721件中 81 - 90件表示
  • 日華連絡船

    日華連絡船から見た日本郵船日本郵船

    日華連絡船(にっかれんらくせん)は、かつて日本郵船(のちに東亜海運へ移管)により神戸、長崎と中国・上海との間で運行されていた国際定期旅客航路である。日華連絡船 フレッシュアイペディアより)

  • 沖波 (駆逐艦)

    沖波 (駆逐艦)から見た日本郵船日本郵船

    2月26日、第31駆逐隊(岸波、沖波、朝霜)は宇品を出港し、マリアナ諸島へ移動する第29師団(通称号「雷」師団長高品彪陸軍中将、歩兵第18連隊〈聯隊長門間健太郎大佐〉、歩兵第38連隊〈聯隊長末長常太郎大佐〉、歩兵第50連隊〈聯隊長緒方敬志大佐〉、師団戦車隊・補給部隊等)の陸軍兵士と装備品を乗せた安芸丸(日本郵船、11,409トン)、東山丸(大阪商船、8,666トン)、埼戸丸(戦史叢書では「崎戸丸」と表記、日本郵船、9,247トン)の3隻の優秀貨客船による緊急輸送作戦に従事した。沖波 (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • NYK

    NYKから見た日本郵船日本郵船

    NYK フレッシュアイペディアより)

  • 郵船

    郵船から見た日本郵船日本郵船

    郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 土方重巳

    土方重巳から見た日本郵船日本郵船

    兵庫県生まれだが、父が日本郵船勤務で幼時は各地を転々とする。成城学園から東京開成中学(旧制)を経て1933年帝国美術学校(武蔵野美術大学の前身)図案科に入学。1935年、3年生のとき帝美分裂に伴い多摩美へ。1938年卒業、東宝映画(現東宝)入社、ポスターや広告などを描く。1944年応召、横須賀海兵隊に配属。復員後東宝に復帰するが1948年、東宝争議の発端の人員整理により退社(その後1年は「契約者」として東宝の仕事を行った)。翌年、「婦人朝日」(朝日新聞社発行)編集長の飯沢匡と出会い、1950年1月号に初めての童画「森の大さわぎ」を描く。以後、映画、演劇のポスターのほか、演劇の舞台装置、CMのデザイン、童画、挿絵などでその実力を発揮。また川本喜八郎らの協力を得て制作した人形絵本は国内版・外国版を含めて百数十種出版した。土方重巳 フレッシュアイペディアより)

  • 小樽市指定歴史的建造物

    小樽市指定歴史的建造物から見た日本郵船日本郵船

    日本郵船小樽支店残荷倉庫(小樽ナトリ) 1994年5月12日指定小樽市指定歴史的建造物 フレッシュアイペディアより)

  • 郵便汽船三菱会社

    郵便汽船三菱会社から見た日本郵船日本郵船

    郵便汽船三菱会社 フレッシュアイペディアより)

  • 郵船事業

    郵船事業から見た日本郵船日本郵船

    郵船事業 フレッシュアイペディアより)

  • クヌッツェン・オフショア・タンカーズ

    クヌッツェン・オフショア・タンカーズから見た日本郵船日本郵船

    2010年11月26日、日本の日本郵船が第三者割当増資を行い、クヌッツェン・オフショア・タンカーズの持ち株会社と折半出資の体制に移行することが報道された。クヌッツェン・オフショア・タンカーズ フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺沙鴎

    渡辺沙鴎から見た日本郵船日本郵船

    文久3年12月(1864年1月)名古屋に生まれる。幼いときから書を水谷魯堂に学び、12歳のとき中京でその名も高い恒川宕谷(1819年 - 1907年)に師事した。天与の才があり、15歳にして早くも数多い門弟中、助教授に抜擢され、手本を執筆した。明治22年(1889年)上京し、日下部鳴鶴の門に入り、その後、鳴鶴の勧めで、巌谷一六、中林梧竹を訪ねる。日本郵船に勤務の傍ら、鳴鶴・梧竹の益を受け、特に梧竹の書論の影響を受けた。そして中国の碑帖、元・明より六朝・漢・魏に至る古典を探究し、格調の高い独自の書風を確立した。渡辺沙鴎 フレッシュアイペディアより)

721件中 81 - 90件表示