721件中 111 - 120件表示
  • 海軍予備員

    海軍予備員から見た日本郵船日本郵船

    三田一也:東京高等商船学校航海科(現・国立東京海洋大学海洋工学部)首席。海軍中佐。日本郵船を経て海軍に。終戦時は大本営海軍部海上護衛総司令部調査室長。戦後に海上保安庁警備救難監となり、Y委員会メンバーとして海上警備隊創設に関係する(海上自衛隊参照)。海軍予備員 フレッシュアイペディアより)

  • 山本直良

    山本直良から見た日本郵船日本郵船

    東京帝国大学農学部卒業後、千歳海上火災再保険に入社。日本郵船監査、明治製菓役員などの要職を歴任。また、長野県軽井沢町に三笠ホテルを建設したことでも有名。妻の山本愛は有島武郎の妹。父は小浜藩士で岩倉具視の側近だった山本直成。息子のひとりが指揮者の山本直忠。直忠の長男が作曲家・指揮者の山本直純である。もうひとりの息子、山本直正の妻は、与謝野鉄幹と与謝野晶子の次女の七瀬。山本直良 フレッシュアイペディアより)

  • ゾルゲ諜報団

    ゾルゲ諜報団から見た日本郵船日本郵船

    最初に日本に到着したのはブランコ・ド・ヴーケリッチであった。彼はフランスの写真雑誌『ヴュ』(VU)の契約特派員およびユーゴスラビアの新聞『ポリティカ』の特派員として、イタリア船ドレスランド号でマルセイユから1933年(昭和8年)2月11日に横浜に上陸。ついで、首領のリヒャルト・ゾルゲがドイツの日刊紙『フランクフルター=ツァイトング』の特派員としてカナダのバンクーバーからカナダ船エンプレス・オブ・ロシア号で9月6日横浜に到着。さらに10月24日にはアメリカ共産党カリフォルニア支部から派遣された宮城与徳が画家の身分で、カリフォルニアのサンペドロから日本船ブエノスアイレス丸で横浜に上陸。そしてゾルゲが上海以来、情報ソースのパートナーとして信頼していた尾崎秀実と奈良公園の近くの猿沢池で4年ぶりに再会するのは翌1934年6月初旬のことである。この段階ではマックス・クラウゼンはメンバーに含まれておらず、別のメンバーと交代する形でビジネスマンに身分を偽装し、1935年11月28日にサンフランシスコから日本郵船の龍田丸で来日した。ゾルゲ諜報団 フレッシュアイペディアより)

  • 荘田泰蔵

    荘田泰蔵から見た日本郵船日本郵船

    父・平五郎は三菱財閥の大番頭、母・田鶴は三菱の創業者一族・岩崎家の一門である藤岡正敏・佐幾夫妻の長女。母方の祖母・藤岡佐幾は岩崎弥次郎・美和夫妻の次女で弥太郎の妹、弥之助の姉。長兄・達弥は三菱重工業・明石製作所の取締役、次兄・平象は東洋電機製造常務、三兄・雅雄は日本郵船常務・南洋海運社長、弟・孝平は三菱重工取締役で叔母・各務繁尾とその夫・鎌吉の養嗣子。荘田泰蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 正栄汽船

    正栄汽船から見た日本郵船日本郵船

    正栄汽船株式会社(しょうえいきせん)は、愛媛県今治市に本社を置く今治造船のグループ企業である。コンテナ船やLNG輸送船などの船舶を所有しており、日本郵船や商船三井など国内外の海運会社に対して船を貸し付けている。所有する船舶の多くは系列の今治造船で建造している。正栄汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 原文良

    原文良から見た日本郵船日本郵船

    日本郵船の船乗りとして5年半欧州、サンフランシスコ、南米航路を周る。その後微兵され、通信役務で電気関係に詳しくなる。終戦後は運送会社に勤務するが東宝撮影所にライトを運送したのがきっかけで1947年に照明部に移籍する。1954年に岸田九一郎の補佐として特撮映画の照明助手となる。1967年に照明技師に昇進。1971年に退社。原文良 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜港駅

    横浜港駅から見た日本郵船日本郵船

    その後、1920年(大正9年)7月23日付で正式に駅となり、横浜港駅となった。この際に新港埠頭4号岸壁の脇に旅客用のプラットホームが設置され、日本郵船および東洋汽船のサンフランシスコ航路出航日に合わせて乗船客と見送り客を輸送するために、東京駅からのボート・トレインが2往復運転されるようになった。4号岸壁には、1914年(大正3年)に外国航路用の建物が建てられていたが、これは関東大震災で倒壊し、1927年(昭和2年)に全長170mの四号上屋として再建された。2階に旅客待合室、食堂、貴賓室、携帯品検査所、1階に貨物置場、旅行荷物検査所、貴重品置き場などが設けられ、この上屋に面して横浜港駅のプラットホームが設置されていた。横浜港駅 フレッシュアイペディアより)

  • 松本芳翠

    松本芳翠から見た日本郵船日本郵船

    1916年(大正5年)日本郵船に入社。松本芳翠 フレッシュアイペディアより)

  • 日本飛行船

    日本飛行船から見た日本郵船日本郵船

    2002年3月26日に設立された後、2003年9月に日本郵船株式会社の出資を受け、同社を筆頭株主(4,000株、持株比率58.8%)とした日本郵船グループの一員となった。日本飛行船 フレッシュアイペディアより)

  • ガヴィナ (潜水艦)

    ガヴィナ (潜水艦)から見た日本郵船日本郵船

    6月20日、ガヴィナは2回目の哨戒でパラオ方面に向かった。7月3日13時24分ごろ、ガヴィナはの地点でセパ01船団を発見する。駆潜艇2隻と海防艦2隻を伴った輸送船多摩丸(日本郵船、3,052トン)で構成されたセパ01船団に対し、ガヴィナは攻撃可能位置に入るため追跡を行い、翌7月4日3時48分にのパラオ西水道入口140キロ地点にいたったところで魚雷を4本発射。このうち1本が多摩丸の左舷側に命中し、多摩丸は3時59分に沈没した。ガヴィナは攻撃後に3時間潜航を続け、18発の爆雷および8発の対潜爆弾を投じられたが全て回避した。6時43分に浮上して改めて戦果を確認した。この前後、ガヴィナは7月2日から21日までヤップ島近海で救助任務に従事し、撃墜されたB-25パイロットを12名救助し、マヌス島ゼーアドラー湾でパイロットを降ろした。7月31日、ガヴィナは42日間の行動を終えてブリスベンに帰投した。ガヴィナ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

721件中 111 - 120件表示