540件中 71 - 80件表示
  • 平沢隆好

    平沢隆好から見た日本通運日本通運

    愛知県立津島高等学校から日通名古屋を経て1975年ドラフト5位で南海ホークスに入団。1983年自由契約となり現役引退後は打撃投手としてチームに残り1992年退団。その後関東の浄水器販売会社に勤務した。退社後の消息は不明。スライダー、シュートが武器。平沢隆好 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷誠司

    渋谷誠司から見た日本通運日本通運

    弘前商業高等学校(現:青森県立弘前実業高等学校)卒業後、日本通運(日通)の弘前支社に入社。同支社の軟式野球チームに所属。全国大会で活躍したことにより日通の野球関係者に注目され、社長命令で浦和支社へ異動。当時の日本通運浦和硬式野球部に移る。投手育成に実績のあった当時の稲葉監督に「金田正一のような投手になる」と言われ、当時日通が出資していたプロ野球チーム・国鉄スワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)も育ちあがった上での入団を見据えていたが、噂を聞いた東映フライヤーズのスカウトが駆け付けたことにより、日通社長の特別許可をもらう形で1962年に国鉄へ入団。渋谷誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 妻島芳郎

    妻島芳郎から見た日本通運日本通運

    日大二高から日本通運を経て、1962年に大毎オリオンズに入団し、翌年に初勝利を記録。1964年に56試合に登板し、勝利数はわずか6勝、奪三振93と少なかったが、防御率は2.15でパリーグの最優秀防御率のタイトルを獲得した。翌年は初の二桁となる10勝を記録。その後は成績不振もあり、1970年に引退した。妻島芳郎 フレッシュアイペディアより)

  • とくしまマラソン

    とくしまマラソンから見た日本通運日本通運

    協賛:JAL、ササクラスポーツ、JR四国、日本通運、四国銀行、IL RO'SA(株式会社昌栄)、そごう徳島店(そごう・西武)、阿波銀行、株式会社キョーエイ、AXAS Co./アレックススポーツ、渦の道、(徳島空港(徳島空港ビル株式会社)、Novilとくしまマラソン フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆富士見ランド

    伊豆富士見ランドから見た日本通運日本通運

    来園者の減少に伴い、1999年(平成11年)に閉鎖され、跡地は翌年より日本通運の伊豆研修センターとして使われている。伊豆富士見ランド フレッシュアイペディアより)

  • 鵜殿駅

    鵜殿駅から見た日本通運日本通運

    駅から、駅南方にある北越紀州製紙紀州工場へ続く専用線が分岐している。総延長は約3kmで、全線非電化である。線内の入換作業は日本通運の小型ディーゼル機関車が担当している。鵜殿駅 フレッシュアイペディアより)

  • オフレールステーション

    オフレールステーションから見た日本通運日本通運

    なお、国鉄時代にも自動車専用の貨物駅は存在していた。当時は自動車局の事業であり、バス路線に沿ってトラックを運行しており、国鉄で運行している場合もあれば日本通運に委託しているケースもあった。その中でも長野県の北山線(茅野駅 - 泉野・糸萱・蓼科)は自動車貨物線として、4箇所(信濃玉川、信濃山寺、蓼科、泉野)の貨物専用自動車駅が存在しており、特に信濃玉川は駅名表記こそ消されたものの、現在でも建物が残っている。オフレールステーション フレッシュアイペディアより)

  • 高松高等商業学校

    高松高等商業学校から見た日本通運日本通運

    沢村貴義〔8回卒〕- 日本通運社長、会長。高松高等商業学校 フレッシュアイペディアより)

  • 浜網走駅

    浜網走駅から見た日本通運日本通運

    網走川側の国道と天都山側の市道に挟まれた場所に位置し、駅事務所などは市道側に置かれた。現在も北見通運(かつては日本通運であったが網走港付近に移転)の事務所があり、鉄道コンテナが積まれトラック輸送の拠点となっている。駅跡地はそのまま放置されていたが、後に売却され1996年(平成8年)に斎場が開業している。浜網走駅 フレッシュアイペディアより)

  • 田中敏弘

    田中敏弘から見た日本通運日本通運

    1992年の大学卒業後は日本通運に入社し、日本通運浦和(1993年より日本通運)でプレー。内野のレギュラーをつかみ、入社3年目の1994年には日本選手権優勝にも貢献した。ここで9年間プレーし2000年シーズン限りで引退。田中敏弘 フレッシュアイペディアより)

540件中 71 - 80件表示

「日本通運」のニューストピックワード