540件中 71 - 80件表示
  • 木下淑夫

    木下淑夫から見た日本郵船日本郵船

    1912年(明治45年)、当時、内務大臣と鉄道院総裁を兼任していた原敬に平井と木下は外客誘致機関の設立を提案する機会を得た。1時間にわたる2人の熱弁の後、原敬は予定予算5万円のうち2万5000円を鉄道院の会計から拠出することを承諾した。鉄道院の他、南満州鉄道・朝鮮鉄道・帝国ホテル・日本郵船などからも出資を得て、1912年3月に設立総会が開かれた。同年5月に第一回の理事会が開かれ、正式に、ジャパン・ツーリスト・ビューローと名付けられた。木下淑夫 フレッシュアイペディアより)

  • ファンネルマーク

    ファンネルマークから見た日本郵船日本郵船

    例: 日本郵船の子会社の近海郵船物流の場合、日本郵船の白地の煙突に2本の赤線が巻かれたデザインの後方部分を三角に切り欠いている。ファンネルマーク フレッシュアイペディアより)

  • 岩永裕吉

    岩永裕吉から見た日本郵船日本郵船

    1890年(明治23):岩永家に養子入籍。養父は岩永省一。(郵便汽船三菱会社を経て日本郵船に入り、1899年に専務取締役。後藤多仲の次男で園子の弟。養母の郷子は京都の絵師山本梅逸の娘。)岩永裕吉 フレッシュアイペディアより)

  • 岩永裕吉

    岩永裕吉から見た郵便汽船三菱会社日本郵船

    1890年(明治23):岩永家に養子入籍。養父は岩永省一。(郵便汽船三菱会社を経て日本郵船に入り、1899年に専務取締役。後藤多仲の次男で園子の弟。養母の郷子は京都の絵師山本梅逸の娘。)岩永裕吉 フレッシュアイペディアより)

  • 坂東舜一

    坂東舜一から見た日本郵船日本郵船

    兵庫県津名郡生まれ。大正5年(1916年)慶應義塾大学理財科を卒業したのち、日本郵船に入社。7年同社を退社し、中島飛行機の前身である合資会社日本飛行機製作所の創設に関わり、事務長に就任。9年から川西機械製作所飛行機部支配人を務めた後、12年には日本航空株式会社を創立し、取締役支配人となる。坂東舜一 フレッシュアイペディアより)

  • クヌッツェン・オフショア・タンカーズ

    クヌッツェン・オフショア・タンカーズから見た日本郵船日本郵船

    2010年11月26日、日本の日本郵船が第三者割当増資を行い、クヌッツェン・オフショア・タンカーズの持ち株会社と折半出資の体制に移行することが報道された。クヌッツェン・オフショア・タンカーズ フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺沙鴎

    渡辺沙鴎から見た日本郵船日本郵船

    文久3年12月(1864年1月)名古屋に生まれる。幼いときから書を水谷魯堂に学び、12歳のとき中京でその名も高い恒川宕谷(1819年 - 1907年)に師事した。天与の才があり、15歳にして早くも数多い門弟中、助教授に抜擢され、手本を執筆した。明治22年(1889年)上京し、日下部鳴鶴の門に入り、その後、鳴鶴の勧めで、巌谷一六、中林梧竹を訪ねる。日本郵船に勤務の傍ら、鳴鶴・梧竹の益を受け、特に梧竹の書論の影響を受けた。そして中国の碑帖、元・明より六朝・漢・魏に至る古典を探究し、格調の高い独自の書風を確立した。渡辺沙鴎 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本健三郎

    岡本健三郎から見た日本郵船日本郵船

    維新後は大阪府に勤め、土木頭、治部司、太政官権判事、大蔵大亟を歴任。明治5年(1872年)博覧会用務でオーストリアへ派遣された。明治6年(1873年)明治六年政変で板垣退助らとともに下野し、板垣らとともに民選議院設立建白書を作成した。明治11年(1878年)立志社の獄で、小銃の弾薬を購入を企てた事を理由に投獄され、出獄後は自由党に加入しつつ、実業家として活動を始め、明治18年(1885年)日本郵船理事となっている。岡本健三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道454号小樽海岸公園線

    北海道道454号小樽海岸公園線から見た日本郵船日本郵船

    日本郵船小樽支店=小樽市色内3丁目北海道道454号小樽海岸公園線 フレッシュアイペディアより)

  • 三田一也

    三田一也から見た日本郵船日本郵船

    東京高等商船学校卒業後、日本郵船にて船長を歴任、戦争中は、帝国海軍の中佐として、特設砲艦第五信洋丸砲艦長を経て海上護衛総司令部調査室長をつとめ、参謀の大井篤大佐の下で、シーレーン防衛の研究と、作戦の立案に従事した。戦後、海上保安庁に移り海上保安庁警備救難監(海上保安官のトップ)に登りつめる。海上保安庁時代には、再軍備(海上自衛隊)を討議した「Y委員会」の主要メンバー。Y委員会は、旧海軍軍人が11名中8名という大勢を占め、海上保安庁側は文官たる長官及び次長と海上保安官のトップである警備救難監(三田)のみが参与することとなり、人数的にも海軍再建を目指す旧海軍側が主流となっていた。なお、海上保安庁側の専門家の立場である三田は、海軍再建には終始反対の立場を取った。三田一也 フレッシュアイペディアより)

540件中 71 - 80件表示

「日本郵船」のニューストピックワード