31件中 11 - 20件表示
  • クリスタルバレー構想

    クリスタルバレー構想から見た日東電工日東電工

    2004年(平成16年)1月、シャープ亀山工場が稼動を開始。シャープ工場進出決定後、2002年(平成14年)2月から2004年(平成16年)までに日東電工、凸版印刷など20社を超える液晶関連企業が三重県に進出を決めた。さらに2006年(平成18年)8月にはシャープ亀山第二工場が稼動を開始した。クリスタルバレー構想 フレッシュアイペディアより)

  • 逆浸透膜

    逆浸透膜から見た日東電工日東電工

    業務用は、日本では1970年代に、東レ、東洋紡、日東電工などのメーカーがアメリカから技術導入を行って開発に取り組んだが、海水淡水化の分野では欧米に対して出遅れたため、1980年から財団法人造水促進センターが中心となって、それまで無かった逆浸透膜の一段処理を実用化し、世界の主導権を握るに至った。一方でこの頃から、逆浸透膜の用途がより付加価値の高い浄水処理(水道水の製造)、工業用の純水や超純水の製造、下水の再利用、果汁や乳製品・化学薬品の濃縮などに広がると共に、海水淡水化用の膜は価格競争時代に入っていった。逆浸透膜 フレッシュアイペディアより)

  • ニトムズ

    ニトムズから見た日東電工日東電工

    1975年に、粘着テープの製造販売で大きなシェアを誇る日東電工が個人消費者向けの製品を開拓するプロジェクトチームを会社組織にしたもの。社名はニットーホームプロダクツからの造語である。このため、現在も日東電工が全株を保有する子会社となっている。ニトムズ フレッシュアイペディアより)

  • 関西経営者協会

    関西経営者協会から見た日東電工日東電工

    山本英樹(日東電工特別顧問)関西経営者協会 フレッシュアイペディアより)

  • 細川恒

    細川恒から見た日東電工日東電工

    2000年(平成12年)6月:日東電工株式会社監査役。細川恒 フレッシュアイペディアより)

  • 水谷ペイント

    水谷ペイントから見た日東電工日東電工

    1922年(大正11年)3月に水谷小太郎が同社の前身にあたる水谷ワニス・ペイント工場を設立し、一般塗料の製造を開始した。1941年には戦時統制により日東電工と合併、戦後分離し、菱水塗料株式会社を設立。1949年に、現在の水谷ペイント株式会社と社名を変更した。水谷ペイント フレッシュアイペディアより)

  • キネシオテープ

    キネシオテープから見た日東電工日東電工

    主なメーカーは、ピップフジモト、ニチバン、日東電工(日東メディカル)、アルケアなど。キネシオテープ フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立三次高等学校

    広島県立三次高等学校から見た日東電工日東電工

    竹本正道 - 日東電工取締役会長(CEO)、前取締役社長、広島県立広島皆実高校へ途中で転校広島県立三次高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日東電気工業

    日東電気工業から見た日東電工日東電工

    日東電気工業 フレッシュアイペディアより)

  • 日立マクセルエナジー

    日立マクセルエナジーから見た日東電工日東電工

    1961年(昭和36年) 日東電工の乾電池、磁気テープ事業を分離し、「マクセル電気工業」を設立。日立マクセルエナジー フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示