日本食ブーム ニュース&Wiki etc.

日本食ブームとは、日本食レストランが世界各地で急増し、日本食が健康的で理想的な食生活スタイルとして注目を集めている状態のこと。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「日本食ブーム」のつながり調べ

  • カニカマ

    カニカマから見た日本食ブーム

    水産業界の中でも気を吐いたのは最大手の大洋漁業(現マルハニチロ)で、同社は1973年(昭和48年)にアンゴラ沖で大量に捕れた小型のズワイガニに、スケトウダラのすり身を混ぜ、80%カニ肉で製造し発売した『カニ棒』が「カニカマ」の先祖と主張している。大洋漁業は1977年(昭和52年)から、スケトウダラ100%のカニカマを生産し、アメリカで売り込みを図ったが、芳しくなく、その後1979年(昭和54年)にアラスカのタラバガニが壊滅状態になり、アメリカの国内景気の悪化で、本物のカニが口に入りにくくなって売れ始めた。加えて、アメリカ西海岸に寿司屋が林立するほどの日本食ブームになって1981年(昭和56年)6月頃から、爆発的に売れ始め、その後ヨーロッパでも売れ始めた。(カニカマ フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た日本食ブーム

    元々は鑑評会向けの特に「吟味して醸した酒」を意味した。1920年代から開発に着手され、1930年代の精米技術の向上、1950年代以降の吟醸酒製造により適した酵母の頒布、1970年代の温度管理技術と麹および酵母の選抜育種技術の進歩に促されて品質が向上するとともに、やがて一般市場に出回るだけの生産量が確保できるようになった。吟醸系の酒が日本国内の市場に流通するようになったのは1980年代以降であり、2000年代以降では日本国外でも日本食ブームに伴って需要が高まっている(参照:「吟醸酒の誕生」)。(日本酒 フレッシュアイペディアより)

「日本食ブーム」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「日本食ブーム」のニューストピックワード