721件中 11 - 20件表示
  • 海運アライアンス

    海運アライアンスから見た日本郵船日本郵船

    G6アライアンス - 日本郵船(日本)、商船三井(日本)、ハパックロイド(:en:Hapag-Lloyd ドイツ)、APL(シンガポール)、現代商船(HMM、韓国)、OOCL(香港)、ZIM(イスラエル、加盟せず提携のみ)海運アライアンス フレッシュアイペディアより)

  • 三菱グループ

    三菱グループから見た日本郵船日本郵船

    創業は土佐藩が大阪(現・土佐稲荷神社付近)で経営していた「九十九商会」。それを土佐藩士であった岩崎弥太郎が買い受け個人企業とした。そして九十九商会を「三菱商会」(現在の日本郵船の前身)と改称し、海運と商事を中心に事業を展開した。三菱グループ フレッシュアイペディアより)

  • 商船三井

    商船三井から見た日本郵船日本郵船

    日本郵船・川崎汽船と並ぶ日本の三大海運会社の1社、連結純利益、連結売上高および時価総額で国内2位。LNG輸送分野に強みを持つ。コンテナに記される「アリゲーター」印は柳原良平デザイン。ファンネルマーク(煙突の印)はなく、煙突は橙一色。商船三井 フレッシュアイペディアより)

  • 小川裕司

    小川裕司から見た日本郵船日本郵船

    小川 裕司(おがわ ゆうじ、1954年5月30日 - )は、日本の写真家・随筆家。 元日本郵船社員で、日本旅行作家協会会員。東亜大学客員教授。松岡正剛イシス編集学校 千離衆。小川裕司 フレッシュアイペディアより)

  • NYKロジスティックスジャパン

    NYKロジスティックスジャパンから見た日本郵船日本郵船

    NYKロジスティックスジャパン(えぬわいけいロジスティックスジャパン、NYK Logistics (Japan))は、株式会社ジェイアイティーとNYKロジスティックスジャパン株式会社が合併し、社名をNYKロジスティックスジャパン株式会社として営業を開始。日本郵船の物流事業を担う子会社。NYKロジスティックスジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 東城丸

    東城丸から見た日本郵船日本郵船

    竣工後、ヒ91船団に加わって1月26日に門司を出港し、昭南(シンガポール)に向かう。船団は出港2日後の1月28日未明にアメリカ潜水艦「スペードフィッシュ」 (USS Spadefish, SS-411) の攻撃により特設運送船「讃岐丸」(日本郵船、9,246トン)と海防艦「久米」を失うが、「東城丸」はタンカー「永洋丸」(日本油槽船、8,673トン)とともに大陸沿岸、海南島、インドシナ半島沿岸に沿って南下を続け、2月8日に昭南に到着した。昭南で航空ガソリン16,000トン、重油1,285トンなどを搭載し、ヒ92船団に加わって2月18日午後に昭南を出港して日本に向かった。しかし、出港して2時間半後に触雷して気缶を損傷。応急修理の上航海を続けた。2月22日に同航のタンカー「第二建川丸」(川崎汽船、10,045トン)が触雷沈没し、2月25日にはアメリカ潜水艦「ホー」 (USS Hoe, SS-258) の雷撃で海防艦「昭南」を失うが、「東城丸」は単独で楡林に向かって、同地で機関整備を行う。その後は対潜掃討を終えた第25号海防艦とともに大陸沿いを北上し、汕頭、舟山群島、釜山港外を経て3月11日に門司に帰還した。搭載物資を下津港で陸揚げののち、生まれ故郷の播磨造船所に回航され、触雷による損傷の修理を行ったが、その最中に終戦を迎えた。東城丸 フレッシュアイペディアより)

  • レイポン (潜水艦)

