178件中 61 - 70件表示
  • 日本郵船

    日本郵船から見た再保険

    1998年(平成10年) - 旧六大海運会社の一角、昭和海運株式会社と合併。5月、自家再保険会社 Compass Insurance Company Limited をマン島に設立。船社の完全子会社としては日本初。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見たカルテル

    2014年(平成26年) - 自動車輸送船の運賃で価格カルテルを結んでいたとして131億円を課徴された。川崎汽船56億、ワレニウス・ウィルヘルムセン34億。商船三井は内部告発により独占禁止法の排除措置命令を免れている。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た貿易摩擦

    欧米と協調して航路を拓いてきた歴史をもつ一方、石原産業海運の盟外配船がもとで、最盛期の1935年にオランダと貿易摩擦を経験している。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た三菱商会

    「郵便汽船三菱会社」(日本郵船の前身:国有会社であった日本国郵便蒸気船会社と三菱商会が合併して設立)と、三井系国策会社である「共同運輸会社」とがたび重なる値下げ競争を行ったことで、日本の海運業の衰退を危惧した政府の仲介で両社が合併し、日本郵船会社が設立された。ファンネルマーク(船の煙突部分につける会社のマーク)は、白地に2本の赤の線で「二引」と呼ばれ、二社の対等合併を表す。(三菱商会の淵源にあたる海援隊の隊旗に倣ったもの)日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た船舶運営会

    1940年代 - 船舶運営会設立に際し引き続き船舶の運航実務を行うと共に実務者第一班の班長会社に指定日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た東京海上火災保険

    1974年(昭和49年) - 自家保険会社 Haiphoon Insurance Comp-any Limited を東京海上火災保険と折半出資で香港に設立。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た近海郵船物流

    1969年(昭和44年) - 近海・内航部門を近海郵船株式会社(1949年企業再建整備法に基づき郵船近海機船から継承され設立)へ委譲。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見たクヌッツェン・オフショア・タンカーズ

    2008年(平成20年) - ノルウェーの特殊石油タンカー大手のクヌッツェン・オフショア・タンカーズ(KOT)の株式50%を取得。深海油田輸送事業に参入。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た東洋汽船

    1909年(明治42年) - 遠洋航路補助法成立。日本郵船は終始反対。奨励金を得るため空船航海をする者がいた。この法律で補助を受けた東洋汽船とは大正15年に関係ができる。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵船

    日本郵船から見た三菱財閥

    日本郵船株式会社(にっぽんゆうせん、Nippon Yusen Kabushiki Kaisha)は、1885年(明治18年)9月29日に創立された船会社である。三菱財閥(三菱グループ)の中核企業であり、三菱重工とともに三菱グループの源流企業である。1893年(明治26年)12月15日に株式会社となった。日本の3大海運会社の一つであり、戦後の株式特定銘柄12社(平和不動産、東レ、旭化成工業、日本石油、住友電気工業、日本電気、松下電器産業、三菱重工業、トヨタ自動車、三井物産、東京海上火災保険、日本郵船)の一つでもある。日本郵船 フレッシュアイペディアより)

178件中 61 - 70件表示