前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
385件中 1 - 10件表示
  • 日本酒

    日本酒から見た杜氏

    杜氏や蔵人の日常生活(食事や洗面など)には、一般人のそれと同じく水道水が用いられる。なお、興味深いことに、蔵人たちが入る風呂には酒造用水を用いる酒蔵が多い。すでにその段階から「仕込み」が始まっているとの酒蔵の考えによるものであり、縁起かつぎとして行っている。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た焼酎

    日本特有の製法で造られる酒には、清酒のほかにも、焼酎(麦焼酎、芋焼酎、沖縄の泡盛など)、みりん、鈴木梅太郎らが発明した合成清酒などがある。しかし、単に「日本酒」という場合には、清酒を指す。日本酒は、一般には単に酒(さけ)、お酒(おさけ)と呼ばれる。また、日本古語では酒々(ささ)、僧侶の隠語で般若湯(はんにゃとう)、江戸時代にはきちがい水という別称もあった。現代では、若者にポン酒(ぽんしゅ)と呼ばれることもある。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た

    日本酒(にほんしゅ)は、日本特有の製法で醸造された酒。一般的には、と麹と水を主な原料とする醸造酒である清酒(せいしゅ)を指す。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た乳酸菌

    日本酒の主な原料は、米と水と麹(米麹)であるが、それ以外にも酵母、乳酸菌など多くのものに支えられて日本酒が醸造されるので、広義にはそれらすべてを「日本酒の原料」と呼ぶこともある。専門的には、香味の調整に使われる「醸造アルコール」「酸味料」「調味料」「アミノ酸」「糖類」などは副原料と呼んで区別する。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た宮尾登美子

    藏 - 宮尾登美子著。小説。戦前に新潟県の造り酒屋の娘として生まれた女性が、障害を負いながらも蔵元として成長する姿を描く。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た雁屋哲

    美味しんぼ - 雁屋哲原作・花咲アキラ作画の漫画。連載当初からフランス料理の「料理とワインのマリアージュ」に対し、日本にも和食と日本酒の引き立て合いの文化があることを紹介してきた。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た紹興酒

    日本酒は、元々、常温で飲用するアルコール飲料である。しかし、金銭的に恵まれた者らの始めた趣向から、徳利を湯煎で温めて飲用する「熱燗」が広まった。また、20世紀後半以降には冷蔵技術が進んだため、冷やしたり氷を浮かべて供することも広まった。そのため、日本酒は、約5℃から約60℃まで、幅広い飲用温度帯を有するようになった(参照:)。このように、同種のアルコール飲料を同じ地域で異なった温度により味わうのを常としている例は、他に紹興酒などがある程度で、比較的珍しい(詳しくは燗酒を参照)。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た

    日本酒(にほんしゅ)は、日本特有の製法で醸造された酒。一般的には、米と麹とを主な原料とする醸造酒である清酒(せいしゅ)を指す。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た白鶴

    1升とは、酒屋などでごく普通に目にする日本酒の大瓶、すなわち一升瓶に入る容量である。1901年(明治34年)に『白鶴』が一升瓶で日本酒を販売するようになって以来、百年余りにわたって主流を占めてきた。近年では、その大きさやつきまとうイメージの泥臭さなどが消費減退の理由だと唱える人々がおり、小型化する傾向もある(参照:)。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たウイスキー

    近年、発祥国の日本での消費は減退傾向にある。日本酒に限らず、ビール、ウイスキーも含め、日本では近年、全般的にアルコール飲料の消費量が減少している。日本酒 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
385件中 1 - 10件表示

「日本酒」のニューストピックワード