102件中 71 - 80件表示
  • 日本郵政

    日本郵政から見た持株会社

    日本郵政株式会社(にっぽんゆうせい、)は、東京都千代田区に本社を置く、日本郵政グループの持株会社である。子会社として日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵政スタッフ、日本郵政インフォメーションテクノロジーを持つ。総務省所管の特殊会社である。公共企業体の日本郵政公社が前身。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見たかんぽの宿

    これらの事業承継後、日本郵政は旅館業法に基づき各都道府県知事の許可を受け、一般のホテル・旅館等として営業を引き継いだ。ただし、公社時代末期に不採算施設を中心とした閉鎖・売却が進められ、残された施設のみを引き継いだ。民営化から5年後を目処に、再び閉鎖・売却の検討をすることが求められており、メルパルクについては2008年10月1日付けで運営がワタベウェディング傘下の(株)メルパルクに譲渡されている(施設保有権は日本郵政が引き続き有している)。なお、かんぽの宿の売却に絡む問題ついては かんぽの宿の項参照。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た給与

    郵便局における給与、歳入、歳出、契約及び切手等の人事・会計にかかる共通事務について、旧郵政省当時は事務処理の機械化推進の過程で全国233局の普通郵便局(指定局)にて処理していたが、平成に入ってからは「共通事務新処理方式」を導入、11箇所の「共通事務センター」(下表のとおり旧地方郵政局ごとに1箇所の郵便局に設置)及び沖縄郵政管理事務所の計12箇所への事務処理集中を数年度に渡って展開、その後組織が郵政事業庁・日本郵政公社と変遷しても概ねこの方式を継続してきた。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見たぽすくま

    2012年から登場したクマのぬいぐるみのキャラクター。詳細はぽすくまを参照。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た逓信総合博物館

    加えて、全国14箇所に設置していた「逓信病院」は日本郵政グループの企業立病院として運営されていたが、2017年4月までに売却や閉鎖によって7箇所までに減少している。また逓信総合博物館(ていぱーく)についても日本郵政が東日本電信電話株式会社(NTT東日本)と共同で運営していた。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た企業立病院

    加えて、全国14箇所に設置していた「逓信病院」は日本郵政グループの企業立病院として運営されていたが、2017年4月までに売却や閉鎖によって7箇所までに減少している。また逓信総合博物館(ていぱーく)についても日本郵政が東日本電信電話株式会社(NTT東日本)と共同で運営していた。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見たユウちゃん

    日本郵政公社時代以前は、郵便事業のキャラクターとしてのポストン、郵便貯金のキャラクターとしてのユウちゃん、簡易保険のキャラクターとしてのカンちゃんが存在したが、これらは郵政民営化時にすべて使用が停止され、下記のように新しいキャラクターが登場した。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見たダウンタウンDX

    ダウンタウンDX(読売テレビ制作、日テレ系)日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た仙台中郵便局

    ゆうちょ銀行のエリア本部(旧公社支社貯金事業部に相当)についても、東京エリア本部を除く11箇所が入居している。民営・分社化当初は、仙台支店、名古屋支店及び広島支店の3支店が、旧公社支社社屋から支店を設置する郵便局の局舎へ移転したが、旧公社支社に相当するエリア本部制の導入に伴い、順次再移転している。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た蔵前

    旧公社本社社屋については日本郵政株式会社が承継・所有し、「日本郵政ビル」と名称を改め、引き続きグループ各社の本社が入居している。また、台東区蔵前に所在する旧東京貯金事務センター庁舎についても、日本郵政株式会社が承継・所有し、「日本郵政蔵前ビル」と名称を改め所有することとなった。日本郵政 フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示