221件中 81 - 90件表示
  • 日本通運

    日本通運から見た地方銀行

    日本通運は、全国の地方銀行、第二地方銀行を中心とする金融機関と、「顧客の海外進出に関する提携」を締結している。これは、提携先金融機関の取引先で海外進出や製品の輸出を検討している企業に、物流及び輸出入業務のサービスを提供するもの。金融機関の為替、決済業務と日本通運の物流サービスを併せて提供することで、包括的な海外事業進出支援サービスを構築する事が出来る点が特色である。提携先の金融機関を、地方銀行、第二地方銀行を中心としているのは、それらの主要な取引先であり、これまで海外進出に独自のノウハウを持たなかった、中堅・中小企業との連携を視野に入れているためである。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た津国汽船

    船舶を用いた国内の海上輸送は内航海運(ないこうかいうん)と呼ばれる。自社名義の船舶もあり、子会社の日本海運などと共に事業を展開している。宇高航路では以前、日通フェリーとしてカーフェリーの運航を行っていた(実際の運航は地元の津国汽船に委託)。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たANA&JPエクスプレス

    なお、航空輸送分野において自社名義の航空機はないものの航空貨物の輸送力増強のため、貨物専用航空機運行会社の日本貨物航空、ANA&JPエクスプレスに出資するなど航空会社との積極的な提携を行っている。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た上海スーパーエクスプレス

    上海スーパーエクスプレス株式会社 ‐ 商船三井、上組も出資している。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見たボックスチャーター

    ヤマト運輸・西濃運輸が共同出資したボックスチャーター社にも参画し、他の大手・中堅トラック輸送業者12社と共に「JIT BOX チャーター便」も展開している。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た東京証券取引所

    1950年(昭和25年)2月1日 - 日本通運株式会社法が廃止され、民間企業として再出発。同時に東京証券取引所に上場。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た第二地方銀行

    日本通運は、全国の地方銀行、第二地方銀行を中心とする金融機関と、「顧客の海外進出に関する提携」を締結している。これは、提携先金融機関の取引先で海外進出や製品の輸出を検討している企業に、物流及び輸出入業務のサービスを提供するもの。金融機関の為替、決済業務と日本通運の物流サービスを併せて提供することで、包括的な海外事業進出支援サービスを構築する事が出来る点が特色である。提携先の金融機関を、地方銀行、第二地方銀行を中心としているのは、それらの主要な取引先であり、これまで海外進出に独自のノウハウを持たなかった、中堅・中小企業との連携を視野に入れているためである。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た日本海運

    船舶を用いた国内の海上輸送は内航海運(ないこうかいうん)と呼ばれる。自社名義の船舶もあり、子会社の日本海運などと共に事業を展開している。宇高航路では以前、日通フェリーとしてカーフェリーの運航を行っていた(実際の運航は地元の津国汽船に委託)。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た日本郵政

    日本郵政とは宅配便事業で業務提携をすることが2007年10月5日に報じられた。2008年6月に、郵便事業と折半出資で新会社・JPエクスプレスを設立し、2009年4月にペリカン便事業は、JPエクスプレスが譲受した(ただし、日通航空(航空宅配)扱いのものなど、一部を除く)。しかしJPエクスプレスは、会社解散に追い込まれ、結果的に見れば日本通運の宅配事業ペリカン便が市場から撤退という結果になった。日本通運 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運

    日本通運から見た大阪近鉄バファローズ

    大塚晶文 - 野球部出身。元メジャーリーガー。近鉄→中日→サンディエゴ→テキサス(2006年WBCにも出場)日本通運 フレッシュアイペディアより)

221件中 81 - 90件表示

「日本通運」のニューストピックワード