174件中 41 - 50件表示
  • 日本通運

    日本通運から見たワールド・ベースボール・クラシック

    大塚晶文 - 野球部出身。元メジャーリーガー。近鉄→中日→サンディエゴ→テキサス(2006年WBCにも出場)日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た米子空港

    同社と日本航空の合併により現在では受託空港数が減っているが、北海道地区の旭川、釧路、帯広、東北地区の花巻、関西地区の南紀白浜などの空港においては今でも日本通運が地上業務を行なっている。山陰の米子空港でも受託していたが、旧日本エアシステムの米子撤退とともに契約解消となった。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た旅行業者

    日本通運株式会社(にっぽんつううん、Nippon Express Co., Ltd.)は、大手物流業者および旅行業者である。総合物流国内最大手で、業界唯一の災害対策基本法における指定公共機関。通称は「日通」「NIPPON EXPRESS」など。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た山形空港

    仙台・秋田・稚内地区での総代理店を受託、函館地区では関連会社函館エアサービスで受託している。また、札幌丘珠空港の空港業務も受託、以前山形空港に全日空が就航していた当時は山形地区総代理店も日本通運であった。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た通信販売

    元来、通運業者として企業向け貨物の大口輸送を得意としそれに付随して保管や荷役を請け負うと言った形で業務を展開して来た事もあり、こうした分野で日通は圧倒的な強さを発揮し、国際的に業務を展開する日本企業や、日本に進出している外資系企業を中心に物流業務を全面的に請け負う事で、コスト削減や物流拠点の集約化によるリストラを成功させている例も数多く、長い歴史を持った大手製造業から、近年躍進の著しい新興インターネット通販業者に至るまで、顧客としている業種は幅広い。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た東京ディズニーシー

    日本通運は東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの参加企業(オフィシャルスポンサー)として有名である。また、「ディズニー・オン・アイス」の協力企業としても名を連ねている。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た汐留

    2003年(平成15年)7月22日 - 本社を東京都千代田区外神田(秋葉原)から、港区東新橋一丁目(汐留)シオサイトに移転。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た東京ディズニーランド

    日本通運は東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの参加企業(オフィシャルスポンサー)として有名である。また、「ディズニー・オン・アイス」の協力企業としても名を連ねている。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た西武ライオンズ

    辻発彦 - 野球部出身。西武→ヤクルト→野球解説者→中日ドラゴンズ二軍監督日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た郵便局

    また、かつては宅配便サービスの「ペリカン便」でも知られており(コンビニエンスストアでは、日通時代は「am/pm」、「デイリーヤマザキ」、「アンスリー」などで取扱いをしていた。JPエクスプレス (JPEX) 移行後、一部は、併売していたゆうパックに一本化したコンビニチェーンもあったため、現状は不明。インターネットポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を通じてネットによる集荷受付も実施)、業務車両にもペリカンが描かれていたが(JPEX譲受直後の時点では、社名やフリーダイヤル番号を新たなものにシールでマスクしただけで、JPEX塗装に塗り替えていない車両も相当数残っている)、2008年6月に郵便事業(JP 日本郵便)と宅配事業を統合し、新会社“JPエクスプレス”をJP主導で設立することになり、また宅配事業ブランドも旧郵政省(官営時代の“郵便局”)時代から続いている「ゆうパック」に、いったんは決定していたが、システム移行に手間取ることから、2009年4月より、JPエクスプレス宅配便・「ペリカン便」として、JPエクスプレスの暫定ブランドとなった(このため、日通での宅配便事業は、日通航空扱いのスーパーペリカン便など、ごく一部に限定されることになった)。2009年10月からは、新ブランドによる「JPエクスプレス宅配便」(ブランド名は未定)が開始される予定となっていたが、現時点では先送りされている。これに伴い、一部の拠点の再編を行い、2009年10月からは、直轄拠点のない地域の集配を郵便事業が受託することになり、該当地域の担当店として、郵便事業の統括支店(一部の県では、JPEXの統括支店)にJPEXの「○○広域支店」が併設された。日本通運 フレッシュアイペディアより)

174件中 41 - 50件表示

「日本通運」のニューストピックワード