174件中 11 - 20件表示
  • 日本通運

    日本通運から見たサカイ引越センター

    一方、一般個人向けには「引越しは日通」のキャッチコピーを使ったコマーシャルを行っているが、「宅配便」事業で培った消費者への高い認知度を武器に引越し輸送事業へ注力するヤマト運輸や引越し輸送専門業者(アートコーポレーション、サカイ引越センター、引越社等)の台頭もあり、激しい競争を繰り広げている。引越し輸送業務は、家財の輸送サービス以外にも顧客への引越し(転居)に伴う周辺サービス(各種諸手続きの代行、ゴミなどの処分など)やアフターサービス提供など引越し輸送専門業者の視点から提供されるきめ細かいサービス、低価格料金を強みとするものも多く、その事が消費者の支持を拡大させている一因でもあり輸送サービス以外でいかに付加価値の付いたサービスを提供していくかが今後の課題と言える。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た東京地下鉄

    濱中昭一郎 - 前代表取締役会長。現・東京地下鉄(東京メトロ)代表取締役会長日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たYahoo! JAPAN

    また、かつては宅配便サービスの「ペリカン便」でも知られており(コンビニエンスストアでは、日通時代は「am/pm」、「デイリーヤマザキ」、「アンスリー」などで取扱いをしていた。JPエクスプレス (JPEX) 移行後、一部は、併売していたゆうパックに一本化したコンビニチェーンもあったため、現状は不明。インターネットポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を通じてネットによる集荷受付も実施)、業務車両にもペリカンが描かれていたが(JPEX譲受直後の時点では、社名やフリーダイヤル番号を新たなものにシールでマスクしただけで、JPEX塗装に塗り替えていない車両も相当数残っている)、2008年6月に郵便事業(JP 日本郵便)と宅配事業を統合し、新会社“JPエクスプレス”をJP主導で設立することになり、また宅配事業ブランドも旧郵政省(官営時代の“郵便局”)時代から続いている「ゆうパック」に、いったんは決定していたが、システム移行に手間取ることから、2009年4月より、JPエクスプレス宅配便・「ペリカン便」として、JPエクスプレスの暫定ブランドとなった(このため、日通での宅配便事業は、日通航空扱いのスーパーペリカン便など、ごく一部に限定されることになった)。2009年10月からは、新ブランドによる「JPエクスプレス宅配便」(ブランド名は未定)が開始される予定となっていたが、現時点では先送りされている。これに伴い、一部の拠点の再編を行い、2009年10月からは、直轄拠点のない地域の集配を郵便事業が受託することになり、該当地域の担当店として、郵便事業の統括支店(一部の県では、JPEXの統括支店)にJPEXの「○○広域支店」が併設された。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た日本興亜損害保険

    日本興亜損害保険 - 興亜火災時代からの主要株主で繋がりが深い。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たAmazon.co.jp

    Amazon\.co\.jpの宅配サービスを、宅配便事業の活性化とペリカン便ブランドの浸透を目的とし、2000年のサイトオープンより請け負っていた(その後、JPEXのペリカン便、郵便事業のゆうパックに引き継がれた。)このほかに、現在では、日通・ヤマト運輸・佐川急便等のアライアンスで、商品や発送方法の指定などにより、Amazon側で使い分けられる。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た日本貨物航空

    なお、航空輸送分野において自社名義の航空機はないものの航空貨物の輸送力増強のため、貨物専用航空機運行会社の日本貨物航空、ANA&JPエクスプレスに出資するなど航空会社との積極的な提携を行っている。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たキヤノン

    ヤマト運輸と日本通運を比較し、「一般消費者向け物流に強いのがヤマト運輸」・「企業間物流や国際輸送に強いのが日本通運」であると分析する識者も多い。しかしながら、主要な荷主(キヤノン、エプソン等)の相次ぐ撤退が続きこの分野においても、川下物流の弱さのためか、苦戦を強いられている。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た上組

    上海スーパーエクスプレス株式会社 ‐ 商船三井、上組も出資している。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たエプソン

    ヤマト運輸と日本通運を比較し、「一般消費者向け物流に強いのがヤマト運輸」・「企業間物流や国際輸送に強いのが日本通運」であると分析する識者も多い。しかしながら、主要な荷主(キヤノン、エプソン等)の相次ぐ撤退が続きこの分野においても、川下物流の弱さのためか、苦戦を強いられている。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た近鉄エクスプレス

    世界各地に自社の輸送ネットワークを構築しているため「日通で貨物を運べない国や地域はない」とも言われることがあり、国際航空貨物取扱で2位の近鉄エクスプレスを大きく引き離している。日本通運 フレッシュアイペディアより)

174件中 11 - 20件表示

「日本通運」のニューストピックワード