前へ 1 次へ
3件中 1 - 3件表示
  • 醤油かけご飯

    醤油かけご飯から見た日本食ブーム日本食ブーム

    日本食ブームであるアメリカでは飯に醤油をかけることが日本食愛好家の間で定着しており、日本料理店などで、アメリカ人が日本食を目の前にして早速、当然のように飯に醤油をかける光景がよく見られる。当初はヒッピーが「東洋の神秘」の一つとして愛好していたが、後に知識人やOLたちの間にもこの食べ方が広まっている。日本食ブームにおいては日本食が一般に低カロリーと考えられていることから、アメリカでは醤油をかけることは健康に良いと見なされているが、実際には飯にかける醤油の量は日本よりかなり多く、日本での丼物の汁ほどの量の醤油がかけられていることもあり、結果的にあまり健康的な食品とはいえなくなってしまっている。アメリカの米(インディカ米)がサラサラとした食感のために野菜に近いことや、アメリカ人にとって醤油はドレッシングに近い感覚があるため、との説もある。醤油かけご飯 フレッシュアイペディアより)

  • うどん

    うどんから見た日本食ブーム日本食ブーム

    欧米などの日本食ブームによって、日本食レストランのみならず、レトルトや冷凍麺がスーパーマーケット等で販売されはじめており家庭料理としても一般的になりつつある。うどん フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒の歴史

    日本酒の歴史から見た日本食ブーム日本食ブーム

    一方日本の外に眼を向けると海外で日本食ブームが興り、2000年代には、吟醸酒ブームの中心は、日本ではなく、アメリカ・フランスを中心とした国外市場に移ったといわれる。ニューヨークやパリなどでは、食前酒として日本産の吟醸酒を飲むのがトレンディとされている向きもある。背景には、普通酒を造るレベルの設備を持った日本酒醸造所なら、日本国外にも多く存在するという事実がある。そのため必然的に、日本から輸出される対象となるのが、吟醸酒に代表されるような日本の水や技術でしか作れない高級酒となっているわけである。国税庁発表によれば、日本酒の日本国内での消費量は2006年(平成18年)には全盛期の半分近くまで落ち込んでしまっているが、吟醸酒を中心として輸出量は年々倍増している。日本酒の歴史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
3件中 1 - 3件表示

「日本食ブーム」のニューストピックワード