385件中 61 - 70件表示
  • 日本酒

    日本酒から見た段仕込み

    したがってこの醪造りも、単に「造り」と呼ばれる。「一に麹、二に、三に造り」というときの「造り」はこれを意味している。またこの造りを行う場所を仕込み場(しこみば)という。現在の仕込み場は、たいてい温度センサーの取り付けられた3t仕込みタンクが並んでいる。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た清酒酵母

    主原料ではないが、日本酒造りの大きな要素であるため、ここに記す。詳細は清酒酵母を参照。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た協会系酵母

    明治時代になると微生物学の導入によって有用な菌株の分離と養育が行われ、それが配布されることによって品質の安定と向上が図られた。1911年(明治44年)第1回全国新酒鑑評会が開かれると、日本醸造協会が全国レベルで有用な酵母を収集するようになり、鑑評会で1位となるなどして客観的に優秀と評価された酵母を採取し、純粋培養して頒布した。こうして頒布された酵母には、日本醸造協会に因んで「協会n号」(nには番号が入る)という名が付けられた。このような酵母を協会系酵母、または協会酵母という。アルコール発酵時に二酸化炭素の泡を出す泡あり酵母と、出さない泡なし酵母に大別される。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た消費者

    しかし、近年の規制緩和の一環として、この規定は2004年(平成16年)1月1日以降削除され、米だけで造ってあれば、たとえ普通酒なみの精米歩合であっても純米酒の名称を認め、評価は消費者の選択に任せるようになった。これに対しては、「消費者権利の拡大」と賛同的に取る立場と、「酒造技術の低下を招くもの」と批判的に取る立場がある。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た安土桃山時代

    「荷」は、主に酒の陸上輸送に使われた単位である。樽は、安土桃山時代頃から酒を運ぶ手段となった。人足が酒樽を天秤棒(てんびんぼう)で前後に1個ずつ担いだことに由来する。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た奈良時代

    口噛み製法で醸されていた原初期の日本酒をのぞいて、奈良時代の初めにはすでに麹を用いた製法が確立していたと考えられる。以来、永らく麹造りは、酒造りの工程に占める重要性と、味噌や醤油など他の食品への供給需要から、酒屋業とは別個の専門職として室町時代まで営まれてきたのだが、1444年の文安の麹騒動によって酒屋業の一部へと武力で吸収合併された(参照:日本酒の歴史 - 室町時代)。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た室町時代

    また仕込むときに三回に分けて蒸米と麹を加える。これが室町時代の記録『御酒之日記』にもすでに記載されている段仕込みもしくは三段仕込みである。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た玉川酒造

    日本酒としてのアルコール度数以外の要件を満たしつつも、より高いアルコール度数の日本酒を製造することも技術的には可能で、『越後さむらい』(玉川酒造)のように、清酒の製法で製造されながらアルコール度数が46度に達する酒も存在する(酒税法上は3条21号のリキュール扱い)。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た桜正宗

    韓国でも数年前から日本酒がブームとなっている。しかし関税が高く現地では高級酒扱いである。韓国語では“正宗”と呼ばれていた(桜正宗に因むらしい)が最近では「サケ」が定着してきている。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見たバー (酒場)

    BARレモン・ハート - 古谷三敏作のバーを舞台とした漫画。作中に日本酒を含む多くの酒が登場する。日本酒 フレッシュアイペディアより)

385件中 61 - 70件表示

「日本酒」のニューストピックワード