540件中 31 - 40件表示
  • チャールズ・E・ラフリン

    チャールズ・E・ラフリンから見た日本郵船日本郵船

    潜水艦「クイーンフィッシュ」 (USS Queenfish, SS-393) 艦長として4度の哨戒を行う。35年の海軍歴の中で海軍十字章とレジオン・オブ・メリットを2度ずつ、シルバースターを1度受章した。しかし、ラフリンの経歴の中で最も知られているのは、1945年4月1日に緑十字船「阿波丸」(日本郵船、11,249トン)を撃沈し軍法会議にかけられた「阿波丸事件」である。チャールズ・E・ラフリン フレッシュアイペディアより)

  • 大洋丸

    大洋丸から見た日本郵船日本郵船

    大洋丸(たいようまる)はかつて日本郵船が運航していた客船で、元は第一次世界大戦でドイツから賠償船として譲渡された「カップ・フィニステレ(Cap Finisterre)」である。因みにカップ・フィニステレとは「暗黒岬」と訳せる、と長年されていたが正しくはブルターニュ半島のフィニステレ岬に由来する。「フィニステレ」はラテン語の「陸地の終わり」「大地の端」を意味する。地理を表現したもので「世界の終わり=暗黒」の意味は無い。大洋丸 フレッシュアイペディアより)

  • 命令航路

    命令航路から見た日本郵船日本郵船

    命令航路を運航していた会社として特に上げられるのは、日本郵船と大阪商船であり、命令航路の運航の中で会社を大きくしていった。命令航路 フレッシュアイペディアより)

  • 永井久一郎

    永井久一郎から見た日本郵船日本郵船

    永井 久一郎(ながい きゅういちろう、嘉永5年8月2日(1852年9月15日) - 大正2年(1913年)1月2日)は、日本の漢詩人、官僚。文部省、内務省、帝国大学などに勤め、のち日本郵船に転じた。正四位。名は匡温(まさはる)また温、字は伯良・耐甫、号は禾原(かげん)・来青。通称が久一郎である。永井久一郎 フレッシュアイペディアより)

  • パーチー (潜水艦)

    パーチー (潜水艦)から見た日本郵船日本郵船

    6月17日、パーチーは2回目の哨戒でハンマーヘッド (USS Hammerhead, SS-364) 、スティールヘッド (USS Steelhead, SS-280) とウルフパックを構成しルソン海峡方面に向かった。1週間後にの地点で特設監視艇を砲撃により撃沈。7月4日には日本海軍の巡洋艦および駆逐艦を発見したが、艦砲、爆雷による反撃を受けた。7月29日、パーチーはバタン諸島海域で南下するミ11船団を発見し、スティールヘッドとともに追跡。31日を迎えてからルソン島北部沿岸で攻撃を開始した。3時30分、パーチーはタンカー光栄丸(日東汽船、10,238トン)に魚雷を3本命中させて撃沈。別のタンカー第一小倉丸(日本油槽船、7,270トン)にも打撃を与えた。この時、ラメージは浮上を命じて水上戦で船団を引っ掻き回そうとした。浮上したパーチーは船団の1隻に体当たりされそうになったが、それでもスティールヘッドとともに吉野丸(日本郵船、8,990トン)に魚雷を命中させ、吉野丸は7分で沈没した。スティールヘッドはこれとは別に扶桑丸(大阪商船、8,196トン)を撃沈し、だかあ丸(日本郵船、7,169トン)に損傷を与えていた。パーチーは夜明けに新たな目標を発見し、5時14分に万光丸(日本郵船、4,471トン)を撃沈した。パーチーは8月1日にサイパン島に寄港し5日に出航。8月16日、パーチーは59日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。一連の戦闘行為が評価され、パーチーに殊勲部隊章が、ラメージに名誉勲章がそれぞれ授けられた。パーチー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 富山丸

    富山丸から見た日本郵船日本郵船

    1.のうち、かつて日本郵船が運航していた貨物船。本項で記述。富山丸 フレッシュアイペディアより)

  • 荘田平五郎

    荘田平五郎から見た日本郵船日本郵船

    荘田 平五郎(しょうだ へいごろう、弘化4年10月1日(1847年11月8日) - 大正11年(1922年)4月30日)は豊後臼杵・稲葉藩出身の明治・大正期の三菱財閥の実業家、教育者。長崎造船所第2代所長、三菱造船所支配人等を経て三菱合資会社支配人、日本郵船支配人、東京海上火災保険会社会長等三菱の要職を歴任して大番頭といわれた。海員掖済会や日本勧業銀行、満鉄等の創立にも携わり、三菱商業学校(明治義塾)校長、三菱工業予備学校所長として三菱社員の教育にあたった。荘田平五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 和田豊治

    和田豊治から見た日本郵船日本郵船

    1892年(明治25年)に帰国し、日本郵船神戸支店へ入社したが翌年退社し、三井銀行を経て鐘ヶ淵紡績会社東京本店支配人に就任。明治26年(1893年)から明治33年(1900年)まで支那に漫遊し、日清戦争や遼東還附、義和団の乱を見聞した。帰朝後の1901年(明治34年)に三井家を辞職し、富士紡績に身を移し、専務取締役となった。東洋協会評議員、南亜公司相談役となり、大正元年(1912年)にエジプトで行われた万国紡織聯合会に日本国代表者として出席。和田豊治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤正治

    加藤正治から見た日本郵船日本郵船

    信濃国筑摩郡(現・長野県東筑摩郡)生坂村出身。旧制松本中学・東京帝国大学を卒業後、日本郵船副社長加藤正義の養子になった。旧姓平林。加藤正治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤正義

    加藤正義から見た日本郵船日本郵船

    加藤 正義(かとう まさよし、嘉永7年2月23日(1854年3月21日) - 大正12年(1923年)12月24日)は日本の実業家、政治家。元日本郵船副社長。幼名源太郎。加藤正義 フレッシュアイペディアより)

540件中 31 - 40件表示