前へ 1 次へ
8件中 1 - 8件表示
  • 醤油かけご飯

    醤油かけご飯から見た日本食ブーム日本食ブーム

    日本食ブームであるアメリカでは飯に醤油をかけることが日本食愛好家の間で定着しており、日本料理店などで、アメリカ人が日本食を目の前にして早速、当然のように飯に醤油をかける光景がよく見られる。戦後の昭和20年代にアメリカで日本料理店が増え始めた時期に、アメリカ人たちが醤油を好んで用い始めたこと、またはヒッピーが「東洋の神秘」の一つとして愛好していたことが発端といわれ、後に知識人やOLたちの間にもこの食べ方が広まっている。日本食ブームにおいては日本食が一般に低カロリーと考えられていることから、アメリカでは醤油をかけることは健康に良いと見なされているが、実際には飯にかける醤油の量は日本よりかなり多く、日本での丼物の汁ほどの量の醤油がかけられていることもあり、結果的にあまり健康的な食品とはいえなくなってしまっている。アメリカの米(インディカ米)がサラサラとした食感のために野菜に近いことや、アメリカ人にとって醤油はドレッシングに近い感覚があるため、との説もある。醤油かけご飯 フレッシュアイペディアより)

  • カニカマ

    カニカマから見た日本食ブーム日本食ブーム

    水産業界の中でも気を吐いたのは最大手の大洋漁業(現マルハニチロ)で、同社は1973年(昭和48年)にアンゴラ沖で大量に捕れた小型のズワイガニに、スケトウダラのすり身を混ぜ、80%カニ肉で製造し発売した『カニ棒』が「カニカマ」の先祖と主張している。大洋漁業は1977年(昭和52年)から、スケトウダラ100%のカニカマを生産し、アメリカで売り込みを図ったが、芳しくなく、その後1979年(昭和54年)にアラスカのタラバガニが壊滅状態になり、アメリカの国内景気の悪化で、本物のカニが口に入りにくくなって売れ始めた。加えて、アメリカ西海岸に寿司屋が林立するほどの日本食ブームになって1981年(昭和56年)6月頃から、爆発的に売れ始め、その後ヨーロッパでも売れ始めた。カニカマ フレッシュアイペディアより)

  • SUSHI POLICE

    SUSHI POLICEから見た日本食ブーム日本食ブーム

    2006年に日本の農林水産省が創設しようとした「海外日本食レストラン認証制度」に対して海外のマスコミから「スシポリスが日本からやってくる」とバッシングを受け、結果取りやめになった事件から着想を得た作品である(事件の詳細は日本食ブームを参照)。SUSHI POLICE フレッシュアイペディアより)

  • 西条酒

    西条酒から見た日本食ブーム日本食ブーム

    現在国内の日本酒は消費縮小が続いているが、高級清酒に限れば需要は拡大しており、さらに日本食ブームを背景とした海外への輸出によって縮小に歯止めがかかりつつある。日本政府としてはクールジャパン政策あるいは日本再興戦略の中で日本酒の振興に向けて様々な取り組みを行っている。西条酒 フレッシュアイペディアより)

  • たこわさび

    たこわさびから見た日本食ブーム日本食ブーム

    日本のたこわさびと違う点として、生魚の苦手な人々の多い北アメリカ向けに、生のタコではなく茹でたタコを用いたたこわさびも前述のあづまフーズで開発されている。また欧米での食文化を考慮し、カナダのバンクーバーにある日本食レストランではたこわさびの小鉢に海苔を添え、たこわさびを海苔で包むことで、ナチョスのようなスナック感覚で食べられるよう工夫することで好評を博し、この食べ方は他店にも普及して人気となっている。たこわさび フレッシュアイペディアより)

  • うどん

    うどんから見た日本食ブーム日本食ブーム

    欧米などの日本食ブームによって、日本食レストランのみならず、レトルトや冷凍麺がスーパーマーケット等で販売されはじめており家庭料理としても一般的になりつつある。うどん フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒の歴史

    日本酒の歴史から見た日本食ブーム日本食ブーム

    日本食ブームが興り、これに伴って2000年代には吟醸酒ブームの中心は、日本ではなくアメリカ・フランスを中心とした海外に移ったと言われる。ニューヨークやパリなどでは、食前酒として日本産の吟醸酒を飲むのがトレンドとされている向きもある。日本酒の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た日本食ブーム日本食ブーム

    元々は鑑評会向けの特に「吟味して醸した酒」を意味した。1920年代から開発に着手され、1930年代の精米技術の向上、1950年代以降の吟醸酒製造により適した酵母の頒布、1970年代の温度管理技術と麹および酵母の選抜育種技術の進歩に促されて品質が向上するとともに、やがて一般市場に出回るだけの生産量が確保できるようになった。吟醸系の酒が日本国内の市場に流通するようになったのは1980年代以降であり、2000年代以降では日本国外でも日本食ブームに伴って需要が高まっている(参照:「吟醸酒の誕生」)。日本酒 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
8件中 1 - 8件表示

「日本食ブーム」のニューストピックワード