385件中 11 - 20件表示
  • 日本酒

    日本酒から見たビール

    近年、発祥国の日本での消費は減退傾向にある。日本酒に限らず、ビール、ウイスキーも含め、日本では近年、全般的にアルコール飲料の消費量が減少している。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たどぶろく

    なお、同法の「清酒」(酒税法3条7号)のほか、清酒の風味を持つ酒である「合成清酒」(同条8号)や、どぶろくなど一部の「その他の醸造酒」(同条19号)も日本酒に含まれる。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た奈良市

    奈良市。佐牙弥豆男神と佐牙弥豆女神を祀る。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た酵素

    穀物である米は、主成分が多糖類であるデンプンであり、そのままでは酵母がエネルギー源として利用できないので、麹の働きによって分子量の小さな糖へと分解せねばならない。言い換えれば、酵母がデンプンから直接アルコール発酵を行うことはできないので、アルコールが生成されるには酵母が発酵を始められるように、いわば下ごしらえとしてデンプンが糖化されなければならない。その役割を担うのが、日本酒の場合は米麹である。米麹は、コウジカビが生成するデンプンの分解酵素であるα-アミラーゼやグルコアミラーゼを含み、これらの働きによって糖化が行われる。米麹は、ほかにタンパク質の分解酵素も含んでおり、分解によって生じたアミノ酸やペプチドは、酵母の生育や完成した酒の風味に影響する(参照:)。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たカビ

    洋酒では、ワインに代表されるように、原料であるブドウ果汁の中にすでにブドウ糖が含まれているので、わざわざこうした糖化の工程が要らず、そのため単発酵文化圏となった。東洋においては、日本酒だけでなく、他の酒類や味噌、味醂、醤油など多くの食品に麹が使われ、それが食文化的に複発酵文化圏、カビ文化圏などとも呼ばれる所以ともなっている。これは東南アジア - 東アジアの中高温湿潤地帯という気候上の特性から可能であった醸造法であり、微生物としての「カビ」の効果を利用したものである。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た日本酒の歴史

    江戸時代以来、灘では宮水と呼ばれる硬水が使用されていたが、1897年(明治30年)には広島県の三浦仙三郎により軟水醸造法が開発された。戦後に様々な日本酒ブームが起こったが、近年に購入される酒の日本酒度はやや上昇している。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た尾瀬あきら

    夏子の酒 - 尾瀬あきら作。漫画・テレビドラマ。東京でOLをしていた新潟県の造り酒屋の娘が、兄の死をきっかけに蔵を継ぎ、様々な問題に立ち向かいながら幻の酒米を復活させる。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たルイ・パスツール

    火入れの技法は、室町時代に書かれた醸造技術書『御酒之日記』にもすでに記載され、平安時代後期から畿内を中心に行われていたことが分かる。これはすなわち、西洋における細菌学の祖、ルイ・パスツールが1866年にパスチャライゼーションによる加熱殺菌法をワイン製造に導入するより500年も前に、日本ではそれが酒造りにおいて一般に行われていたことになる。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た石川雅之

    もやしもん - 石川雅之作。漫画。麹や酵母等の菌が見える主人公・沢木と、周囲の人間たちの農業大学での生活を描く。沢木は「もやし屋」こと種麹屋の息子で、共に上京入学した幼馴染が蔵元の跡継ぎなことあり、また酒造は発酵の研究をしている参加ゼミの重要なテーマであることから、日本酒をはじめとしたさまざまな酒が登場する。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た鈴木梅太郎

    日本特有の製法で造られる酒には、清酒のほかにも、焼酎(麦焼酎、芋焼酎、沖縄の泡盛など)、みりん、鈴木梅太郎らが発明した合成清酒などがある。しかし、単に「日本酒」という場合には、清酒を指す。日本酒は、一般には単に酒(さけ)、お酒(おさけ)と呼ばれる。また、日本古語では酒々(ささ)、僧侶の隠語で般若湯(はんにゃとう)、江戸時代にはきちがい水という別称もあった。現代では、若者にポン酒(ぽんしゅ)と呼ばれることもある。日本酒 フレッシュアイペディアより)

385件中 11 - 20件表示

「日本酒」のニューストピックワード