100件中 61 - 70件表示
  • 小石博孝

    小石博孝から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    その後、東都大学野球連盟に加盟する立正大学に進学。野球部では1年次の秋からリーグ戦に登板し、4年次のには主戦投手として3勝を挙げ、同級生の菅井聡(現日本通運)・当時3年の南昌輝らと共に同校野球部の創部61年目、加盟51年目での初優勝に貢献。同年の第40回明治神宮野球大会でも先発で2勝を挙げ優勝に貢献した。小石博孝 フレッシュアイペディアより)

  • 古谷拓哉

    古谷拓哉から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後日本通運を経て、2005年オフの大学・社会人ドラフト5巡目で千葉ロッテマリーンズに入団。古谷拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 竹之内雅史

    竹之内雅史から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    鎌倉学園高校で1962年に選抜大会に出場。日本通運浦和に進み、1964年の第35回都市対抗野球大会に出場、本塁打を放ち優勝に貢献する。その後も1967年まで都市対抗に連続出場。竹之内雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 第80回全国高等学校野球選手権大会

    第80回全国高等学校野球選手権大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    古谷拓哉(駒大岩見沢?駒澤大学?日本通運?ロッテ)第80回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛弘樹

    金剛弘樹から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大学卒業後の2001年、朝日生命に入社。都市対抗野球にも出場したが、その年限りで同社の野球部が廃部となり、日本通運に移籍。後に中日に同期入団する川井進とともに左右の2枚看板として活躍した。金剛弘樹 フレッシュアイペディアより)

  • 第75回全国高等学校野球選手権大会

    第75回全国高等学校野球選手権大会から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    広田庄司(海星?立正大学?日本通運?ダイエー)第75回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 西部ガス

    西部ガスから見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    2012年4月に硬式野球部(西部ガス硬式野球部)を設立。監督には杉本泰彦(元日通監督)、またコーチには香田誉士史(元駒澤大学附属苫小牧高等学校監督)を迎えた。西部ガス フレッシュアイペディアより)

  • 関口伊織

    関口伊織から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    熊谷市で鉄工所の経営者の長男として生まれる。富士見中学ではエースとして県大会で3位になり、誘いを受けて大宮工業に進学した。3年の夏の県大会ではベスト16で敗れたが、速球を評価され巨人や西武から獲得の打診もあったという。しかし、高校野球部の監督の勧めもあって東洋大学へ進学した。野球部では1学年下で1年春のリーグ戦でMVPを獲得した銭場一浩の存在などもあってすぐに起用は増えなかったが、3年秋にはリーグ戦で完封勝利を挙げている。4年春には先発の柱となり、大学では通算9勝8敗の成績を残した。大学卒業後、日本通運に入社。同期には大塚晶文がいた。関口伊織 フレッシュアイペディアより)

  • 堀本律雄

    堀本律雄から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    大阪府出身。桃山学院高校から立教大学、社会人の日通浦和を経てに巨人に入団。サイドからの小気味よい投法で、その年29勝をあげ見事に新人王、最多勝、沢村賞のタイトルを独占した。オールスターゲームにも2度出場している。に大毎へ移籍し、限りで現役を引退した。堀本律雄 フレッシュアイペディアより)

  • 村上之宏

    村上之宏から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    高根沢商高卒業後、社会人野球の日本通運浦和に入団。1976年のドラフト会議で南海ホークスに4位指名されるが会社の慰留もあったために入団した。村上之宏 フレッシュアイペディアより)

100件中 61 - 70件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード