174件中 51 - 60件表示
  • 日本通運

    日本通運から見たサンディエゴ・パドレス

    大塚晶文 - 野球部出身。元メジャーリーガー。近鉄→中日→サンディエゴ→テキサス(2006年WBCにも出場)日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た工場

    港湾、空港、鉄道貨物取扱駅、工場・倉庫内において貨物の積み込み・積み下ろし(荷役と呼ばれる)、梱包作業を行う業務。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た天才!志村どうぶつ園

    天才!志村どうぶつ園(日本テレビ系)日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たテキサス・レンジャーズ

    大塚晶文 - 野球部出身。元メジャーリーガー。近鉄→中日→サンディエゴ→テキサス(2006年WBCにも出場)日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た南紀白浜空港

    同社と日本航空の合併により現在では受託空港数が減っているが、北海道地区の旭川、釧路、帯広、東北地区の花巻、関西地区の南紀白浜などの空港においては今でも日本通運が地上業務を行なっている。山陰の米子空港でも受託していたが、旧日本エアシステムの米子撤退とともに契約解消となった。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た日通航空

    また、かつては宅配便サービスの「ペリカン便」でも知られており(コンビニエンスストアでは、日通時代は「am/pm」、「デイリーヤマザキ」、「アンスリー」などで取扱いをしていた。JPエクスプレス (JPEX) 移行後、一部は、併売していたゆうパックに一本化したコンビニチェーンもあったため、現状は不明。インターネットポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を通じてネットによる集荷受付も実施)、業務車両にもペリカンが描かれていたが(JPEX譲受直後の時点では、社名やフリーダイヤル番号を新たなものにシールでマスクしただけで、JPEX塗装に塗り替えていない車両も相当数残っている)、2008年6月に郵便事業(JP 日本郵便)と宅配事業を統合し、新会社“JPエクスプレス”をJP主導で設立することになり、また宅配事業ブランドも旧郵政省(官営時代の“郵便局”)時代から続いている「ゆうパック」に、いったんは決定していたが、システム移行に手間取ることから、2009年4月より、JPエクスプレス宅配便・「ペリカン便」として、JPエクスプレスの暫定ブランドとなった(このため、日通での宅配便事業は、日通航空扱いのスーパーペリカン便など、ごく一部に限定されることになった)。2009年10月からは、新ブランドによる「JPエクスプレス宅配便」(ブランド名は未定)が開始される予定となっていたが、現時点では先送りされている。これに伴い、一部の拠点の再編を行い、2009年10月からは、直轄拠点のない地域の集配を郵便事業が受託することになり、該当地域の担当店として、郵便事業の統括支店(一部の県では、JPEXの統括支店)にJPEXの「○○広域支店」が併設された。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たエプソンダイレクト

    また、エプソンダイレクトの集配部門を受託していた。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た東亜航空

    広島では旧東亜航空時代受託していた関係でオフラインの時代は電話予約などの総代理店であったが現・広島空港供用時にはJTB系会社に委託先が変わり、契約が破棄された。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たANA&JPエクスプレス

    なお、航空輸送分野において自社名義の航空機はないものの航空貨物の輸送力増強のため、貨物専用航空機運行会社の日本貨物航空、ANA&JPエクスプレスに出資するなど航空会社との積極的な提携を行っている。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た上海スーパーエクスプレス

    上海スーパーエクスプレス株式会社 ‐ 商船三井、上組も出資している。日本通運 フレッシュアイペディアより)

174件中 51 - 60件表示

「日本通運」のニューストピックワード