174件中 71 - 80件表示
  • 日本通運

    日本通運から見た日本海運

    船舶を用いた国内の海上輸送は内航海運(ないこうかいうん)と呼ばれる。自社名義の船舶もあり、子会社の日本海運などと共に事業を展開している。宇高航路では以前、日通フェリーとしてカーフェリーの運航を行っていた(実際の運航は地元の津国汽船に委託)。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たCBCラジオ

    つボイノリオの聞けば聞くほど(「見れば見るほど」のコーナー)(CBCラジオ日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たam/pm

    また、かつては宅配便サービスの「ペリカン便」でも知られており(コンビニエンスストアでは、日通時代は「am/pm」、「デイリーヤマザキ」、「アンスリー」などで取扱いをしていた。JPエクスプレス (JPEX) 移行後、一部は、併売していたゆうパックに一本化したコンビニチェーンもあったため、現状は不明。インターネットポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を通じてネットによる集荷受付も実施)、業務車両にもペリカンが描かれていたが(JPEX譲受直後の時点では、社名やフリーダイヤル番号を新たなものにシールでマスクしただけで、JPEX塗装に塗り替えていない車両も相当数残っている)、2008年6月に郵便事業(JP 日本郵便)と宅配事業を統合し、新会社“JPエクスプレス”をJP主導で設立することになり、また宅配事業ブランドも旧郵政省(官営時代の“郵便局”)時代から続いている「ゆうパック」に、いったんは決定していたが、システム移行に手間取ることから、2009年4月より、JPエクスプレス宅配便・「ペリカン便」として、JPエクスプレスの暫定ブランドとなった(このため、日通での宅配便事業は、日通航空扱いのスーパーペリカン便など、ごく一部に限定されることになった)。2009年10月からは、新ブランドによる「JPエクスプレス宅配便」(ブランド名は未定)が開始される予定となっていたが、現時点では先送りされている。これに伴い、一部の拠点の再編を行い、2009年10月からは、直轄拠点のない地域の集配を郵便事業が受託することになり、該当地域の担当店として、郵便事業の統括支店(一部の県では、JPEXの統括支店)にJPEXの「○○広域支店」が併設された。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たJR

    国内旅行商品は旧国鉄〜JRグループとの関係が深いながらも、みどりの窓口に代表される国鉄券の販売が立ち遅れた。国鉄商品は1982年からの参入と遅めである(貨物も旅客も日通に握られることを嫌った国鉄側の考えとも言われている)。海外旅行商品は「ルックワールド」を中心に展開していたが、シェアダウンにより厳しい販売状況が続き、「ルックワールド」は2006年9月末で事実上撤退に追い込まれた。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たデイリーヤマザキ

    また、かつては宅配便サービスの「ペリカン便」でも知られており(コンビニエンスストアでは、日通時代は「am/pm」、「デイリーヤマザキ」、「アンスリー」などで取扱いをしていた。JPエクスプレス (JPEX) 移行後、一部は、併売していたゆうパックに一本化したコンビニチェーンもあったため、現状は不明。インターネットポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を通じてネットによる集荷受付も実施)、業務車両にもペリカンが描かれていたが(JPEX譲受直後の時点では、社名やフリーダイヤル番号を新たなものにシールでマスクしただけで、JPEX塗装に塗り替えていない車両も相当数残っている)、2008年6月に郵便事業(JP 日本郵便)と宅配事業を統合し、新会社“JPエクスプレス”をJP主導で設立することになり、また宅配事業ブランドも旧郵政省(官営時代の“郵便局”)時代から続いている「ゆうパック」に、いったんは決定していたが、システム移行に手間取ることから、2009年4月より、JPエクスプレス宅配便・「ペリカン便」として、JPエクスプレスの暫定ブランドとなった(このため、日通での宅配便事業は、日通航空扱いのスーパーペリカン便など、ごく一部に限定されることになった)。2009年10月からは、新ブランドによる「JPエクスプレス宅配便」(ブランド名は未定)が開始される予定となっていたが、現時点では先送りされている。これに伴い、一部の拠点の再編を行い、2009年10月からは、直轄拠点のない地域の集配を郵便事業が受託することになり、該当地域の担当店として、郵便事業の統括支店(一部の県では、JPEXの統括支店)にJPEXの「○○広域支店」が併設された。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た宅配便

    また、かつては宅配便サービスの「ペリカン便」でも知られており(コンビニエンスストアでは、日通時代は「am/pm」、「デイリーヤマザキ」、「アンスリー」などで取扱いをしていた。JPエクスプレス (JPEX) 移行後、一部は、併売していたゆうパックに一本化したコンビニチェーンもあったため、現状は不明。インターネットポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を通じてネットによる集荷受付も実施)、業務車両にもペリカンが描かれていたが(JPEX譲受直後の時点では、社名やフリーダイヤル番号を新たなものにシールでマスクしただけで、JPEX塗装に塗り替えていない車両も相当数残っている)、2008年6月に郵便事業(JP 日本郵便)と宅配事業を統合し、新会社“JPエクスプレス”をJP主導で設立することになり、また宅配事業ブランドも旧郵政省(官営時代の“郵便局”)時代から続いている「ゆうパック」に、いったんは決定していたが、システム移行に手間取ることから、2009年4月より、JPエクスプレス宅配便・「ペリカン便」として、JPエクスプレスの暫定ブランドとなった(このため、日通での宅配便事業は、日通航空扱いのスーパーペリカン便など、ごく一部に限定されることになった)。2009年10月からは、新ブランドによる「JPエクスプレス宅配便」(ブランド名は未定)が開始される予定となっていたが、現時点では先送りされている。これに伴い、一部の拠点の再編を行い、2009年10月からは、直轄拠点のない地域の集配を郵便事業が受託することになり、該当地域の担当店として、郵便事業の統括支店(一部の県では、JPEXの統括支店)にJPEXの「○○広域支店」が併設された。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た貨物自動車

    1937年10月1日 に戦時中の経済統制の一環として戦時物資を円滑供給するため、自動車(トラック)を用いて鉄道貨物の集荷・配達業務を行う全国の通運業者を統合して日本通運法のもとで国営企業として成立された。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た物流

    日本通運株式会社(にっぽんつううん、Nippon Express Co., Ltd.)は、大手物流業者および旅行業者である。総合物流国内最大手で、業界唯一の災害対策基本法における指定公共機関。通称は「日通」「NIPPON EXPRESS」など。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た港区 (東京都)

    2003年(平成15年)7月22日 - 本社を東京都千代田区外神田(秋葉原)から、港区東新橋一丁目(汐留)シオサイトに移転。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た倉庫

    近年では、倉庫業に求められる事業の性質が変化している事もあり、単に物品を保管するだけではなく流通加工や在庫管理を荷主に代行して行う業務も行われている。荷主企業の「物流センター」の運営請負もこの業務の範疇に入る。日本通運 フレッシュアイペディアより)

174件中 71 - 80件表示

「日本通運」のニューストピックワード