69件中 41 - 50件表示
  • ミニ番組

    ミニ番組から見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    風になる(日清製粉グループ提供)ミニ番組 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県諏訪清陵高等学校

    長野県諏訪清陵高等学校から見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    有賀英夫 - 50回生 日清製粉顧問長野県諏訪清陵高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎家

    岩崎家から見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    なお、操子の兄・佐竹義利は三菱重工業を経て東洋製作所(三菱重工業とニチレイの合弁会社)社長に就いたが、義利の妻・厚は天文学者・平山信の三女である。平山家は坪井家(学者一族)、正田家(日清製粉グループのオーナー一族)、川上家(元東京電気保全社長家)と姻戚関係にあり、岩崎家 - 佐竹家 - 平山家は坪井家を通じて箕作家(日本最大の学者一族)と、川上家を通じて中曽根家(政治家一族)と、正田家を通じて皇室と繋がっているといえる。また、前述のように岩崎家は入江家及び高木家を通じて現皇族の三笠宮家と姻戚関係にある上、甘露寺家及び保科家を通じて旧皇族の北白川宮家と二重の姻戚関係にあるので、岩崎家と皇室は四重に結ばれているといえる。岩崎家 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木万由香

    鈴木万由香から見た日清製粉グループ日清製粉グループ本社

    日清製粉グループTastes of Love(2007年4月?9月、fm osakaとFM AICHIへもネット)鈴木万由香 フレッシュアイペディアより)

  • 杏林製薬

    杏林製薬から見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    1996年(平成8年)4月1日 日清製粉(現・日清製粉グループ本社)の子会社である日清製薬株式会社に出資し、折半出資の合弁会社として、日清製薬株式会社が日清キョーリン製薬株式会社に商号変更する。杏林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 日本興業銀行

    日本興業銀行から見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    正田修 - 昭和40年入行、日清製粉グループ本社名誉会長相談役日本興業銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアント馬場

    ジャイアント馬場から見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    日清からあげ粉(日清製粉、1993年)ジャイアント馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 日清食品ホールディングス

    日清食品ホールディングスから見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    同じ日清の冠でも、食品メーカーの日清製粉や日清オイリオ、食糧サービス会社の日清医療食品、繊維メーカーの日清紡績とも資本関係はない。日清食品ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 住友家

    住友家から見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    友成は元東宮職御用掛の西園寺八郎(西園寺公望の女婿・公爵毛利元徳の8男)の次女春子と結婚した。夫妻は2女をもうけ、長女邦子は侯爵佐々木行忠の長男行美(東京大学理学部教授)に嫁いでいる。行忠は1942年に皇典講究所長、國學院大學長にあげられ、さらに国史編修院総裁を経て、1946年に東京大神宮宮司、1951年には伊勢神宮大宮司に就任した国史の大家。なお、行忠の祖父高行は枢密顧問官で明宮(大正天皇)の御教養主任だった。次女博子は、昭和電工元社長・安西正夫の次男直之(三井不動産)に嫁いた。直之の兄孝之(元昭和エンジニアリング社長)は元日清製粉(現日清製粉グループ本社)社長正田英三郎の次女恵美子と結婚した。正田の長女が皇后美智子であるので、住友家は安西家・正田家を通じて皇室と姻戚関係にある。直之の妹公子を娶ったのが住友銀行相談役堀田庄三の長男健介(住友銀行)であるから、住友家評議員会の前委員長の堀田庄三は住友家の相談役、総理事格から住友家と閨閥でつながった。なお西園寺八郎の三男・西園寺不二男は鮎川義介の長女を娶り、日産コンツェルン傘下の日産興業社長に就いている。元参議院議員の西園寺公一は八郎の長男であり、春子や不二男の長兄にあたる。住友家 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸市

    水戸市から見た日清製粉グループ日清製粉グループ本社

    長谷川浩嗣 - 日清製粉グループ本社元社長、相談役水戸市 フレッシュアイペディアより)

69件中 41 - 50件表示

「日清製粉グループ本社」のニューストピックワード