    レイポン (潜水艦)から見た日本郵船日本郵船

    4月25日、レイポンは4回目の哨戒で南シナ海に向かった。5月13日、レイポンはの地点でタウィタウィに向かう小沢治三郎中将率いる第一機動艦隊の一隊を発見し、空母の姿をスケッチに留めた。5月23日夜には、マニラからサイゴンに向かう輸送船団を発見し魚雷を6本発射するも全て外れ、これを見た陸軍輸送船うゑいるず丸(川崎汽船、6,586トン)が警戒汽笛を鳴らした。2時間後に二度目の攻撃を行い、の地点で魚雷を4本発射して2本が海軍徴傭船備前丸(日本郵船、4,667トン)に命中して撃沈。うゑいるず丸にも魚雷が向かってきたが、今回も回避に成功した。2時間置いて三度目の攻撃に入り、の地点で魚雷を4本発射して、うゑいるず丸に全て命中させ撃沈した。四度目の攻撃で残る輸送船に対して魚雷を6本発射し、2本が命中したと判断された。やがて護衛の駆潜艇が制圧したが、レイポンは全力で逃げて何事もなかった。5月27日朝、レイポンはの地点で「伊一六八型潜水艦」を発見し、魚雷を2本発射したが命中せず、相手は去っていった。6月6日、レイポンは42日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。レイポン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • グレイリング (SS-209)

    グレイリング (SS-209)から見た日本郵船日本郵船

    1943年1月7日、グレイリングは5回目の哨戒でルソン島方面に向かった。1月15日夜にの地点で120トン級スクーナーを砲撃で撃沈した後、1月20日にはマニラ湾口で病院船朝日丸(日本郵船、9,326トン)を発見するが、識別表にある朝日丸の要目には「二本煙突」と記してあるのに、目の前を航行する本物の朝日丸には一本しか煙突がないことを指摘した。1月25日夜、グレイリングはのベルデ島水路で中型貨物船を発見し魚雷を4本発射するも、夜間潜望鏡を使ったこの攻撃は失敗した。翌1月26日にはのミンドロ島近海で輸送船潮丸(丸辰海運、749トン)を撃沈。翌1月27日にもで4,500トン級貨物船を発見して攻撃し、貨物船を撃破したと報じた。2月11日、グレイリングはの地点でマニラを出港したばかりの第834船団を発見して攻撃し、陸軍船宝永山丸(山下汽船、6,033トン)に魚雷を命中させ航行不能に陥らせ、船団自体もマニラに引き返していった。2月13日にはのコレヒドール島近海で、マニラ湾に入りつつある海軍徴傭船鎌倉丸(日本郵船、17,498トン)を発見して接近するも、直前にQシップが反転して接近しつつあったため、目標をQシップに切り替えて魚雷を3本発射したが、Qシップは攻撃を避けて爆雷を39発投じ、戦果確認どころではなかった。2月24日、グレイリングは49日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。グレイリング (SS-209) フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・E・ラフリン

    チャールズ・E・ラフリンから見た日本郵船日本郵船

    潜水艦クイーンフィッシュ (USS Queenfish, SS-393) の艦長として4度の哨戒を行う。35年の海軍歴の中で海軍十字章とレジオン・オブ・メリットを2度ずつ、シルバースターを1度受章した。しかし、ラフリンの経歴の中で最も知られているのは1945年4月1日に緑十字船阿波丸(日本郵船、11,249トン)を撃沈し軍法会議にかけられた「阿波丸事件」である。チャールズ・E・ラフリン フレッシュアイペディアより)

  • 伊丹二郎

    伊丹二郎から見た日本郵船日本郵船

    アメリカ合衆国へ留学し、ペンシルベニア大学・バージニア大学を卒業、法学士 (Bachelor of Laws) および哲学士 (Bachelor of Philosophy) の学位を取得。帰国後は日本郵船株式会社に入社した。1907年(明治40年)に天津支店長に就任、大阪・函館・神戸の各支店長を経て、1916年(大正5年)11月に専務取締役に就任し、翌1917年(大正6年)12月まで務めた。日本郵船では社長近藤廉平の片腕として知られた。伊丹二郎 フレッシュアイペディアより)

721件中 11 - 20件表示

「日本郵船」のニューストピックワード