178件中 91 - 100件表示
  • 日本郵船

    日本郵船から見たマースクライン

    2006年(平成18年)2月に、マースクライン社が世界第3位の業界シェアを占めるオランダの海運会社P&ONedlloyd 社と合併し世界最大手になったため、NYKは連結売上高で世界2位になった。国内以上に海外での知名度が高く、日本海運の代表と呼ばれる所以である。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た海運アライアンス

    1899年(明治32年) - ロンドン寄航・積荷権獲得。欧州・極東往航同盟に加盟。アントワープでの取引減。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た三菱グループ

    日本郵船株式会社(にっぽんゆうせん、Nippon Yusen Kabushiki Kaisha)は、1885年(明治18年)9月29日に創立された船会社である。三菱財閥(三菱グループ)の中核企業であり、三菱重工とともに三菱グループの源流企業である。1893年(明治26年)12月15日に株式会社となった。日本の3大海運会社の一つであり、戦後の株式特定銘柄12社(平和不動産、東レ、旭化成工業、日本石油、住友電気工業、日本電気、松下電器産業、三菱重工業、トヨタ自動車、三井物産、東京海上火災保険、日本郵船)の一つでもある。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た港湾

    国内・海外を合わせて350以上の都市のへ838隻の運航船舶が乗り入れており、運航船舶数規模及び連結売上高及び連結純利益で日本では1位、世界でも最大手の海運会社のひとつである。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見たバルチック艦隊

    1905年(明治38年) - 信濃丸がバルチック艦隊を発見し第一通報者となる。9月、函館-南樺太間に命令航路を開く。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見たマン島

    1998年(平成10年) - 旧六大海運会社の一角、昭和海運株式会社と合併。5月、自家再保険会社 Compass Insurance Company Limited をマン島に設立。船社の完全子会社としては日本初。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た経済学博士

    寺島成信(元参与)- 日本で最初の経済学博士、海運論専攻日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た潜水艦

    1945年(昭和20年) - 安導権を持つ日本郵船所属の船舶阿波丸が、アメリカ海軍の潜水艦の不当な雷撃を受け撃沈された(阿波丸事件)。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た佐倉丸

    郵船S型貨物船:崎戸丸、讃岐丸、佐渡丸、佐倉丸、相模丸、相良丸、笹子丸日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た大鷹 (空母)

    新田丸(のちの空母冲鷹)、二代目八幡丸(のちの空母雲鷹)、ただし前二隻は第二次世界大戦の影響で北米航路に就航、二代目春日丸(建造途中で中止、のちの空母大鷹日本郵船 フレッシュアイペディアより)

178件中 91 - 100件表示