1119件中 51 - 60件表示
  • 酒造統制

    酒造統制から見た日本酒日本酒

    酒造りは大量の米を使うために、米を中心とする食料の供給とつねに競合する一面を持っている。不作で飢饉が続くときには酒造りへ回す米はないし、逆に豊作が続いて米が余り米価が下がり始めると酒に加工させておくほど好都合な使い道はない。その方が貯蔵にも便利であるし、他藩や上方や江戸表へ沖出し(おきだし)、すなわち移出するのも簡単だからである。だから、ちょうど現代の中央銀行が公定歩合を上げ下げして景気をコントロールしようとするのと同じで、そのときどきの米相場や食糧事情によって、幕府は酒造を統制したのであった。しかし、幕府としても酒蔵からの税収は貴重な財源であり、米価の調節機構としても酒の存在は無にしてはならず、また東北や北陸の北国諸藩では酒はけっして贅沢品ではなく身体を温める必需品であったので、まったく酒造りを禁じてしまうということはなかった。酒造統制 フレッシュアイペディアより)

  • 酒株

    酒株から見た日本酒日本酒

    はたんなる贅沢品ではなく、地方、とくに東北・北陸などの北国諸藩においては身体を温めるための生活必需品であった。一方、原料の米は日本人にとって欠くことのできない主食であり、また原則的には収穫量が決まっていたため、その「限りある資源」である米をどのように配分するかが、つねに江戸幕府の重要な経済課題となっていた。酒株 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口記念館

    坂口記念館から見た日本酒日本酒

    坂口記念館(さかぐちきねんかん)は、新潟県上越市頸城区にある、日本酒に関する展示施設。近代の作りに貢献した微生物学者・農学博士坂口謹一郎の業績を主に、頸城地方の酒作りについて紹介するための施設である。坂口記念館 フレッシュアイペディアより)

  • 雄町

    雄町から見た日本酒日本酒

    主に日本酒醸造に用いられており、全国でも栽培されているが、9割は岡山県産である。特に、岡山市、岡山市瀬戸(旧瀬戸町)、赤磐市赤坂町地区産のものが有名である。雄町 フレッシュアイペディアより)

  • 鴻池流

    鴻池流から見た日本酒日本酒

    鴻池は、摂津国猪名川上流にある郷村であり、同じ川沿いの池田・伊丹、さらに武庫川上流の小浜(こはま)・大鹿などの郷とともに、室町時代中期から他所酒を生産し始めていた。日本酒の趨勢として、戦国時代に僧坊酒が衰退すると、これらの酒郷は奈良流の製法を吸収し、当時の日本の酒市場で一挙に台頭してきた。鴻池流 フレッシュアイペディアより)

  • カプロン酸エチル

    カプロン酸エチルから見た日本酒日本酒

    日本酒の芳香成分の一つで、吟醸酒には数100 ppb–数 ppm 程度含まれている。日本酒の高品質化のため、大量のカプロン酸エチルを生産する清酒酵母の開発が進んでいる。カプロン酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 菩提もと

    菩提もとから見た清酒日本酒

    菩提酛(ぼだいもと)は、清酒製造に使用される酛(酒母)の一種、およびその酛を用いて造る酒の製法(菩提酛仕込)である。菩提もと フレッシュアイペディアより)

  • 四季醸造

    四季醸造から見た日本酒日本酒

    四季醸造(しきじょうぞう)は、冬の寒い時期だけでなく、一年を通じて日本酒を醸造すること。またはその技術や製法のこと。四季醸造 フレッシュアイペディアより)

  • 今泉宏美

    今泉宏美から見た日本酒日本酒

    農業プロジェクト『ノギャル』への参加や、日本赤十字社の献血推進運動への参画など、モデル業と併行させての社会貢献活動の積極的な取り組みも注目を集めてきた。その流れで自ら発起した日本酒広報企画『SAKEプロジェクト』の展開も注目を集める。今泉宏美 フレッシュアイペディアより)

  • 豊島屋本店

    豊島屋本店から見た清酒日本酒

    酒蔵(関連会社の豊島屋酒造株式会社)は東京都東村山市にあり、清酒「金婚」を始めとする日本酒や、みりんを醸造している。この「金婚」は明治神宮、神田明神、山王日枝神社の、東京における主要三大神社すべてに御神酒として納める唯一の清酒である。平成二十一酒造年度全国新酒鑑評会で、大吟醸が金賞を受賞した。また、創業者名を冠した十右衛門(じゅうえもん)、屋守(おくのかみ)という小仕込みの純米酒も醸造している。豊島屋本店 フレッシュアイペディアより)

1119件中 51 - 60件表示

「日本酒」のニューストピックワード