437件中 31 - 40件表示
  • 公認野球規則

    公認野球規則から見た日本野球機構日本野球機構

    市販化開始に踏み切る2006年、日本野球機構が公式サイト上で市販化開始について野球の発展普及を目的としたと理由を述べている。その上で、ファンから市販化開始への熱望や購入方法を尋ねる意見も多かったとしている。公認野球規則 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た日本野球機構日本野球機構

    第79回都市対抗野球大会で橋戸賞を獲得した新日本石油ENEOS・田澤純一投手が記者会見し、メジャーリーグ挑戦を表明した。これに先立って新日本石油ENEOSはNPB12球団に対して、ドラフト会議での指名回避を求める文書を送付した。これに対しNPB12球団は連名で12日、今秋のドラフト会議において田澤が対象となりうることと、指名が予想される選手が事前に指名回避を求める声明を発表したことに遺憾を表明することを発表した。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た日本野球機構日本野球機構

    日本国内において「プロ野球」といえば、社団法人日本野球機構(NPB)傘下のセントラル・リーグ(セ・リーグ)、パシフィック・リーグ(パ・リーグ)の2リーグ全12球団を指すことが多い。2000年代後半からは、各地にNPBとは別個の独立リーグや女子プロ野球が立ち上げられている。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 赤坂サカス

    赤坂サカスから見た日本野球機構日本野球機構

    プロ野球コンベンション - 日本野球機構(NPB)主催のプロ野球表彰イベント。2009年より、毎年11月。赤坂サカス フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た日本野球機構日本野球機構

    野球規約上定められている球団呼称は「読売ジャイアンツ」であるが、テレビ放送などでは、一般には日本野球機構の球団名を漢字2字で表す慣習から、「軍」を略して「巨人」と呼ぶことが多い。読売グループを含めた全てのマスコミが「読売」と略称せず「巨人」と称するのは、他球団と異なり「巨人」という和名的愛称が広く定着しているためである。ただし、ドラフト会議においては「読売」と呼称されている。例えば自軍主催試合ではチケットの印字など他球団の表記も略称を使っている場合には「巨人」と表記され、場内アナウンスなど他球団でも球団呼称を使用する場合には「読売ジャイアンツのスターティングラインナップをお知らせいたします」などのように使用されている。したがって、本球団を指す呼称は「巨人」および「読売ジャイアンツ」の両方とも正しい事が明らかであるため、どちらか一方のみの呼称が正しいとするのは適切ではない。なお、読売巨人軍を指して「巨人」と言った場合、アクセントは「きょじん」の「きょ」に置かれる。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • ローソン

    ローソンから見た日本野球機構日本野球機構

    札幌ステーションタワー店(北海道札幌市北区) - 店内にNPB・北海道日本ハムファイターズを応援するディスプレイが施されている(ローソンは同チームのオフィシャルスポンサー)。ローソン フレッシュアイペディアより)

  • 日本野球連盟 (プロ野球)

    日本野球連盟 (プロ野球)から見た日本野球機構日本野球機構

    日本野球連盟(にほんやきゅうれんめい)は、1936年から1949年まで存在していた日本のプロ野球組織、またはそのリーグ名。日本初の本格的プロスポーツリーグであり、現在の日本野球機構のルーツに当たる。日本野球連盟 (プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • TBSラジオ エキサイトベースボール

    TBSラジオ エキサイトベースボールから見た日本野球機構日本野球機構

    『TBSラジオ エキサイトベースボール』(ティービーエスラジオ エキサイトベースボール、TBS Radio Excite Baseball)は、2006年からTBSラジオが放送しているプロ野球中継番組である。放送上では『TBSラジオ954 エキサイトベースボール』(ティービーエスラジオきゅうごーよん エキサイトベースボール)と呼称されることがある。基本的に日本野球機構(NPB)内に属する球団の試合を中継している。TBSラジオ エキサイトベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た日本野球機構日本野球機構

    横浜に大リーグ選抜軍が来日した1934年、読売新聞社が大日本東京野球倶楽部を日本のプロ野球球団として結成され、それから遅れる事2年後の1936年1月15日、新愛知新聞社を親会社として名古屋軍(なごやぐん)が誕生した。河野安通志を総監督 (GM) に迎え、池田豊が監督に就任。明治大学の中根之、アメリカ人で捕手のバッキー・ハリス、内野の名手・芳賀直一、日系アメリカ人の高橋吉雄、主将の桝嘉一、スローボーラー・森井茂らが初期メンバー。上述のメジャーリーグ選抜軍来日時に、読売新聞社社長・正力松太郎が新愛知新聞社の田中斎に名古屋でのプロ野球球団結成の働きかけを行なったのが球団誕生の契機。新愛知新聞社傘下の國民新聞社でも大東京軍を結成。当初、読売の正力松太郎が推し進めていた日本職業野球連盟(現在の日本野球機構の源流)とは別個に、独自リーグの大日本野球連盟を組織して各地に同様の球団を4球団結成し、配下には3Aに相当する下部組織を作るなどの、当時としては先進的な構想を抱いていたが頓挫。結局、上記の既存の2球団が正力が設立した日本職業野球連盟に加盟することとなった。当初の商号は名古屋軍が株式会社大日本野球連盟名古屋協会、大東京軍が株式会社大日本野球連盟東京協会であり、大日本野球連盟構想の名残が見られる。2月5日には名古屋軍の他、東京巨人軍、大阪タイガース、東京セネタース、阪急軍、大東京軍、名古屋金鯱軍の7球団で職業野球団が結成され、日本職業野球連盟も結成されている。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・ベースボール・クラシック

    ワールド・ベースボール・クラシックから見た日本野球機構日本野球機構

    当初、日本(NPB)はMLB側の一方的な開催通告やMLB中心の利益配分に反発し、参加を保留。日本プロ野球選手会も開催時期の問題から参加に反対し、2005年7月22日の選手会総会で不参加を決議した。しかし、MLB機構は参加を保留するNPBに対し、改めて参加を要求し、もし日本の不参加によりWBCが失敗に終わった場合、日本に経済的補償を要求することを通達。更に、WBCへの不参加は「日本の国際的な孤立を招くだろう」と警告した。これを受けて、日本プロ野球選手会は不参加の方針を撤回。最終的に9月16日に選手会の古田敦也会長がNPB機構に参加の意向を伝え、日本の参加が決まった。ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

437件中 31 - 40件表示

「日本野球機構」のニューストピックワード