132件中 61 - 70件表示
  • 阿南徹

    阿南徹から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    に社会人野球の日本通運に入団。には、比嘉幹貴らと共に第38回IBAFワールドカップ日本代表に選出された。阿南徹 フレッシュアイペディアより)

  • 益田尚哉

    益田尚哉から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    國學院栃木高から國學院大學、社会人野球の日本通運を経て、1988年オフにドラフト外で広島東洋カープへ入団。益田尚哉 フレッシュアイペディアより)

  • 攝津正

    攝津正から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    都市対抗野球初登板となった1回戦の日本通運戦では8回二死まで投げて2失点と好投し東京ドーム初勝利を挙げている。社会人7年目を迎えた春先から好調を維持し、都市対抗東北二次予選で4試合に登板し防御率0.89を記録した。同年9月には第37回IBAFワールドカップ台湾大会の日本代表候補選手選考合宿が行われJR東北が練習相手を務め攝津が登板し3回無安打無失点と抑える。このピッチングが高く評価され、候補選手ではなかったが急遽第37回IBAFワールドカップ日本代表に選出され、予選リーグの第1戦の南アフリカ戦に先発し8回まで7者連続を含む17奪三振を記録し勝ち投手に、第4戦のパナマ戦、準々決勝のオーストラリア戦、3位決定戦のオランダ戦にも先発で登板し4戦全勝、28回2/3を投げて自責点1(防御率0.31)、奪三振36という好成績で銅メダル獲得に貢献。同大会優秀投手(右投手部門)に選出された。攝津正 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口裕之

    坂口裕之から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    1993年の都市対抗では決勝戦の対日本通運戦で延長11回に盗塁を決めて決勝点となる得点を挙げ、自身初となる同大会優勝を果たした。翌年に都市対抗は本大会一回戦、日本選手権は予選でそれぞれ敗退し、同年で現役を引退した。に日本石油の監督に就任するが、前年のドラフト会議では川村丈夫、小野仁、高橋憲幸の投手3名と捕手の大久保秀昭が一斉にプロ入りしており、同年から2年間は都市対抗の予選で敗退している。1999年の都市対抗でベスト8まで進み、に都市対抗出場を果たすと同年で監督を引退した。坂口裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 井本直樹

    井本直樹から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    高校卒業後、社会人野球の日本通運名古屋に入部したが、チームが浦和市の日本通運に吸収合併されたのを機に、から新日本製鐵名古屋に移籍。の第71回都市対抗野球大会には三菱自動車岡崎の補強選手として出場した。9月の日本選手権東海地区予選では3試合すべてに完投して、2完封を記録している。井本直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の野球

    2008年の野球から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    優勝:日本通運(2年連続4回目)2008年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 国際武道大学野球部

    国際武道大学野球部から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    友永翔太(外野手、日本通運 - 中日)※現役国際武道大学野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 雄太

    雄太から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    上田西高等学校では甲子園出場を果たせず、進学した大東文化大学でも2年生で首都大学リーグ2部に降格するなど、全国大会で登板する機会を得られなかった。大学卒業後は日本通運へ入社し、変則左腕として都市対抗野球などで台頭、その活躍が即戦力と評価され、2004年のドラフト会議において中日ドラゴンズから4巡目で指名され、入団。背番号は17。雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 長南恒夫

    長南恒夫から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    安房水産高校ではエースとして1957年夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、佐原一高の城之内邦雄に抑えられ敗退。卒業後は社会人野球の永幸工場に進む。1961年の都市対抗に日本通運の補強選手として出場。長南恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の野球

    2017年の野球から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    決勝:NTT東日本硬式野球部(東京都)10?4日本通運(さいたま市)(36年ぶり2回目)。2017年の野球 フレッシュアイペディアより)

132件中 61 - 70件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード