100件中 51 - 60件表示
  • 武田久

    武田久から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    社会人時代は日本通運に所属し、配送業務を担当していた。2001年の第72回都市対抗野球大会で2勝を挙げて若獅子賞を受賞した。準々決勝・JT戦では史上6人目の毎回奪三振を達成した。2002年秋のプロ野球ドラフト会議において日本ハムファイターズから4巡目に指名され入団。背番号は43に内定していたが、入団が予定されていたエンジェル・エチェバリアに譲るため54に変更された。武田久 フレッシュアイペディアより)

  • 第35回都市対抗野球大会

    第35回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    引き分け再試合が2回戦で2試合発生し、全34試合が行われた過去最大級の大会を制したのは浦和市・日本通運。決勝では古豪の川崎市・日本コロムビアとの投手戦を継投でしのいで初優勝を果たした。第35回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第65回都市対抗野球大会

    第65回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    松田訓(川崎製鉄千葉(日本通運))第65回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第83回都市対抗野球大会

    第83回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    南関東第2 さいたま市・日本通運(12年連続39回目)第83回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第36回都市対抗野球大会

    第36回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    前回大会の王者・日本通運は開幕試合に登場したが、三菱重工神戸に0?1で敗れる波乱の幕開け。第36回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回都市対抗野球大会

    第40回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    小野賞 佐藤昭投手(電電関東(日本通運))第40回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第57回都市対抗野球大会

    第57回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    初出場は大阪市・大阪ガスと神戸市・阿部企業の2チーム。大阪ガスは浦和市・日本通運、千葉市・川崎製鉄千葉、浜松市・日本楽器と強豪を次々に撃破して4強入り、阿部企業も川崎市・三菱自動車川崎、郡山市・ヨークベニマルを連破し8強入りして大会を大いに盛り上げた。第57回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第69回都市対抗野球大会

    第69回都市対抗野球大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    乙幡昌夫(川崎製鉄千葉(日本通運))第69回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 金田留広

    金田留広から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    愛知高校を卒業後、愛知学院大学に進学するも中退。その後、社会人・日通浦和を経て、1969年にドラフト4位で東映フライヤーズに入団した。フライヤーズでは、兄・正一と同じ背番号34を着けた。入団1年目から直球とカーブを武器に18勝を挙げ、同年東京球場で開催されたオールスターゲームではパ・リーグの投手としてマウンドに上った留広がセ・リーグのメンバーとして打席に立った兄・正一と対戦するというオールスターならではの夢の対決が実現し、この勝負の結果は正一をセカンドフライに打ち取っている。翌1970年には1勝差で最多勝を逃したものの24勝をマーク。1972年9月22日南海戦で満塁本塁打を放つ。2011年現在パリーグ投手の満塁本塁打はこれ以降出ていない。同年20勝をマークし最多勝のタイトルを獲得した。金田留広 フレッシュアイペディアより)

  • 川井雄太

    川井雄太から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    上田西高等学校では甲子園出場を果たせず、進学した大東文化大学でも2年生で首都大学リーグ2部に降格するなど、全国大会で登板する機会を得られなかった。大学卒業後は日本通運へ入社し、変則左腕として都市対抗野球などで台頭、その活躍が即戦力と評価され、2004年のドラフト会議において中日ドラゴンズから4巡目で指名され、入団。背番号は17。川井雄太 フレッシュアイペディアより)

100件中 51 - 60件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード