437件中 81 - 90件表示
  • 岸本好弘

    岸本好弘から見た日本野球機構日本野球機構

    1992年以降のシリーズは日本野球機構公認により球団・選手が実名で登場するようになったが、ゲーム内容自体について必ずしも現実のプロ野球に近付けることはしない意向を示していた。また、1995年発売の『スーパーファミスタ4』から一部作品で本拠地球場という現実のプロ野球では当たり前となっている概念を導入したが、実在球団の本拠地が実名ではない架空の球場であったことも、後に「コミカルな架空の世界を舞台にしているつもり」であることを理由に挙げている。岸本好弘 フレッシュアイペディアより)

  • ファミリースタジアム (携帯電話アプリ)

    ファミリースタジアム (携帯電話アプリ)から見た日本野球機構日本野球機構

    2002年から2003年にかけてS!アプリ・iアプリ・EZアプリの順に配信開始。ゲーム内容は1986年発売のファミコン用ソフト『プロ野球ファミリースタジアム』をベースにしているが、選択可能なチームは後述の通り本作の完全オリジナルであり日本野球機構(NPB)をモデルにしたチームは登場しないため「プロ野球」はタイトルに付いていない(家庭用のファミスタシリーズと同様のNPBをモデルにした野球ゲームは、本作のリリースから2年後の2004年より『ファミスタモバイル』として配信されている)。また、登場する球場はピッカリ球場のみに固定されている。ファミリースタジアム (携帯電話アプリ) フレッシュアイペディアより)

  • アップルタワーズ仙台

    アップルタワーズ仙台から見た日本野球機構日本野球機構

    6月13日、NPBパシフィックリーグの大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブが合併交渉をしていることが明るみになり、プロ野球再編問題がマスメディアで大きく取り上げられ始めた。アップルタワーズ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 高山智行

    高山智行から見た日本野球機構日本野球機構

    、秋季キャンプで日本プロ野球(日本野球機構)の阪神タイガースのテストを受け合格(ただし、同年のドラフト会議には指名されず)。高山智行 フレッシュアイペディアより)

  • 井上登 (裁判官)

    井上登 (裁判官)から見た日本野球機構日本野球機構

    1947年8月から1955年4月まで最高裁判所判事として三鷹事件など刑事事件の裁判の最前線で活躍した後、1956年から1961年に日本野球機構(プロ野球統括団体)の第2代コミッショナーとして活躍しプロ野球の発展に貢献した。1964年4月に勲一等瑞宝章を授章した。1965年に特別表彰で、野球殿堂入りした。井上登 (裁判官) フレッシュアイペディアより)

  • MROゴールデンナイター

    MROゴールデンナイターから見た日本野球機構日本野球機構

    NPBの石川県内で開催されるナイター(もっぱら石川県立野球場で開催される)は、特に中日ドラゴンズ主催分に関しては、北陸放送と北陸中日新聞との関係が現在は希薄(ただ、北陸放送と北國新聞の関係が冷却化していた時期は北陸中日新聞が提供スポンサーだったことがあった)であるためか優先中継されることはなく、他チーム主催を含めても、巨人戦もしくは予備カードに当たらない限りまず中継されない。また、デーゲームが開催されてもラジオ中継はされない。MROゴールデンナイター フレッシュアイペディアより)

  • 全国竜心連合

    全国竜心連合から見た日本野球機構日本野球機構

    2007年シーズンオフの申請時に特別応援許可が保留となって迎えた、翌2008年のオープン戦期間中(沖縄を除く主催試合のみ)は、統帥の山田忠史の主導で応援活動が行われた。なお、2008年シーズンオフの申請時に「保留」が「不許可」に変更された。一時期、NPBより「一般会員の人数が多過ぎる」として警告された経緯も有り、これも不許可の一因と見られている。全国竜心連合 フレッシュアイペディアより)

  • 呂明賜

    呂明賜から見た日本野球機構日本野球機構

    台湾の中国文化大学から1988年にドラフト外で日本野球機構の読売ジャイアンツに入団。呂が1年目につけていた背番号97は、入団時の体重が97kgだったことに由来するが、読売ジャイアンツ在籍の2年目(1989年)以降、背番号を12に変更している。呂明賜 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球 ファミスタ2011

    プロ野球 ファミスタ2011から見た日本野球機構日本野球機構

    日本野球機構(NPB)加盟の12球団から1チームを選んでリーグ戦120試合・交流戦24試合の合計144試合をプレイするモード。リーグは固定されており、プレイヤーの手で編成することは不可能。実際のペナントレースと同様に、リーグ戦で3位以上になるとクライマックスシリーズに進出し、第1ステージ(2戦先取制)・第2ステージ(1位は2戦・2位は3戦先取制)を勝ち抜くと日本シリーズ(4戦先取制)に出場する。プロ野球 ファミスタ2011 フレッシュアイペディアより)

  • U-26 NPB選抜 対 大学日本代表

    U-26 NPB選抜 対 大学日本代表から見た日本野球機構日本野球機構

    U-26 NPB選抜 対 大学日本代表(ゆーにいろく えぬぴーびーせんばつ たい だいがくにっぽんだいひょう)は、プロ野球である日本野球機構(NPB)と、アマチュアである全日本大学野球連盟(JUBF)の両者の主催で行われる、野球の日本初の「プロと大学の選抜チーム同士による交流戦」である。11月22日、東京ドームにて開催された。U-26 NPB選抜 対 大学日本代表 フレッシュアイペディアより)

437件中 81 - 90件表示

「日本野球機構」のニューストピックワード