102件中 51 - 60件表示
  • 日本郵政

    日本郵政から見た逓信省

    また、逓信省時代から使用されている「〒」も引き続きシンボルマークとして併用される。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た大手町 (千代田区)

    本社社屋の狭小化や分散している拠点の集中などを理由に、2018年(平成30年)をめどに財務省が東京都千代田区大手町に保有している国有財産と、日本郵政が東京都千代田区霞が関に保有している日本郵政ビルを交換することが決定しており、交換受財産である日本郵政ビルは国の庁舎として利用されることになっている。交換渡財産は、2018年(平成30年)に着工予定であり、日本郵政グループ各社は本社機能を当該再開発ビル(A棟地上35階地下3階、B棟地上32階地下3階)に集約・移転する予定である。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た総合通信局

    総務省の地方支分部局である総合通信局が松山ビルに入居している。なお、かつては那覇ビルに沖縄総合通信事務所が同居していたが、2012年(平成24年)7月1日にカフーナ旭橋へ移転した。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た横浜中央郵便局

    なお、旧公社南関東支社については自社物件ではなく民間施設(賃貸ビル)に入居していたが、郵便事業会社南関東支社及びゆうちょ銀行横浜店(統括機能;現南関東エリア本部)が引き続き当該施設に残り、郵便局会社南関東支社は横浜桜木郵便局に、かんぽ生命保険横浜支店は横浜港郵便局にそれぞれ設置された。その後郵便事業会社南関東支社は横浜中央郵便局、ゆうちょ銀行横浜店統括機能は別の民間施設にそれぞれ移転している。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た公共企業体

    日本郵政株式会社(にっぽんゆうせい、)は、東京都千代田区に本社を置く、日本郵政グループの持株会社である。子会社として日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵政スタッフ、日本郵政インフォメーションテクノロジーを持つ。総務省所管の特殊会社である。公共企業体の日本郵政公社が前身。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た木曜劇場

    木曜劇場(フジテレビ系列)日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た広島中郵便局

    ゆうちょ銀行のエリア本部(旧公社支社貯金事業部に相当)についても、東京エリア本部を除く11箇所が入居している。民営・分社化当初は、仙台支店、名古屋支店及び広島支店の3支店が、旧公社支社社屋から支店を設置する郵便局の局舎へ移転したが、旧公社支社に相当するエリア本部制の導入に伴い、順次再移転している。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た標語

    日本郵政公社から事業を引き継ぐにあたり、日本郵政と傘下の事業会社4社を「日本郵政グループ」と位置づけ、スローガン「あたらしい ふつうをつくる。」を制定し(2015年9月30日まで。同年10月1日以降のスローガンは「そばにいるから、できることがある。」)、共通のシンボルマークとロゴタイプを使用することでグループの一体感を持たせている。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見たユニバーサルサービス

    図と表に示されているように、当初は2017年9月30日までにゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の株式を全て売却(完全民営化)、グループから切り離した上で、純粋に窓口業務・郵便・物流事業のみを行うグループとなる計画であった。それ以降も両社の窓口・渉外業務は業務委託契約により郵便局が担当する予定。しかし政権交代による郵政民営化見直しで、郵便事業株式会社は郵便局株式会社に吸収合併され日本郵便株式会社となり、傘下の事業会社は3社になるとともに、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の株式売却については、2社の経営状況及びユニバーサルサービス確保への影響を勘案するとし、具体的な期限は廃止された。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た郵政三事業

    2007年10月1日に郵政民営・分社化に伴い日本郵政公社は解散。郵政三事業を含む全ての業務は日本郵政株式会社及びその下に発足する4つの事業会社(郵便局株式会社、郵便事業株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険)へ移管・分割された。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示