721件中 61 - 70件表示
  • 照国丸

    照国丸から見た日本郵船日本郵船

    照国丸(てるくにまる、照國丸)とは、かつて日本郵船が欧洲航路で運航していた貨客船である。照国丸 フレッシュアイペディアより)

  • 金唐革紙

    金唐革紙から見た日本郵船日本郵船

    1985年、旧日本郵船小樽支店(重要文化財、小樽市)の復元事業で、東京文化財研究所の助言を受けて金唐革紙研究所が新設され、現代版「金唐革紙」の復元製作が行われた。しかし、当初は本格的な技術者がおらず、製品品質・製作量は低いものであった。(「金唐紙(きんからかみ)」とは金唐革紙研究所製品にのみ用いる、研究所によって新しく考えられた造語である。)金唐革紙 フレッシュアイペディアより)

  • 東海丸

    東海丸から見た日本郵船日本郵船

    東海丸はかつて日本郵船が保有した汽帆走客船である。東海丸 フレッシュアイペディアより)

  • バタビア沖海戦

    バタビア沖海戦から見た日本郵船日本郵船

    海戦自体は約2時間の戦闘で連合軍巡洋艦2隻撃沈、日本軍の損害軽微(白雪、春風、敷波小破)と日本海軍の一方的な勝利に終わったが、0135パンジャン島南方で日本軍輸送船団を直衛していた第二号掃海艇が突然右舷缶室に魚雷1本の直撃を受け、艦体切断したのち転覆した。戦死傷者約40名。0138に陸軍輸送船の佐倉丸(日本郵船、9,246トン)の左舷4番船倉に魚雷1本が命中、さらに0200頃に左舷機関室に魚雷1本が命中して佐倉丸は沈没した。0140に陸軍病院船の蓬莱丸(大阪商船、9,192トン)の左舷機関室に魚雷1本が命中し、横転着底した。また、陸軍輸送船の龍野丸(日本郵船、7,296トン)が魚雷を回避中に座礁するという損害が出た。第16軍司令官今村均中将座乗の陸軍特殊船(揚陸艦)龍城丸(神洲丸)にも魚雷が命中して、同艦は大破着底した。今村中将は海上へ投げ出され、漂流後0430に救助された。第16軍司令部首脳に被害はなかった。また揚陸作戦・攻略作戦全体に大きな影響はなかったものの、第16軍司令部は龍城丸沈没と無線機喪失による不便に堪えねばならなかった。今村中将は「極く強い電光をかがやかして湾内をかけめぐる2隻の高速魚雷艇」に撃沈されたと回想している(後述参照)。日本側は連合軍側の魚雷艇とした。バタビア沖海戦 フレッシュアイペディアより)

  • 壱岐 (海防艦)

    壱岐 (海防艦)から見た日本郵船日本郵船

    1943年(昭和18年)6月1日、壱岐は玉野造船所から呉に移動。10日、佐伯へ向け呉を出港。同日早朝、の宮崎県細島沖で、給油艦石廊が米潜ティノサ(USS Tinosa, SS-283)の雷撃を受けて損傷する。11日、壱岐は敷設艇怒和島と共に石廊に合流し、対潜掃討を行う。0900、潜水艦を探知して爆雷攻撃を行う。その後、パラオから横浜に向かっていたサイパン丸(日本郵船、5,533トン)他輸送船2隻と護衛の水雷艇鳩、敷設艇由利島、哨戒艇第31号哨戒艇からなるP607船団の護衛に怒和島と共に加わる。都井岬沖で湖南丸(大阪商船、2,627トン)、特設運送船南海丸(大阪商船、8,416トン)が船団に合流。壱岐は途中で船団から分離し、13日に佐伯に到着した。16日、佐伯を出港して対潜哨戒を行い、17日に佐伯に戻った。壱岐 (海防艦) フレッシュアイペディアより)

  • 土井晩翠

    土井晩翠から見た日本郵船日本郵船

    1902年(明治35年)8月、イギリス・ロンドン郊外のティルベリー(テムズ川河口港)にて、日本郵船「若狭丸」で帰国途中だった瀧廉太郎と最初で最後の対面をする。土井晩翠 フレッシュアイペディアより)

  • 浅間丸

    浅間丸から見た日本郵船日本郵船

    浅間丸(淺間丸、あさままる)は、日本郵船が所有していた貨客船である。その豪華さから「太平洋の女王」と呼ばれることもあった。浅間丸 フレッシュアイペディアより)

  • 永井久一郎

    永井久一郎から見た日本郵船日本郵船

    永井 久一郎(ながい きゅういちろう、嘉永5年8月2日(1852年9月15日) - 大正2年(1913年)1月2日)は、日本の漢詩人、官僚。文部省、内務省、帝国大学などに勤め、のち日本郵船に転じた。正四位。諱は匡温(まさはる)また温、字は伯良・耐甫、号は禾原(かげん)・来青。久一郎は元来は通称。永井久一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 交換船

    交換船から見た日本郵船日本郵船

    当時日本とイギリス、アメリカは総力戦の真っただ中であったため、各国において交換船として使用されるような大型船舶は殆ど全て戦時徴用されていたものの、交換船として運航されることが決まった船舶は一時的に戦時徴用を解かれ、名目上は日本郵船などの民間籍に戻され運航されることとなった。交換船 フレッシュアイペディアより)

  • 郵船ビルディング

    郵船ビルディングから見た日本郵船日本郵船

    日本郵船会社により新社屋として計画され、同社は用地として1917年(大正6年)10月、1,410.45坪の敷地を三菱合資会社より賃借しその建設を図った。郵船ビルディング フレッシュアイペディアより)

721件中 61 - 70件表示