132件中 71 - 80件表示
  • 漆原進

    漆原進から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    戦後、野崎進一郎と改名し、社会人野球の神戸クラブに所属。の第21回都市対抗野球大会に二塁手として出場した(初戦で日本通運四国に2-3で惜敗)。その後、徳島県立鳴門高等学校の監督に就任し、の春の甲子園ではチームをベスト8に導く活躍を見せた。教え子に八田正(のち大映などでプレー)がいる。漆原進 フレッシュアイペディアより)

  • 木村一喜

    木村一喜から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    その後、日本通運浦和に入社して、都市対抗野球にも出場した。1999年にはシドニーオリンピックアジア最終予選の野球日本代表候補に選ばれる。木村一喜 フレッシュアイペディアより)

  • 西部ガス硬式野球部

    西部ガス硬式野球部から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    に西部ガスが硬式野球部発足を発表し、初代監督には日本通運で9年間監督を務め、日本代表の監督経験もある杉本泰彦を、コーチには駒大苫小牧高で夏の甲子園2連覇を果たした香田誉士史を招聘した。選手は主に九州出身者の学卒者を集め、他チームからの移籍や元プロ野球選手によるチーム構成とはなっていない。西部ガス硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 井出竜也

    井出竜也から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    河口湖南中学から吉田高校に進み、エースとして3年夏に選手権大会に出場。1回戦では小松島西、2回戦では前田智徳を擁する熊本工をそれぞれ完投で破っている。高校卒業後は社会人野球の日本通運に進み、外野手に転向。3年目のには都市対抗の初戦で中堅手としてスタメン出場し、先制本塁打を放っている。井出竜也 フレッシュアイペディアより)

  • 妻島芳郎

    妻島芳郎から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後は日本通運浦和に入社。1958年の都市対抗に出場。1回戦でエース堀本律雄を好リリーフ、優勝候補の日本生命を降す。1961年の都市対抗では2回戦(初戦)に先発で起用されるが、電電九州に敗退。この時のチームメートに渋谷誠司がいた。妻島芳郎 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後は駒澤大学へ進学し同期生に本間満、東都大学野球連盟の記録(当時)となる3度の最高殊勲選手に輝くなど、エースとして活躍した。リーグ通算53試合に登板し23勝10敗、防御率1.66、258奪三振。最優秀投手に2度、ベストナインに2度選ばれた。また2年次の第21回日米大学野球から3年連続で日本代表に選出され、全日本大学野球選手権大会を制した4年次には全日本アマチュア野球王座決定戦で社会人王者の日本通運を破って最高殊勲選手に選ばれ、日米大学野球でも最優秀投手となった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 勝呂壽統

    勝呂壽統から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    千葉商業高校から日本通運浦和に進む。日通は都市対抗の常連チームであり、1986年の大会では、山越吉洋(本田技研から補強)と二遊間を組み活躍。1986年のドラフト会議で読売ジャイアンツから5位指名を受けた。一時は入団を保留していたが、1987年の都市対抗に出場し、シーズン後に巨人と契約した。勝呂壽統 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋薫

    高橋薫から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    卒業後は日本通運に進む。サウスポーから繰り出される140km/h代後半の速球と大きなカーブを武器に活躍。の都市対抗では順調に勝ち進み、決勝で日本生命を相手に先発として起用される。日本生命のエース杉浦正則との投げ合いになるが、初回に福留孝介に先制二塁打を浴びるなど打ち込まれ敗戦、準優勝にとどまった。その後は左ひじに不安があったが、シドニー五輪の予選を兼ねたの第20回アジア野球選手権大会日本代表に選出される。決勝リーグ最終戦の対韓国戦では先発の小池秀郎をリリーフして登板するが、1回を投げて3失点で敗戦投手となった。高橋薫 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    3歳下の実弟・歩己も啓二朗に続いて千葉経大付高校へ進学すると、2007年の第79回選抜高等学校野球大会に出場。当時のチームメイトに丸佳浩がいた。卒業後は啓二朗と同じく早稲田大学を経て日本通運に所属している。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 三橋豊夫

    三橋豊夫から見た日本通運硬式野球部日本通運硬式野球部

    鴻巣高校から日本通運を経て、1970年ドラフト会議でヤクルトアトムズから2位指名を受け入団。三橋豊夫 フレッシュアイペディアより)

132件中 71 - 80件表示

「日本通運野球部」のニューストピックワード