385件中 41 - 50件表示
  • 日本酒

    日本酒から見た鮒寿司

    滋賀県の鮒寿司のように、その地方の基本的食品がある一定の期間の貯蔵・熟成を経てから食べられる土地などにおいては、食品が熟成する時間と同じだけの時間が、酒質の完成にももとよりかかるように醸造される酒もある。つまり食と酒を同じ時期に仕込み、同じ年月を隔てて同時に食べるわけである。こういった熟成は、まさに食文化の基礎にある相互補完という地酒の原点を物語るものである。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た平泉町

    『安宅』(あたか)(能) - 山伏に身をやつした義経主従が奥州平泉へ逃げのびる際、北陸道安宅の関を通ろうとすると、怪しまれて止められる。弁慶は関守の富樫と山伏について問答をし、偽の勧進帳を読み上げ、必死で危機を乗り越えようとする。その姿に感銘を受けた富樫は、義経主従とは知りつつも関の通過を許し、詫びのしるしとして一行に酒を振る舞う。その酒を豪快に飲み干した弁慶は、お礼にと延年の舞を披露しつつ一行をせき立て、陸奥へ落ち延びていく。歌舞伎『勧進帳』の原作。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たメロン

    吟醸酒は、低温で長時間かけて発酵させて造る。吟醸香と呼ばれる、リンゴやバナナ、メロンを思わせる華やかな香気成分(酢酸イソアミルやカプロン酸エチルなど)を特徴とする。最後に吟醸香を引き出すために使用する白米1トンにつき120リットル(重量比でおよそ1/10)以下の醸造アルコールを添加する。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た月見

    月見酒(つきみざけ)日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たアルコール飲料

    この工程の目的は、酒のアルコール度数を下げることにある。醪(もろみ)ができた直後には、ほとんどの酒が並行複発酵により20度近いアルコール度数となっている。アルコール度数の高いほうが腐敗の危険が少ないので、貯蔵・熟成もこの20度近いアルコール度のまま行われる。出荷するときには酒税法の規定との兼ね合いもあり、また消費者が低アルコール度を好むという事情もあって、目的とするアルコール度数まで下げる必要がある。(「低濃度酒」参照。)日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た

    日本酒(にほんしゅ)は、日本特有の製法で醸造された。一般的には、米と麹と水を主な原料とする醸造酒である清酒(せいしゅ)を指す。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た京都市

    京都市。醸造の神として信仰されている。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た東北地方

    現代では、挨拶などで「一杯やりましょう」と発言してもそれは、ワイングラスやコップなどの入れ物で「1杯」という意味には必ずしもならない。さかのぼって江戸時代以前は、「一盃」はれっきとした容積単位であった。ただ、地方や藩によって違いがあり、厳密なものではなかった。豊臣秀吉が太閤検地を行った際に度量衡の基準を示し、容積についても「京枡(きょうます)」を定めた。ところが、江戸時代になっても東北地方の藩などに普及しなかった。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た天気

    浸漬は、のちのち蒸しあがった米にムラができないように、米の粒全般に水分を行き渡らせるために施される工程である。水が、米粒の外側から、中心部の心白(杜氏蔵人言葉では「目んたま」)と呼ばれるデンプン質の多い部分へ浸透していくと、米粒が文字通り透き通ってくる。米の搗(つ)き方、その日の天候、気温、湿度、水温などさまざまな条件によって、浸漬に必要な時間は精緻に異なる。冬の厳寒のさなかの手仕事である。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たリンゴ

    吟醸酒は、低温で長時間かけて発酵させて造る。吟醸香と呼ばれる、リンゴやバナナ、メロンを思わせる華やかな香気成分(酢酸イソアミルやカプロン酸エチルなど)を特徴とする。最後に吟醸香を引き出すために使用する白米1トンにつき120リットル(重量比でおよそ1/10)以下の醸造アルコールを添加する。日本酒 フレッシュアイペディアより)

385件中 41 - 50件表示

「日本酒」のニューストピックワード