540件中 51 - 60件表示
  • 福神漬

    福神漬から見た日本郵船日本郵船

    日本においてカレーライスに添えられるもっとも定番の漬物だが、これは大正時代(1902、1903年説あり)に日本郵船の欧州航路客船で、一等船客にカレーライスを供する際に添えられたのが最初であり、それが日本中に広まったとされる。福神漬が赤くなったのは、このときにチャツネに倣ったという説がある。福神漬 フレッシュアイペディアより)

  • NSユナイテッド海運

    NSユナイテッド海運から見た日本郵船日本郵船

    NSユナイテッド海運株式会社(エヌエスユナイテッドかいうん、)は、日本の準大手海運会社。新日鐵住金および日本郵船の関連会社である。NSユナイテッド海運 フレッシュアイペディアより)

  • 沖波 (駆逐艦)

    沖波 (駆逐艦)から見た日本郵船日本郵船

    2月26日、朝霜、岸波とともに宇品を出港し、グアムへ移動する第29師団の陸軍兵士と装備品を乗せた安芸丸(日本郵船、11,409トン)、東山丸(大阪商船、8,666トン)、崎戸丸(日本郵船、9,247トン)の3隻の優秀貨客船による『松輸送』に従事する。船団は2月29日にアメリカ潜水艦トラウト (USS Trout, SS-202) の攻撃を受けて崎戸丸が沈没したが、朝霜の爆雷攻撃によりトラウトを撃沈した。船団はサイパン島に立ち寄った後、グアムに進出した。沖波 (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • 高橋宏

    高橋宏から見た日本郵船日本郵船

    高橋 宏(たかはし ひろし、1933年12月21日 - )は日本の実業家。日本郵船副社長、郵船航空サービス社長を歴任。公立大学法人首都大学東京理事長、特定非営利活動法人一橋総合研究所理事長等を務める。高橋宏 フレッシュアイペディアより)

  • 磯野計

    磯野計から見た日本郵船日本郵船

    事業への理解と支援を求めて1879年に共存同衆に入会し、ここで会員の豊川良平と面識を得た。豊川からは高い評価を受け、増島らと共に郵便汽船三菱会社(現・日本郵船)の給費留学生に選ばれて1880年(明治13年)からイギリスに留学した。計は回船仲立業者のノリス&ジョイナー商会で実務に就き、複式簿記などの知識を身につけている。なお、ここで商業を選んだのは津山藩で学んだ石門心学も影響したと考えられている。1884年(明治17年)に留学を終えて三菱の新造した横浜丸の事務長となり、同船に乗って帰国した。帰国後は代言人を辞めて郵便汽船三菱会社に入り、神戸港で荷受所の現場監督に就いている。磯野計 フレッシュアイペディアより)

  • 上五島国家石油備蓄基地

    上五島国家石油備蓄基地から見た日本郵船日本郵船

    1981年(昭和56年)12月、上五島地区が国家石油備蓄基地の建設地と決定した。1982年2月、石油公団(現石油天然ガス・金属鉱物資源機構)や三菱石油(現JX日鉱日石エネルギー)、日本郵船など出資により上五島石油備蓄株式会社設立。1984年に備蓄基地着工。1988年9月に完成し、翌1989年1月には原油の充填が完了した。上五島国家石油備蓄基地 フレッシュアイペディアより)

  • 1945年7月22-23日の海戦

    1945年7月22-23日の海戦から見た日本郵船日本郵船

    7月22日、台風は過ぎ去ったものの、日中は波の荒い状態が続いていた。第61駆逐戦隊は夕方から速度を上げ、単縦陣で最終コースに入った。23時05分、24ノットで航行中の「デ・ヘヴン」のSGレーダー(捜索用)は、19海里(約35km)の距離に水上目標をとらえた。その11分後、今度は射撃管制レーダーが目標をとらえ、4隻の船影であることが確認できた。これは、貨物船「延文丸」(日本郵船、6919総トン)と「第5博鉄丸」(西海汽船、800総トン)及び護衛の「第1号掃海艇」と「第42号駆潜艇」からなる護送船団で、館山湾で船団を編成して同日21時00分に出航、函館港へ向け航行中であった。1945年7月22-23日の海戦 フレッシュアイペディアより)

  • グレイリング (SS-209)

    グレイリング (SS-209)から見た日本郵船日本郵船

    1943年1月7日、グレイリングは5回目の哨戒でルソン島方面に向かった。1月15日夜にの地点で120トン級スクーナーを砲撃で撃沈した後、1月20日にはマニラ湾口で病院船朝日丸(日本郵船、9,326トン)を発見するが、識別表にある朝日丸の要目には「二本煙突」と記してあるのに、目の前を航行する本物の朝日丸には一本しか煙突がないことを指摘した。1月25日夜、グレイリングはのベルデ島水路で中型貨物船を発見し魚雷を4本発射するも、夜間潜望鏡を使ったこの攻撃は失敗した。翌1月26日にはのミンドロ島近海で輸送船潮丸(丸辰海運、749トン)を撃沈。翌1月27日にもで4,500トン級貨物船を発見して攻撃し、貨物船を撃破したと報じた。2月11日、グレイリングはの地点でマニラを出港したばかりの第834船団を発見して攻撃し、陸軍船宝永山丸(山下汽船、6,033トン)に魚雷を命中させ航行不能に陥らせ、船団自体もマニラに引き返していった。2月13日にはのコレヒドール島近海で、マニラ湾に入りつつある海軍徴傭船鎌倉丸(日本郵船、17,498トン)を発見して接近するも、直前にQシップが反転して接近しつつあったため、目標をQシップに切り替えて魚雷を3本発射したが、Qシップは攻撃を避けて爆雷を39発投じ、戦果確認どころではなかった。2月24日、グレイリングは49日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。グレイリング (SS-209) フレッシュアイペディアより)

  • NYKロジスティックスジャパン

    NYKロジスティックスジャパンから見た日本郵船日本郵船

    NYKロジスティックスジャパン(えぬわいけいロジスティックスジャパン、NYK Logistics (Japan))は、株式会社ジェイアイティーとNYKロジスティックスジャパン株式会社が合併し、社名をNYKロジスティックスジャパン株式会社として営業を開始。日本郵船の物流事業を担う子会社。NYKロジスティックスジャパン フレッシュアイペディアより)

  • NYK

    NYKから見た日本郵船日本郵船

    NYK フレッシュアイペディアより)

540件中 51 - 60件表示