796件中 31 - 40件表示
  • 火落ち

    火落ちから見た日本酒日本酒

    火落ち(ひおち)とは、日本酒の製法用語の一つで、製造している日本酒が貯蔵中に白濁して腐造することをいう。火落ち菌(火落菌)によって引き起こされる。これを防ぐために火入れという工程が行なわれる。火落ち フレッシュアイペディアより)

  • 杉玉

    杉玉から見た日本酒日本酒

    杉玉(すぎたま)とは、スギの葉(穂先)を集めてボール状にした造形物。酒林(さかばやし)とも呼ばれる。日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせる役割を果たす。「搾りを始めました」という意味である。杉玉 フレッシュアイペディアより)

  • 旭酒造 (山口県)

    旭酒造 (山口県)から見た日本酒日本酒

    日本酒『獺祭』(だっさい)のみを製造している。醸造アルコールなどの副原料を用いず精米歩合が50%以下の日本酒(つまり純米大吟醸酒)のみを造っているというのが特徴。いわゆる普通酒を作らないという、酒造メーカーとしてはリスクの高い経営方針を採っているが、「酔うため 売るための酒ではなく 味わう酒を求めて」とのポリシーの下での酒造りを行った結果、20年で売り上げが5倍に伸びたという。旭酒造 (山口県) フレッシュアイペディアより)

  • 盛田

    盛田から見た清酒日本酒

    1665年(寛文5年)に、愛知県知多郡小鈴谷村(こすがやむら、現・常滑市小鈴谷)で創業。自社ブランドとして清酒「ねのひ」、味噌醤油、調味料商標の「盛田」を展開する。盛田 フレッシュアイペディアより)

  • 東広島市

    東広島市から見た日本酒日本酒

    中心地である西条はどころとして有名である。三浦仙三郎による軟水醸造法の発明と指導普及により、全国清酒品評会(現在の全国新酒鑑評会)で上位を占め、灘、伏見とともに全国に名が知られるようになった。狭い地域に多くの酒蔵が軒を連ねて並ぶ「酒蔵通り」には、白壁やなまこ壁、赤煉瓦の煙突など独特な建物が並んでいる。毎年10月には「酒まつり」が催され多くの観光客が訪れる。1995年より国税庁醸造研究所(現・独立行政法人酒類総合研究所)が東京より移転して来た(もっとも東京には規模を縮小した事務所が残されており、たとえば全国新酒鑑評会は東京で行われている)。東広島市 フレッシュアイペディアより)

  • 亀の尾

    亀の尾から見た日本酒日本酒

    亀ノ尾は、食用米としても、酒米としても多くの子孫品種をもつが、1970年代には「亀の尾」自体は栽培されることがなくなっていた。新潟県三島(さんとう)郡和島(わしま)村の、『清泉(きよいずみ)』で知られる久須美酒造の酒造家である久須美記廸(くすみ・のりみち)は、杜氏である河井清から、むかし亀の尾で作った日本酒が素晴らしかったとの話を聞いて、亀の尾を復活させることを考えた。1980年(昭和55年)に、新潟県農業試験場から1500粒の種子を譲り受け、翌年と翌々年に育成増量し、1983年(昭和58年)には醸造に足る収量を得たため、亀の尾を原料に使った吟醸酒「亀の翁」(かめのお)が製造された。亀の尾 フレッシュアイペディアより)

  • 焼酎

    焼酎から見た日本酒日本酒

    日本酒同様、米を原料とする。味はやや濃厚。焼酎 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た日本酒日本酒

    携帯電話やパソコンなどに不可欠な固定コンデンサの出荷額は1,712億円(2008年(平成20年)度)で全国1位。木材生産量は全国4位。樹齢200年をこえる天然秋田杉は木曽のヒノキ、津軽のヒバとならび日本三大美林のひとつ。コメの産出は北海道、新潟県に次いで全国3位である。稲庭うどんは日本三大うどんのひとつ。日本酒生産は、兵庫県、京都府、新潟県、埼玉県、愛知県に次いで全国6位である。1人当たりの県民所得は全国34位(平成21年度)。。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒の歴史

    日本酒の歴史から見た清酒日本酒

    『播磨国風土記』には「清酒(すみさけ)」というものに関する記事もある。これを現在の清酒(せいしゅ)の初見とみなす説があるが、議論の分かれるところである。日本酒の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 白山菊酒

    白山菊酒から見た日本酒日本酒

    白山菊酒(はくさんきくさけ)は、白山菊酒呼称統制機構が2005年8月11日に創立した日本酒のブランド名。白山菊酒 フレッシュアイペディアより)

796件中 31 - 40件表示

「日本酒」のニューストピックワード