385件中 91 - 100件表示
  • 日本酒

    日本酒から見た合成清酒

    日本特有の製法で造られる酒には、清酒のほかにも、焼酎(麦焼酎、芋焼酎、沖縄の泡盛など)、みりん、鈴木梅太郎らが発明した合成清酒などがある。しかし、単に「日本酒」という場合には、清酒を指す。日本酒は、一般には単に酒(さけ)、お酒(おさけ)と呼ばれる。また、日本古語では酒々(ささ)、僧侶の隠語で般若湯(はんにゃとう)、江戸時代にはきちがい水という別称もあった。現代では、若者にポン酒(ぽんしゅ)と呼ばれることもある。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た精米歩合

    玄米から糠・胚芽を取り除き、あわせて胚乳を削る。削られた割合は精米歩合によって表される。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た酒粕

    日本酒は、魚介類の臭み消しや香り付けなどの調味料として、調理に使用される。日本酒の製造過程で生じる酒粕(さけかす)も、砂糖や塩を加えた白湯に溶かして飲用するほか、粕漬けや粕汁など料理に用いられる。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たみりん

    日本特有の製法で造られる酒には、清酒のほかにも、焼酎(麦焼酎、芋焼酎、沖縄の泡盛など)、みりん、鈴木梅太郎らが発明した合成清酒などがある。しかし、単に「日本酒」という場合には、清酒を指す。日本酒は、一般には単に酒(さけ)、お酒(おさけ)と呼ばれる。また、日本古語では酒々(ささ)、僧侶の隠語で般若湯(はんにゃとう)、江戸時代にはきちがい水という別称もあった。現代では、若者にポン酒(ぽんしゅ)と呼ばれることもある。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た

    日本酒の主な原料は、米と水と麹(米麹)であるが、それ以外にも酵母、乳酸菌など多くのものに支えられて日本酒が醸造されるので、広義にはそれらすべてを「日本酒の原料」と呼ぶこともある。専門的には、香味の調整に使われる「醸造アルコール」「酸味料」「調味料」「アミノ酸」「糖類」などは副原料と呼んで区別する。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たろ過

    米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもの日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た硬度 (水)

    水の硬度は、酒の味に影響する要素の一つである。日本の日常生活では、硬度の測定にアメリカ硬度を用いている。醸造業界ではアメリカ硬度も使用されるが、長らくドイツ硬度が用いられている。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た新潟県

    2010年度(平成22年度)における清酒の製成数量は42万5,199キロリットル、販売(消費)数量は55万8,443キロリットルである。2009年度(平成21年度)の清酒の製造業者数は1,585業者で、そのうち中小企業が99.6%を占めている。日本酒の製成数量は、名産地・灘があり大手酒造メーカーの集中する兵庫県(約30%)、同じく伏見のある京都府(約20%)と、近畿地方が多い。これに、米の生産量が多い新潟県(約7%)、大消費地に近い埼玉県(約4%)、愛知県(約4%)と続く。成人一人当たりの日本酒販売(消費)数量は、新潟県が最も多く、東北地方の各県がこれに続く。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たカプロン酸エチル

    1980年代に吟醸酒が消費者層に広く受け入れられると、協会系酵母の他にも、少酸性酵母、高エステル生成酵母、リンゴ酸高生産性多酸酵母といった高い香りを出す酵母が多数作られ、今も大メーカーやバイオ研究所、大学などでさまざまな酵母が作られている。1990年代以降は、それぞれ開発地の地名を冠する静岡酵母、山形酵母、秋田酵母、福島酵母なども高く評価されるようになり、最近では、アルプス酵母に代表されるカプロン酸エチル高生産性酵母や、東京農業大学がなでしこ、ベコニア、ツルバラの花から分離した花酵母などが、強い吟醸香を引き出すのに注目を集めている。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た宮水

    江戸時代以来、灘では宮水と呼ばれる硬水が使用されていたが、1897年(明治30年)には広島県の三浦仙三郎により軟水醸造法が開発された。戦後に様々な日本酒ブームが起こったが、近年に購入される酒の日本酒度はやや上昇している。日本酒 フレッシュアイペディアより)

385件中 91 - 100件表示

「日本酒」のニューストピックワード