721件中 101 - 110件表示
  • 鴨緑丸

    鴨緑丸から見た日本郵船日本郵船

    昭和18年10月25日、「鴨緑丸」は貨客船「富士丸」(日本郵船、9,138トン)および「賀茂丸」(日本郵船、8,524トン)とともにマ08船団を編成し、駆逐艦「汐風」の護衛により基隆を出港して日本本土へ向かう。しかし、10月27日未明にの奄美大島曽津高崎灯台西方海域で、アメリカ潜水艦「グレイバック」 (USS Grayback, SS-208) と「シャード」 (USS Shad, SS-235) に発見される。0時27分、「賀茂丸」に「シャード」からの魚雷が1本命中し、賀茂丸は沈没を防ぐべく応急修理の上、22時30分ごろに修理のため奄美大島久慈湾に座礁した。次いで6時20分、「賀茂丸」から脱出した乗船者の収容作業を行うため停止していた「富士丸」の後部に「グレイバック」からの魚雷が1本命中し、「富士丸」は6時45分に沈没した。船団中唯一健在の「鴨緑丸」は、「富士丸」遭難者の救助を行ったのち一旦避退したものの、進路を戻して航行中の12時25分に「グレイバック」の射程内に入り、魚雷が1本命中したが幸いにして不発に終わったものの救助作業を打ち切り、10月28日に門司に入港した。鴨緑丸 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・G・ヴォージ

    リチャード・G・ヴォージから見た日本郵船日本郵船

    1945年4月1日に「クイーンフィッシュ」 (USS Queenfish, SS-393) が緑十字船「阿波丸」(日本郵船、11,249トン)を撃沈した、いわゆる阿波丸事件に関しては、ヴォージはロックウッドと同じように「阿波丸」の動きが、対潜機雷堰にアメリカ潜水艦を呼び込むかのように見えて疑念を示した。また、「阿波丸」を撃沈した「クイーンフィッシュ」艦長のチャールズ・E・ラフリン少佐(アナポリス1933年組)については、「生存者を探していたわけだから、故意にやったわけではなかろう」という見解を示し、さらにはラフリンを、海軍における司法制度や日米双方からのあらゆる錯誤から来る誤解が生んだ犠牲者であると位置づけ、ロスコーとともに手段を尽くして事件を曖昧にすることに力を注いだ。南カリフォルニア大学のロジャー・ディングマン教授は、ヴォージが、ラフリンを「純粋な英雄に仕立て上げ」た張本人としている。リチャード・G・ヴォージ フレッシュアイペディアより)

  • 吉備津丸

    吉備津丸から見た日本郵船日本郵船

    吉備津丸(きびつまる)は、日本陸軍が日本郵船の名義で1943年(昭和18年)末に竣工させた揚陸艦。上陸用舟艇の母艦機能を有し、陸軍特殊船と呼ばれた。太平洋戦争ではフィリピンなどへの部隊輸送に使用された。終戦の日直前の1945年(昭和20年)8月7日に瀬戸内海で機雷に接触して復旧不能となり、放棄された。吉備津丸 フレッシュアイペディアより)

  • 三田敏雄

    三田敏雄から見た日本郵船日本郵船

    中部電力、三菱商事、日本郵船と共同出資する Trans Pacific Shipping 1 Ltd.が発注した三菱重工で建造中の新造液化天然ガス船の命名式が2014年9月5日、三菱重工業長崎造船所で行われた。式典では三田敏雄会長が「勢州丸」(せいしゅうまる)と命名した。三田敏雄 フレッシュアイペディアより)

  • 耶蘇基督之新約教会

    耶蘇基督之新約教会から見た日本郵船日本郵船

    日本郵船の社員であった森勝四郎(1873年-1920年)が客の置き忘れた聖書を読んで回心した。そして、伝道者を志して、明治学院、プリンストン大学神学部で学んだ。帰国後、高知県高岡で伝道活動を開始して群れを形成した。耶蘇基督之新約教会 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和海運

    昭和海運から見た日本郵船日本郵船

    昭和海運 フレッシュアイペディアより)

  • 坂東舜一

    坂東舜一から見た日本郵船日本郵船

    兵庫県津名郡五色町生まれ。大正5年(1916年)慶應義塾大学理財科を卒業したのち、日本郵船に入社。7年同社を退社し、中島飛行機の前身である合資会社日本飛行機製作所の創設に関わり、事務長に就任。9年から川西機械製作所飛行機部支配人を務めた後、12年には日本航空株式会社を創立し、取締役支配人となる。坂東舜一 フレッシュアイペディアより)

  • クリスタル・クルーズ

    クリスタル・クルーズから見た日本郵船日本郵船

    クリスタル・クルーズはアメリカ合衆国ロサンゼルスに本社を置く1988年に設立された日本の高級クルーズ会社。中型の高級クルーズ船を2隻運行している。日本の日本郵船の完全子会社。クリスタル・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • 高崎剛

    高崎剛から見た日本郵船日本郵船

    1924年 横浜から日本郵船の箱根丸で渡仏。高野三三男、岡田謙三、岡上りうが同行。高崎剛 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本健三郎

    岡本健三郎から見た日本郵船日本郵船

    維新後は大阪府に勤め、土木頭、治部司、太政官権判事、大蔵大丞を歴任。明治5年(1872年)、博覧会用務でオーストリアへ派遣された。明治6年(1873年)、明治六年政変で板垣退助らとともに下野し、退助らとともに民選議院設立建白書を作成した。明治11年(1878年)、立志社の獄で、小銃の弾薬を購入を企てた事を理由に投獄され、出獄後は自由党に加入しつつ、実業家として活動を始め、明治18年(1885年)、日本郵船理事となっている。岡本健三郎 フレッシュアイペディアより)

721件中 101 - 110件表示