132件中 51 - 60件表示
  • 小川将俊

    小川将俊から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    浦和学院高等学校では、高校3年時に春夏の甲子園に出場。三浦貴とバッテリーを組んだ。その後、東洋大学へ進学しても同じ三浦とバッテリーを組んだ。大学4年時には正捕手として11季ぶりのリーグ優勝に貢献。卒業後は日本通運硬式野球部へ進む。小川将俊 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎義文

    川崎義文から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    藤蔭高から日本通運を経て、1993年度ドラフト会議にて横浜ベイスターズから4位指名を受けて入団。川崎義文 フレッシュアイペディアより)

  • 牧田勝吾

    牧田勝吾から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大学卒業後は、社会人野球の日本通運名古屋に入団するが、野球部が統合され日本通運へ移籍。中心選手として活躍、2000年には社会人ベストナインのタイトルを獲得している。2001年のドラフト会議でオリックスから11巡目で指名されて入団した。牧田勝吾 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本正 (野球)

    杉本正 (野球)から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    御殿場西高校では県内有数の左腕投手として知られたが、甲子園には出場できなかった。夏の甲子園県予選3回戦で袋井高を相手にノーヒットノーランを記録している。卒業後は地元の大昭和製紙へ入社。の都市対抗では、後にプロで同僚となる大石友好(河合楽器から補強)とバッテリーを組み、1回戦の引き分け再試合で日本通運を完封。準々決勝でも先発し、日産自動車の名取和彦と投げ合うが惜敗。翌の都市対抗では準々決勝で日本鋼管を完封、準決勝に進出し兄弟チームの大昭和製紙北海道との対戦を実現する。この試合では日本代表のエース竹本由紀夫(新日本製鐵室蘭から補強)と投げ合い3-2で競り勝った。決勝でも札幌トヨペットに大勝、この大会で4勝をあげチームの優勝に貢献、最優秀選手の橋戸賞を受賞している。この時のチームメートに上川誠二、佐々木正行らがいた。杉本正 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1957年の野球

    1957年の野球から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    8月4日 第28回都市対抗野球大会で熊谷組が日本通運を4対0で破り、初優勝。この大会の1回戦では日鉄二瀬の村上峻介が対鐘化カネカロン戦において大会史上初の完全試合を達成している、スコアは1対0。1957年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 市村則紀

    市村則紀から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大学卒業後は、社会人野球の電電関東に入団。先発型の好投手が多く出場機会に恵まれなかったが、リリーフとして徐々に活躍。1981年の都市対抗ではエース田中幸雄をリリーフして好投、チームの準々決勝進出に貢献する。1982年も日本通運の補強選手として都市対抗に連続出場した。市村則紀 フレッシュアイペディアより)

  • 日野善朗

    日野善朗から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    津久見高校では1979年夏の甲子園県予選で準決勝に進むが別府商に敗退。卒業後は社会人野球の新日本製鐵大分に進む。1984年の都市対抗に出場。日本通運との1回戦で適時打を放つなど活躍。準々決勝に進出し、この大会に優勝した日産自動車と対戦、2点適時打を放つが惜敗した。チームメートに福良淳一(大分鉄道管理局から補強)、山下和彦がいた。日野善朗 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の野球

    2016年の野球から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    決勝:ヤマハ(東海第1)3?2日本通運(JABA北海道大会優勝)(初優勝)。2016年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 山本和男

    山本和男から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    柳井学園高から、社会人野球の新日本製鐵光に入団。大町定夫、児玉克雅ら先発陣を救援投手として支える。1978年にはチーム創部17年目の都市対抗初出場を果たす。1回戦で大町をリリーフして登板するが日本通運に惜敗。1980年の都市対抗でも、2回戦で大昭和製紙を相手に好投するが敗退。山本和男 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日生命硬式野球部

    朝日生命硬式野球部から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    金剛弘樹(投手) - 廃部に伴い日本通運に移籍し、ドラフト9位で中日ドラゴンズに入団朝日生命硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

132件中 51 - 60件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード