721件中 51 - 60件表示
  • 高島丸

    高島丸から見た日本郵船日本郵船

    高島丸(たかしままる)は、日本郵船が保有した砕氷貨客船。1942年に樺太航路用に建造された日本で数少ない本格的な砕氷商船で、日本の近海砕氷船としては2011年現在でも史上最大級である。太平洋戦争中に日本陸軍に徴用され、千島列島方面の輸送任務に使用された。1944年6月に本土引揚げの民間人を輸送していたところを、アメリカ海軍潜水艦により撃沈された。高島丸 フレッシュアイペディアより)

  • 上五島国家石油備蓄基地

    上五島国家石油備蓄基地から見た日本郵船日本郵船

    1981年(昭和56年)12月、上五島地区が国家石油備蓄基地の建設地と決定した。1982年2月、石油公団(現石油天然ガス・金属鉱物資源機構)や三菱石油(現JXエネルギー)、日本郵船など出資により上五島石油備蓄株式会社設立。1984年に備蓄基地着工。1988年9月に完成し、翌1989年1月には原油の充填が完了した。上五島国家石油備蓄基地 フレッシュアイペディアより)

  • 和田豊治

    和田豊治から見た日本郵船日本郵船

    1892年(明治25年)に帰国し、日本郵船神戸支店へ入社したが翌年退社し、三井銀行を経て鐘ヶ淵紡績会社東京本店支配人に就任。明治26年(1893年)から明治33年(1900年)まで支那に漫遊し、日清戦争や遼東還附、義和団の乱を見聞した。帰朝後の1901年(明治34年)に三井家を辞職し、富士紡績に身を移し、専務取締役となった。東洋協会評議員、南亜公司相談役となり、大正元年(1912年)にエジプトで行われた万国紡織聯合会に日本国代表者として出席。和田豊治 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤忠顕

    内藤忠顕から見た日本郵船日本郵船

    内藤 忠顕(ないとう ただあき、 1955年(昭和30年)9月30日 - )は、日本の海事実業家。日本郵船株式会社代表取締役社長、社団法人日本船主協会代表理事。内藤忠顕 フレッシュアイペディアより)

  • 大鷹 (空母)

    大鷹 (空母)から見た日本郵船日本郵船

    軍艦(ぐんかん)大鷹(たいよう)は、日本海軍の航空母艦。大鷹型航空母艦の1番艦。日本郵船の新田丸級貨客船三番船春日丸(かすがまる)を、建造中に空母へ改造した艦艇である。大鷹 (空母) フレッシュアイペディアより)

  • 雲鷹 (空母)

    雲鷹 (空母)から見た日本郵船日本郵船

    1940年(昭和15年)7月末に竣工した日本郵船所有の新田丸級貨客船2番船八幡丸(やはたまる/やわたまる)を、太平洋戦争直前に日本海軍が徴用および買収、空母に改造した艦艇である。大鷹型航空母艦としても2番艦である。八幡丸の建造費用は政府の優秀船舶建造助成施設の適用を受けており、有事には徴用・改装されることがあらかじめ決められていた。雲鷹 (空母) フレッシュアイペディアより)

  • 神鷹 (空母)

    神鷹 (空母)から見た日本郵船日本郵船

    ドイツの大手海運会社である北ドイツ・ロイド汽船(:en:Norddeutscher Lloyd、以下NDL)の貨客船として、ブレーメンのデシマグ社(DeSchiMAG :en:Deutsche Schiff- und Maschinenbau)にて建造された。1930年初頭、NDL社は大西洋航路に大型客船2隻(ブレーメン、オイローパ)を投入し好評を得てたが、太平洋航路では他社との競争が激化し、特に日本郵船は1万トン級貨客船(照国丸、靖国丸、浅間丸)を就役させていた。NDL社はブレーメン号で得た経験をもとに、熱帯海域を通過して長距離航海を行う大型客船3隻(1万8000トン以上、平均速力21ノット、客船数300、大型貨物庫装備)の建造計画をまとめる。これが本級3隻(シャルンホルスト、グナイゼナウ、ポツダム)である。1933年(昭和7年)、NDL社はデシマーク・ウェーザー造船所に客船2隻(シャルンホルスト、グナイゼナウ)、ハンブルクのブローム&フォス造船所に1隻(ポツダム)の建造契約を結んだ。シャルンホルストの名称は、プロイセン王国軍人ゲルハルト・ヨハン・ダーヴィト・フォン・シャルンホルストに因んで名付けられた。神鷹 (空母) フレッシュアイペディアより)

  • NSユナイテッド海運

    NSユナイテッド海運から見た日本郵船日本郵船

    NSユナイテッド海運株式会社(エヌエスユナイテッドかいうん、)は、日本の準大手海運会社。新日鐵住金および日本郵船の関連会社である。NSユナイテッド海運 フレッシュアイペディアより)

  • ウェーク島の戦い

    ウェーク島の戦いから見た日本郵船日本郵船

    当面の警備兵力には当初、攻略部隊をそのまま警備部隊としたが、現地の要望により改めて警備部隊の派遣が要請されることとなった。これを受け、上海海軍特別陸戦隊から一個大隊がウェーク島に派遣されることとなり、大隊は12月27日に輸送船新田丸(日本郵船、17,150トン)に乗船し、途中対潜行動をとった上で1942年1月12日にウェーク島に到着。大隊は第65警備隊としてウェーク島の防衛にあたることとなり、これと入れ替わるように攻略部隊は暫時引揚げていった。ウェーク島の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 川崎汽船

    川崎汽船から見た日本郵船日本郵船

    1919年4月10日、川崎造船所(現川崎重工業)の船舶部が独立する形で、同社の現物出資によって設立された。規模では、日本郵船・商船三井に次いで国内第3位である(2014年3月末時点で583隻を運航)。上位2社と比較するとコンテナ船への依存率が高いとされる。このほか、石炭・鉄鉱石などの不定期貨物船、自動車運搬船、LNGタンカー、石油タンカーなどを運航する。また、日本で初めて自動車専用船を導入したのは同社。川崎汽船 フレッシュアイペディアより)

721件中 51 - 60件表示