441件中 51 - 60件表示
  • 日本酒

    日本酒から見たカビ

    洋酒を代表するワインでは、原料であるブドウ果汁の中にすでにブドウ糖が含まれているので、こうした糖化の工程が要らない単発酵文化圏となった。東洋においては、日本酒だけでなく、他の酒類や味噌・味醂・醤油など多くの食品に麹が使われ、食文化的に複発酵文化圏、カビ文化圏などとも呼ばれる。これは東南アジアから東アジアにかけての中高温湿潤地帯という気候上の特性から可能であった、微生物としてのカビの効果を利用した醸造法である。東洋で使われる麹菌にはさまざまな種類があり、焼酎には白麹・黒麹(黒麹菌)・黄麹、泡盛には黒麹、紹興酒には赤麹が用いられるのが通常だが、日本酒の場合は味噌、味醂、醤油と同じく黄麹(きこうじ、黄麹菌・黄色麹菌)が用いられる。ただし、「黄」と言っても実際の色は緑や黄緑に近い。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た

    上槽時、すなわちという搾り器を使って醪(もろみ)を搾るときに、最初にほとばしるように出てくる部分の酒のこと。圧力を加えないで、最初に積まれた酒袋の重みだけで自然に出てくるもの。一般に固形分である滓(おり)が多く、アルコール度は比較的に低めで、香りも高く切れ味が良い。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た近畿地方

    2010年度(平成22年度)における清酒の製成数量は42万5,199キロリットル、販売(消費)数量は55万8,443キロリットルである。名産地・灘があり大手酒造メーカーの集中する兵庫県(約30%)、同じく伏見のある京都府(約20%)、近畿地方が多い。これに、米の生産量が多い新潟県(約7%)、大消費地に近い埼玉県(約4%)、愛知県(約4%)と続く。成人一人当たりの日本酒販売(消費)数量は、新潟県が最も多く、東北地方の各県がこれに続く。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たアンテナショップ

    蔵元が所在する地域の地方自治体にとって、日本酒は重要な地場産業の一つである。このため、東京などに出店したアンテナショップで地酒を販売したり、宴会などでまず地元産日本酒を飲むことを勧める乾杯条例を制定したりと、様々な振興策を展開している。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た美味しんぼ

    美味しんぼ - 雁屋哲原作・花咲アキラ作画の漫画。連載当初からフランス料理の「料理とワインのマリアージュ」に対し、日本にも和食と日本酒の引き立て合いの文化があることを紹介してきた。また大手メーカー、あるいは非純米酒に対して批判的な描写も見られる。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たカニ

    水泡(みずあわ) 筋泡からさらに2日ほど経った頃。カニが口から吹くような白い泡。醪の中の糖分は頂点に達している。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た梅酒

    伝統的な副原料以外に、柑橘類やハーブを加えて発酵させる「ボタニカル日本酒」も作られるようになっている。醸造後に果汁を加えたり、日本酒をベースに梅酒など果実酒を作ったりすることは従来も行われてきた。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たメロン

    吟醸酒とは、精米歩合60%以下の白米、米こうじ及び水、又はこれらと醸造アルコールを原料とし、吟醸造りによって製造した清酒で、固有の香味及び色沢が良好なものに用いることができる名称である。低温で長時間かけて発酵させて造られ、吟醸香と呼ばれるリンゴやバナナ、メロンを思わせる華やかな香気成分(酢酸イソアミルやカプロン酸エチルなど)を特徴とする。吟醸造りでは、最後にもろみを絞る前に、吟醸香を引き出すために醸造アルコールを添加する(使用する白米1トンにつき120リットル、重量比でおよそ1/10以下という制限がある)ことで、芳香成分や味に関係する成分をより日本酒側に残すため、香りや味が濃くなる。また、絞った後の日本酒に醸造アルコールを添加すると、味に関しては淡麗ですっきりする。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た月見

    月見酒(つきみざけ)日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たソウル特別市

    一方、日本国外では21世に入ってから日本酒の人気が拡大しており、日本酒は日本語の「酒」にちなんで「sake(サケ、英語読みではサキィ)」と呼ばれている(参照:「日本酒の歴史」- 昭和時代以降)。アメリカ合衆国・フランスの市場では日本酒、とくに吟醸酒の消費が拡大し、イギリスでも2007年から国際ワインコンテストに日本酒部門が設置された。アジア圏においても日本酒の消費量が以前に比べて拡大しつつあり、2015年においてはとりわけ和食が普及しているソウル、香港、台北、シンガポールにおいて高い値を示している。タイ王国では日本酒の需要が急増したことで日本の蔵元が挙って参入に乗り出し、競争が激化している。また日本を訪問する外国人観光客が、高級な日本酒をまとめ買いすることも増えている。日本酒 フレッシュアイペディアより)

441件中 51 - 60件表示

「日本酒」のニューストピックワード

  • 方向性の違い

  • 自粛中に離婚」30代夫婦が悟った絶望的な亀裂 コロナで思い知らされた

  • ファンドオフ・ザ・チェーン率いるエステス