540件中 21 - 30件表示
  • 江差町

    江差町から見た日本通運日本通運

    日本通運:函館支店自動車営業課(函館市)江差町 フレッシュアイペディアより)

  • 専用鉄道

    専用鉄道から見た日本通運日本通運

    専用鉄道や専用線は、規模の大きな工場や炭鉱・鉱山、港湾地区の倉庫などと最寄駅を結ぶものが多かった。鉄道貨物輸送の全盛期であった1960年代 - 1970年代までは、京浜や阪神などの工場地帯や港湾地区を中心に多数存在していたが、1984年以降、貨物列車のコンテナ化によるシステムチェンジにより、ほとんどの路線が廃止された。なお、運行や管理は、設置者から日本通運などの運輸企業に委託されていた。専用鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 敦賀短期大学

    敦賀短期大学から見た日本通運日本通運

    全日空ホテルズ・京都センチュリーホテル・伊藤園ホテルグループ・福井テレビジョン放送・コニックス・ヤマト運輸・近畿日本ツーリスト・黒部峡谷鉄道・東京モノレール・日本通運・伊藤忠商事・江守商事・かちどき薬品・グロリアガス北陸販売・リコー・富山トヨペット・日産プリンス福井販売・日本商事・パロマ・コクヨ・福井トヨタ自動車・ヤナセ・吉忠・石川銀行・コスモ証券・第四銀行・越前信用金庫・富山第一銀行・長浜信用金庫・野村證券・びわこ銀行・福井信用金庫・富士火災海上保険・北國銀行・大倉建設・熊谷組・清水建設・セキスイハイム・三菱地所・アイシン・エィ・ダブリュ・ウラセ・永大産業・クラシエホールディングス・倉敷紡績・栗田工業・三協アルミニウム工業・新日軽・タカラスタンダード・敦賀セメント・東洋紡績・ブルボン・松下電器産業・ヤマハ発動機・YKK・関西電力・中部電力・日本原子力発電・越前たけふ農業協同組合・敦賀市農業協同組合・三方五湖農業協同組合・若狭美浜町農業協同組合など一般企業ほか、大野市役所・村上市役所・峰山町役場等官公庁への就職者もみられる。敦賀短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 秋葉原

    秋葉原から見た日本通運日本通運

    2003年7月22日 : 日本通運本社が秋葉原から汐留へ移転。秋葉原 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市交通局

    北九州市交通局から見た日本通運日本通運

    1936年に若松市営軌道として若松市内で開業。その後、北九州市発足とともに北九州市営軌道となった。電化された路面の軌道であるが、一般の路面電車とは異なり、貨物専業で旅客営業は行わなかった。電気機関車で国鉄の貨車を牽引し、若松駅と港湾部の間で貨物輸送を行ってきたが、道路上を走行するため騒音・振動が激しいことや商店街の中を通過することから沿線住民とのトラブルが絶えなかった。主力の石炭輸送量の減少に伴って経営が悪化し、1968年から1971年まで運営業務を日本通運に委託。1971年からは事業の所管が交通局から経済局に移管されている。その後も経営状況は改善されず1975年に廃止された。北九州市交通局 フレッシュアイペディアより)

  • 国沢新兵衛

    国沢新兵衛から見た日本通運日本通運

    国沢 新兵衛(くにさわ しんべえ、旧字体:國澤 新兵衞、元治元年11月23日(1864年12月21日) - 昭和28年(1953年)11月28日)は、日本の鉄道官僚、実業家、政治家。工学博士(大正4年(1915年))。満鉄理事長、衆議院議員、日本通運初代社長。国沢新兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 日通旅行

    日通旅行から見た日本通運日本通運

    日通旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 菅家陳彦

    菅家陳彦から見た日本通運日本通運

    記録映画『黄色い車』(1958年、日本通運)監督菅家陳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 日通自動車学校

    日通自動車学校から見た日本通運日本通運

    株式会社日通自動車学校(にっつうじどうしゃがっこう)は、自動車教習所を運営する日本通運グループの企業。東京都杉並区に杉並校、山形県新庄市に山形校の2校の教習所を有する。日通自動車学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運株式会社法

    日本通運株式会社法から見た日本通運日本通運

    日本通運株式会社法 フレッシュアイペディアより)

540件中 21 - 30件表示

「日本通運」のニューストピックワード