前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
796件中 1 - 10件表示
  • 日本酒の歴史

    日本酒の歴史から見た日本酒日本酒

    日本酒の歴史(にほんしゅのれきし)では、日本酒の歴史について説明する。日本酒の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 酒米

    酒米から見た日本酒日本酒

    酒米(さかまい)は、日本酒を醸造する原料、主に麹米(こうじまい)として使われる米である。正式には酒造好適米もしくは醸造用玄米と呼ばれ、特有の品質が求められるため、通常の食用米や一般米とは区別される。使用される種類や方法には、近年注目すべき変化がある。酒米 フレッシュアイペディアより)

  • 段仕込み

    段仕込みから見た日本酒日本酒

    段仕込み(だんじこみ)とは、日本酒の醸造工程の一つである醪造り(もろみづくり)において、その前の工程で造られた酒母(しゅぼ)もしくは酛(もと)へ、麹と蒸米を三段階に分けて加えていくことによって、酵母に対して適応可能なゆるやかな環境変化を与え、その活性を損なわないようにする工夫のこと。または、その工夫をこらした製法と、その製法で造られた完成酒をいう。段仕込み フレッシュアイペディアより)

  • 生もと

    生もとから見た日本酒日本酒

    生(きもと)とは、日本酒の製法用語の一つで、現存する酒造りの技法の中でもっとも伝統的な造り方である。たいへんな労働を必要とするため、しだいに工程を省略する手法が探究され、明治時代に山廃(やまはいもと)が、ついで速醸(そくじょうもと)が考案された。一時期、生造りはほとんど行なわれなくなったが、近年の伝統再評価の流れの中でふたたび脚光を浴びつつある。生もと フレッシュアイペディアより)

  • 清酒酵母

    清酒酵母から見た日本酒日本酒

    清酒酵母(せいしゅこうぼ)とは、清酒醸造に用いられる酵母の総称。清酒の香味を大きく左右する要因の一つ。種としてはほとんどが出芽酵母 Saccharomyces cerevisiaeで、中でも特に醸造特性の高い株が選抜して用いられることが多い。また、必ずしも単一の株だけが用いられるわけではなく、酒母を混合したり、出来上がった酒をブレンドするなどの手法でそれぞれの株の長所を組み合わせた形で用いられることも多い。清酒酵母 フレッシュアイペディアより)

  • 杜氏

    杜氏から見た日本酒日本酒

    杜氏(とうじ、とじ)とは、日本酒の醸造工程を行う職人集団、すなわち蔵人の監督者であり、なおかつ酒蔵の最高製造責任者をいう。杜氏 フレッシュアイペディアより)

  • 全国新酒鑑評会

    全国新酒鑑評会から見た日本酒日本酒

    全国新酒鑑評会(ぜんこくしんしゅかんぴょうかい)は、1911年(明治44年)に始まり、現在も続いている日本酒の新酒の全国規模の品評会である。全国新酒鑑評会 フレッシュアイペディアより)

  • 融米造り

    融米造りから見た日本酒日本酒

    融米造り(ゆうまいづくり)は、日本酒の現代の製法の一つで、高温糖化法、高熱液化仕込みの一種。大手酒造メーカーの月桂冠によって開発された方法。焙炒造りと同様に、伝統的な工芸品というよりも、時代に即した近代的工業製品として日本酒をとらえているところが大きな特徴である。その点に関して今もって賛否両論がある。融米造り フレッシュアイペディアより)

  • 麹蓋

    麹蓋から見た日本酒日本酒

    麹蓋(こうじぶた)とは、日本酒の醸造工程で使う道具の一つで、麹造りの段階で用いられる。もろ蓋ともいう。麹蓋 フレッシュアイペディアより)

  • 協会系酵母

    協会系酵母から見た日本酒日本酒

    協会系酵母とは、日本醸造協会で頒布している日本酒、焼酎およびワインの酵母菌のことである。ブランド名はひらがなできょうかい酵母と書く。協会系酵母 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
796件中 1 - 10件表示

「日本酒」のニューストピックワード