1119件中 31 - 40件表示
  • 火落ち

    火落ちから見た日本酒日本酒

    火落ち(ひおち)とは、日本酒の製法用語の一つで、製造している日本酒が貯蔵中に白濁して腐造することをいう。火落ち菌(火落菌)によって引き起こされる。これを防ぐために火入れという工程が行なわれる。火落ち フレッシュアイペディアより)

  • 尾澤酒造場

    尾澤酒造場から見た清酒日本酒

    株式会社尾澤酒造場(おざわしゅぞうじょう、)は、日本の清酒製造業者。尾澤酒造場 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾の日本酒

    台湾の日本酒から見た日本酒日本酒

    台湾の日本酒(たいわんのにほんしゅ)では、台湾における日本酒について述べる。台湾の日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 盛田

    盛田から見た清酒日本酒

    1665年(寛文5年)に、愛知県知多郡小鈴谷村(こすがやむら、現・常滑市小鈴谷)で創業。自社ブランドとして清酒「ねのひ」、味噌醤油、調味料商標の「盛田」を展開する。盛田 フレッシュアイペディアより)

  • 中澤酒造

    中澤酒造から見た日本酒日本酒

    中澤酒造株式会社(なかざわしゅぞう)は、神奈川県足柄上郡松田町にある酒造メーカー。日本酒を中心に製造販売する。主要銘柄名は「松美酉(まつみどり)」。1825年(江戸・文政8年)創業。中沢酒造で表記されている場合もある。中澤酒造 フレッシュアイペディアより)

  • 杉玉

    杉玉から見た日本酒日本酒

    杉玉(すぎたま、すぎだま)とは、スギの葉(穂先)を集めてボール状にした造形物。酒林(さかばやし)とも呼ばれる。日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせる役割を果たす。「搾りを始めました」という意味である。杉玉 フレッシュアイペディアより)

  • 菩提泉

    菩提泉から見た日本酒日本酒

    菩提泉(ぼだいせん)とは、平安時代中期から室町時代末期にかけて、もっとも上質で高級であったとされる銘柄名。菩提泉 フレッシュアイペディアより)

  • 亀の尾

    亀の尾から見た日本酒日本酒

    亀ノ尾は、食用米としても、酒米としても多くの子孫品種をもつが、1970年代には「亀の尾」自体は栽培されることがなくなっていた。新潟県三島(さんとう)郡和島(わしま)村の、『清泉(きよいずみ)』で知られる久須美酒造の酒造家である久須美記廸(くすみ・のりみち)は、杜氏である河井清から、むかし亀の尾で作った日本酒が素晴らしかったとの話を聞いて、亀の尾を復活させることを考えた。1980年(昭和55年)に、新潟県農業試験場から1500粒の種子を譲り受け、翌年と翌々年に育成増量し、1983年(昭和58年)には醸造に足る収量を得たため、亀の尾を原料に使った吟醸酒「亀の翁」(かめのお)が製造された。亀の尾 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦仙三郎

    三浦仙三郎から見た日本酒日本酒

    三浦 仙三郎(みうら せんざぶろう、1847年3月8日〈弘化4年1月22日〉 - 1908年〈明治41年〉8月15日)は、日本の酒造家。1887年(明治20年)創案した軟水による醸造法「三浦式醸造法」は、天下の名酒広島酒発展の基礎を築いた。「吟醸酒の父」ともいわれる。また酒造りの傍ら、村会議員、三津町長および町会議員としても活躍した。三浦仙三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三津の酒

    三津の酒から見た日本酒日本酒

    三津の酒(みつのさけ)は、広島県の旧賀茂郡三津町、現在の東広島市安芸津町三津で作られる日本酒。安芸津の名も用いられる。地域団体商標「広島の酒」の中の一つ。三津の酒 フレッシュアイペディアより)

1119件中 31 - 40件表示

「日本酒」のニューストピックワード

  • 方向性の違い

  • 自粛中に離婚」30代夫婦が悟った絶望的な亀裂 コロナで思い知らされた

  • ファンドオフ・ザ・チェーン率いるエステス