394件中 61 - 70件表示
  • 国際切手展

    国際切手展から見た日本郵政日本郵政

    郵政三事業が2007年10月1日に日本郵政公社から日本郵政に移管され、日本における国際切手展の開催意義も大幅に見直されることになった。日本郵政は2009年12月7日に日本国際切手展2011を開催すると発表している。国際切手展 フレッシュアイペディアより)

  • 国際切手展

    国際切手展から見た郵政日本郵政

    切手展の主催国が開催記念切手を発行することが多い。切手展では各国郵政組織が出展するため「参加」記念切手を発行する場合がある。たとえば日本で1971年に開催された国際切手展では、日本は発行しなかったが、海外の国で発行されている。国際切手展 フレッシュアイペディアより)

  • 切手帳

    切手帳から見た日本郵政日本郵政

    日本郵政の商品の一つで、記念切手を収納したもので、表紙に説明があるもの。切手帳 フレッシュアイペディアより)

  • 東通り (長野市)

    東通り (長野市)から見た日本郵政日本郵政

    日本郵政グループ長野ビル東通り (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • CTM

    CTMから見た日本郵政日本郵政

    CTMとは、ゆうちょ銀行のシステムの一つであり、日本郵政グループの貯金と保険の業務(郵政民営化前における郵便局の、郵便貯金・簡易保険業務を含む)で使用される係員操作の端末機のことである。郵政内では「窓口共用端末」と呼ばれる事も多い(共用とは、貯金と保険との共用の意味)。民営化を急いだとの理由により、郵便局会社での日報管理に用いられるシステムがCTMから切り離されなかったため、民営化後の現在に至るまで、ゆうちょ銀行から間借りする形で各郵便局の日締・日報管理システムとしても用いられている(したがって、ゆうちょ銀行併設局であっても、ゆうちょ銀行直営店のCTMとは別に郵便局会社のCTMが別に設置されている形になっている)。CTM フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の経済

    2006年の経済から見た日本郵政日本郵政

    2007年10月の郵政民営化に先立ち、日本郵政株式会社発足。自己資本3000億円は日本郵政公社の全額出資、うち資本金1500億円で、株式は全て政府に無償譲渡。民営化の時点で持株会社に移行する。2006年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 今すぐ使える新潟弁

    今すぐ使える新潟弁から見た日本郵政日本郵政

    2009年3月2日、郵便局(日本郵政グループ)とのコラボレーション企画として「新潟弁切手」(オリジナルフレーム切手、限定2000部)を、新潟市内112箇所の郵便局で発売。全局でほぼ即日完売となるなど人気を博した。今すぐ使える新潟弁 フレッシュアイペディアより)

  • 團宏明

    團宏明から見た日本郵政日本郵政

    團 宏明(だん ひろあき)は、日本の郵政官僚。元総務省郵政事業庁長官。元日本郵政公社副総裁。元・日本郵政株式会社代表執行役副社長、郵便事業株式会社代表取締役社長。長崎県佐世保市出身。團宏明 フレッシュアイペディアより)

  • 郵政民営化法

    郵政民営化法から見た日本郵政日本郵政

    郵政民営化に関する施策についての基本方針と民営化に伴って設立した日本郵政株式会社、郵便事業株式会社、郵便局株式会社、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構の、民営化移行期間中と民営化後の各会社の公社からの業務の承継や特例等に関して定めた法律である。第163回特別国会において成立、2006年4月1日施行。郵政民営化法 フレッシュアイペディアより)

  • 佐方信博

    佐方信博から見た郵政日本郵政

    逓信省入省、名古屋郵便局長、経理局長、郵便局長、郵政事務次官等を歴任、1965年退官。佐方信博 フレッシュアイペディアより)

394件中 61 - 70件表示

「日本郵政グループ」のニューストピックワード