437件中 11 - 20件表示
  • はた山ハッチのパロ野球ニュース!実名版

    はた山ハッチのパロ野球ニュース!実名版から見た日本野球機構日本野球機構

    ゲーム内容としては、「ファミスタシリーズ」に代表されるオーソドックスな野球ゲームとなっている。主なゲームモードは、「オープン戦」「ペナントレース」「バトル野球盤」(後述参照)。登場チームは当時の日本野球機構に属する12球団、オリジナルの2球団(チーム名は「EPOCH-I」「EPOCH-II」)の計14球団。はた山ハッチのパロ野球ニュース!実名版 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回アジア野球選手権大会

    第20回アジア野球選手権大会から見た日本野球機構日本野球機構

    前年に行われた、1998年アジア競技大会においてオールプロで固めた韓国に大敗を喫し、アマチュア野球の選手だけでは勝てない目算となり、日本もプロ野球選手の力を借りて挑むこととなった。古田敦也、松坂大輔、川越英隆、小池秀郎、野村謙二郎、松中信彦、初芝清、井出竜也の8選手がプロ野球史上初めて野球日本代表のユニフォームを纏い国際試合に出場した。第20回アジア野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓クラブチャンピオンシップ

    日韓クラブチャンピオンシップから見た日本野球機構日本野球機構

    この試合では、日本シリーズ(NPB)と、韓国シリーズ(KBO)それぞれの優勝チームが対戦する。審判員は中国及び台湾のプロリーグ所属審判員が派遣される。賞金総額は2,500万円。日韓クラブチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬ダイヤモンドペガサスから見た日本野球機構日本野球機構

    2010年7月9日 - フランシスコ・カラバイヨがオリックス・バファローズにシーズン中移籍。球団が初めて送り出したNPB選手となった。国内の独立リーグからNPBへのシーズン中移籍も初のケース。群馬ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

  • センチュリーベストナイン

    センチュリーベストナインから見た日本プロ野球機構日本野球機構

    センチュリーベストナインは、2000年オフに、日本プロ野球機構・読売新聞社・日本テレビ・ニッポン放送が主催して、日本プロ野球の20世紀全体を通したベストナインを決めようとした企画。MLBのメジャーリーグベースボール・オールセンチュリー・チームの企画を倣ったとされる。センチュリーベストナイン フレッシュアイペディアより)

  • 見せましょう野球の底力を

    見せましょう野球の底力をから見た日本野球機構日本野球機構

    4月2日から3日にかけて、日本野球機構は東日本大震災により命を落とした人への追悼・復興へむけての支援を目的として、プロ野球12球団チャリティーマッチ -東日本大震災復興支援試合-を行った。4月2日の北海道日本ハムファイターズ戦に先立ち、嶋はチームを代表しスピーチを行った。スピーチを行う前に日本野球機構の職員よりスピーチの内容をもらっていたが「自分たちの思いを伝えたい」という理由により、その内容を自分の言葉に変えてスピーチを行った。スピーチの中の「底力」という言葉には「こういう時こそ野球界が一丸となって戦っていきたいという意味」がこめられていた。見せましょう野球の底力を フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のアジアシリーズ

    2011年のアジアシリーズから見た日本野球機構日本野球機構

    本アジアシリーズはNPB(日本)、KBO(韓国)、CPBL(中華台北)に加え、ABL(オーストラリア)が初参加し、4ヶ国のチームにて開催された。前回大会まで出場していた中国は国内リーグの事情により今回の参加を見合わせることとなった。2011年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 韓国・台湾クラブチャンピオンシップ

    韓国・台湾クラブチャンピオンシップから見た日本野球機構日本野球機構

    2010年、台湾を開催地とするアジアシリーズの復活が検討されたが、日程問題などにより見送られた後、2010年は日韓クラブチャンピオンシップと本大会が開催されることとなった。なお、大会名の仮名称は『韓国-台湾チャンピオン決定戦』であり、NPB公式サイトでは「CPBL-KBOクラブチャンピオンシップ」と表記している。韓国・台湾クラブチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た日本野球機構日本野球機構

    このオーナー会議の結果を受けて 9月9・10日の両日、大阪市内にて NPB ・球団側と選手会との労使交渉(団体交渉)が行われた。この席で以下の暫定合意点に申し合わせが行われ、これにより 9月11・12日に選手会が予定したストライキはひとまず回避された。しかし、交渉終了後にロッテ代表・瀬戸山隆三が「近鉄とオリックスの合併は覆らない」と、“交渉は形式だけだった”とも受け取れる発言をして選手会を失望させ、ファンとの溝を深めていくことになる。古田選手会長の瀬戸山代表との記者会見場での握手拒否はその象徴的事例である。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 江川事件

    江川事件から見た日本野球機構日本野球機構

    当時の野球協約では、ドラフト会議で交渉権を得た球団がその選手と交渉できるのは、翌年のドラフト会議の前々日までとされていた。この規定は前日まで交渉を続けた場合には、その交渉地が遠隔地だった場合に、気象の急変などによって球団関係者がドラフト会議に出席できず、ドラフト会議に支障をきたす恐れがあるため、ドラフト会議の準備期間(閉鎖日)として設けたものだった。また、当時のドラフト対象学生は「日本の中学・高校・大学に在学している者」であり、当時の江川は社会人野球にも行かなかったため、野球協約の文言上では「ドラフト対象外」だった。日本野球機構はドラフト対象の範囲を広げるために、1978年7月31日の改正によってドラフト対象選手を「日本の中学・高校・大学に在学した経験のある者」へ改正した。しかし、この新協約は「次回ドラフト会議当日から発効する」ことになっていた。江川事件 フレッシュアイペディアより)

437件中 11 - 20件表示