796件中 51 - 60件表示
  • 鴻池流

    鴻池流から見た日本酒日本酒

    鴻池は、摂津国猪名川上流にある郷村であり、同じ川沿いの池田・伊丹、さらに武庫川上流の小浜(こはま)・大鹿などの郷とともに、室町時代中期から他所酒を生産し始めていた。日本酒の趨勢として、戦国時代に僧坊酒が衰退すると、これらの酒郷は奈良流の製法を吸収し、当時の日本の酒市場で一挙に台頭してきた。鴻池流 フレッシュアイペディアより)

  • 寒造り

    寒造りから見た日本酒日本酒

    寒造り(かんづくり)とは、日本酒の仕込み方の一つの名称で、気温の低い冬場に仕込むものをいう。寒仕込み(かんじこみ)ともいう。四季醸造の対立概念として用いられることもある。寒造り フレッシュアイペディアより)

  • 奈良流

    奈良流から見た日本酒日本酒

    奈良流(ならりゅう)とは、日本酒の製法に関する流派の一つ。僧坊酒の伝統や技法を直接に受け継ぎ、江戸時代の諸流派の源となった流派。奈良流 フレッシュアイペディアより)

  • 伊丹酒

    伊丹酒から見た日本酒日本酒

    伊丹酒(いたみざけ)とは、今の兵庫県伊丹市で産した日本酒の一つで、将軍の御膳酒にも用達された。雅号ふうに丹醸(たんじょう)とも呼ばれる。伊丹酒 フレッシュアイペディアより)

  • ライスワイン

    ライスワインから見た日本酒日本酒

    ライスワイン(英語:Ricewine、ドイツ語:Reiswein)は、米から作られた醸造酒(蒸留していない酒)。主として日本酒を指す。ライスワイン フレッシュアイペディアより)

  • 石田散薬

    石田散薬から見た日本酒日本酒

    刈り取った牛革草を天日で乾燥させ、目方を十分の一になるまでにする。そして、乾燥した牛革草を黒焼きにして鉄鍋に入れる。その後、日本酒を散布して、再び乾燥させる。最後に、薬研にかけて粉末にすれば完成。完成品は深いラベンダー色になる。石田散薬 フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸イソアミル

    酢酸イソアミルから見た日本酒日本酒

    日本酒の芳香成分の一つで、吟醸酒には数100 ppb–数 ppm 程度含まれている。日本酒の高品質化のため、大量の酢酸イソアミルを生産する清酒酵母の開発が進んでいる。酢酸イソアミル フレッシュアイペディアより)

  • 美酒鍋

    美酒鍋から見た日本酒日本酒

    美酒鍋(びしょなべ、または びしゅなべ)とは、広島県東広島市西条地域で作られる、日本酒を使った宴会料理。美酒鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 一升瓶

    一升瓶から見た日本酒日本酒

    一升瓶(いっしょうびん)とは、日本で用いられている液体専用のガラス製容器(瓶)で、容量約1.8リットル(一升)である。瓶の起源が日本酒用だったこと、リターナブル瓶であることの2点から、商品として充填される液体はほとんどが飲料や調味料などの食用品であり、食用に適さない製品が充填販売されることは非常に稀である。一升瓶 フレッシュアイペディアより)

  • 日本醸造協会

    日本醸造協会から見た日本酒日本酒

    明治以前における日本酒造りは、麹と水を合わせる過程において空気中に自然に存在する酵母を取り込んだり、蔵に住みついた「家つき酵母」もしくは「蔵つき酵母」に頼っていたが、これでは酵母の株が一定せず、いわゆる「科学的再現性」がなかったため、醸造される酒は品質が安定しなかった。日本醸造協会 フレッシュアイペディアより)

796件中 51 - 60件表示

「日本酒」のニューストピックワード