場。1回戦では小松島西、2回戦では前田智徳を擁する熊本工をそれぞれ完投で破っている。高校卒業後は社会人野球の日本通運に進み、外野手に転向。3年目のには都市対抗の初戦で中堅手としてスタメン出場し、先制本塁打を放っている。井出竜也 フレッシュアイペディアより)

  • 尾形佳紀

    尾形佳紀から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後、ホンダに入社。当時のホンダは都市対抗野球大会に出場できない低迷期にあり、2002年には新日鐵君津、2003年には日本通運の補強選手として都市対抗野球大会に出場した。のドラフト4巡目で広島東洋カープに指名され入団。尾形佳紀 フレッシュアイペディアより)

  • 木村一喜

    木村一喜から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後は日本通運に進み、1997年の都市対抗野球で準優勝。1999年にはシドニーオリンピックアジア予選の野球日本代表候補に選出される。木村一喜 フレッシュアイペディアより)

  • 牧田勝吾

    牧田勝吾から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    静岡県立島田商業高等学校から愛知学院大学を経て日本通運に入社。中心選手として活躍、2000年には社会人ベストナインのタイトルを獲得している。2001年にオリックスからドラフト11巡目で指名されて入団した。牧田勝吾 フレッシュアイペディアより)

100件中 41 - 50件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード